まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

iBookstore日本語書籍販売キターーー!!


スポンサーリンク

Apple社のiBookstoreで日本語書籍の販売されてますね。

アプリiBooksのアップデート後、「ワンピース」とか「暗殺教室」等のコミックの他、「悪の教典」等の小説の販売も、私のiPhoneにて確認しております。

 

今まで洋書ばかりがズラリ並んでたので、

日本書籍があるだけで少し不思議な感じがします。

と同時にやっと来たのか、という気持ちです。

(一応Macユーザーでもあります。あまり使ってないんですが…)

 

これって個人出版ユーザーにとって、かなりな朗報だと思います。

正直な話、日本においてはiPhone、iPadユーザーの方が

Kindleユーザーより多いのが現状だと思います。

それだけ読んでくれるかもしれないお客様が増えるってことです。

 

ただ、出版するにはMacは必須です。

これは、仕方ないですね。iPhoneアプリもMacがないと作れないようだし…

そしてiBooks Authorというソフト(無料)も必要なようです。

 

また、サービスを利用するにはiTunes connectへの登録も必要なんですね。英語での申請になるらしいので、機会があれば登録方法を調べておきます。

いつぞやに書いた「SS-4」の記事とかがまた役に立つかも知れません。

 

で、私個人としてはKindleで出版しているものをiBookstoreで

販売できるのかなと思ってFAQを読んでみました。

すると、↓こちらの項目が…

 

iBooks Author で作成されたブックを配布する際に何らかの制限はありますか?

 

ブックが有料で、かつ .ibooks フォーマットで作成されている場合、iBookstore 以外で販売することはできません。ブックが PDF や ePub など別のフォーマットで作成されている場合、この制限は適用されません。

ブックが無料で提供されている場合、.ibooks フォーマットで作成されていても、iBookstore またはその他の方法で配布することができます。

 (引用ここまでです)

 

iBooksフォーマットなんて多分iBookstoreでしか使わないと思うし、

基本KindleはEpub(Mobi)ファイル出版なので、

Kindleで出版したものはiBooksで出版しても問題なし!と思われます。

 

ただし!!一つ問題が…

現在のiBooks Authorのバージョンでは…

縦書きがサポートされていない!!いない!!いない!!

ってことです…

 

私の予想では近々iBooks Authorもバージョンアップされるのではないかとにらんでます。

ええ、根拠は何もないですケド…(←じゃあ言うなよ…)

 

ここだけがまだ残念なとこですね…

また、私の作品はKDPセレクトに登録してるので現在は出版できません。

次の作品はセレクトには登録しない予定なので、

完成するころにはまた状況も違ってて欲しいなあ。

 

 わかり次第、また書きたいと思います。

 

本日見つけた無料キャンペーン中のKindle書籍です…(終了してる場合もございます) 

面白いストーリーの作り方 お悩み回答編

面白いストーリーの作り方 お悩み回答編