まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

電子書籍を書く理由…


スポンサーリンク

こんばんは!まるく堂です!

 

レビューを通して知り合えた方々の

ブログを回ると、実にいろいろな事が

起こってるなあ…と…

 

MMミリオンセラーさんの

ブログなんかだと

こういうことが起きてますね…

 

そうそう、Amazonさんへの質問の回答って

微妙に(というか大幅に)論点がズレててしかも

知りたい回答になってないんですよね…

もしかしてbotなの?って

勘ぐりたくなります…

 

舟崎泉美さんのブログでは

新しい書籍出版のお知らせが…

出版おめでとうございます!!

私もダウンロードだけ先にさせていただきました!

読ませていただきたいと思います!

 

そして長塚万季さんのブログですね…

ナント!こんなことが!!

旦那様がストーカー被害に遭われてたとか…

いやはや…大変でしたね…

個人的には20代くらいの方の被害が大半だと思ってたので、

やはり年齢問わず被害に遭われるのですね…

それでもひとまずの事態回復で

良かったですね…

 

で、ちょっとだけ気になった一言が…

 

電子書籍を作っても、所詮は埋もれるだけ。~

 

と少し弱気なコメントが…(勝手に引用してスミマセン…)

どうかそんなことおっしゃらずに

どんどん出版してくださいいいい!!!

 

まあ、そのあとに

 

~それでも、いい加減、また作り始めますがね。モチベーションの回復しないままに。~

 

と続いてるんですけどね…

言葉尻だけとらえてしまってすみません…

 

ただ、「所詮は埋もれるだけ」という言葉が引っかかったのは、

私自身も感じてるって事でもあるんですよね…

と言うか…

ぶっちゃけ思ってます…!

 

そう、私も同様の事を感じてるのに

じゃあ、何故出版したいと思うのか…?と…

えーと…なぜだっけ?

(↑オイ!)

 

収入面でもホント微々たるものだし…

それでも、 

やっぱり何か表現したかったんでしょうね…

 

そしてKDPがこんな素人の私に与えられた

またとないチャンスだったんだと思います…

 

私の場合はクイズ本オンリーですけど、

ハリウッドクイズを作ろうと思ったのは

小説的な文章書くのが苦手ってこともありますが、

 

私ではとても体験できそうもない生活を送る

華やかなセレブ達でも、

実は結構大変な人生送ってるんですよね…

 

シャーリーズ・セロンとかスゴイですよ…

お父さんがお母さんに射殺されてますからね!

そこから今の地位を築くのにどんな苦労が

あったのかは想像に難くないです…

 

でもその過去って意外と調べようとしないと

わからないし…よっぽどのファンじゃないと

調べたりしませんよね…

 

実は華やかさだけじゃないんだぜ!ってのを

気軽にクイズという形でお知らせできたら

という思いで作ったのが

ハリウッドクイズですね…

 

私の場合はシンプルですが、

楽しんでもらいたい

って気持ちがあるんだと思います…

 

埋もれちゃうのは…まあ仕方ないのかも…

普通の書籍もそうですしね…

ただ、紙だと年々劣化して

茶色くなっちゃいますけど、

KDPはほぼ永遠に劣化しません!

 

しかもKDPセレクトの無料キャンペーンで

不死鳥のごとく復活!(することもある)

なので、紙媒体に比べて有利な部分もあります…

 

ただ、世の中には

売れたいとか楽しませたいとか抜きに

とにかく自分の心の赴くままに

書いたものが高評価を得るときもあるので、

一概には「こうあるべき」なんて事は

言えないのですが、

 

売れる売れないはともかく、

基本的には自分が書いてて

楽しい物を書くのが精神的にも

いいのではないでしょうか?

 

途中から自分でも論点が

グジャグジャになって

フワフワした文章でスミマセン…

 

長塚さまも体調の方がすぐれないようなのですが

お体に気をつけてどんどん出版されたらなあ、と

と思った次第です…

 

 

↓面白アイテムや珍品グッズ

Kindle本を「超」紹介!!

 MARUKUDO SHOP