まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

気付いちゃった…


スポンサーリンク

こんばんは!まるく堂です!

 

39度のとろけそうな日

炎天下の中いかがお過ごしでしょうか?

 

インドア派で色白な私の肌も

今日ばかりは赤くヒリヒリ焼けました…

ちとかゆいです…

 

昨日書いたスピーチはなんか

空回りして大爆死でした…アハハ…

こんなことなら社交辞令程度で良かったです…

結構気に病むタイプなので

後で思い出して足をパタパタしてしまいそう…

 

まあ、こんな日もあるさと、

私の頭の中はKindleでいっぱいなのさ!と

Kindleだけが友達さ!

と、自分を慰めてます…

(↑それを現実逃避という…)

 

さて、話は変わり…

 

ふと考えたのは、

無料キャンペーンやった作家さんは

体験あると思いますが、

キャンペーンやった後って、

割と自分の他の書籍も

普段より売れる現象がありますよね…

 

それって何故なんだぜ?

という疑問がわいてきました…

 

例えば、購入した人が知らないところで

ブログで紹介したりするのでしょうか?

で、それを見た人が購入するとか…

 

または、

無料キャンペーンで購入した人が

その書籍を友達とか知り合いに勧めてるんでしょうか?

「オレ無料で購入したから、お前はお金出して購入してみ?」

みたいな…

(↑性格悪くないか…?)

 

でもしょっちゅうそんな人がいるとも思えません…

 

それでふと、前回キャンペーンをやった

アレ?このゲーム何だっけ?なつかしゲームクイズ50MSX編

アレ?このゲーム何だっけ?なつかしゲームクイズ50MSX編

を見てたら、あることに気付きました。

 

「この商品を買った人はこんな商品も買っています」

で紹介されてる商品がものすごく多くなってるんです…

それまで10冊も売れてなかったMSX編なので

そこは皆無といって良いくらいだったのですが、

キャンペーン後はかなりの数になってます。

 

これは逆もまたアリで、

紹介された商品を見ると

MSX編が掲載されてるんだと思うんです…

だからMSX編を目にする確率が高くなってるのかな…と…

 

こういったリンクが作られる点も

無料キャンペーンの利点なのかなあ…

と、上記全て推測で述べさせて頂きました…

たぶん気付いてなかったの…

私だけなのかも…?

 

それとプチニュース…

売り上げレポート欄についてですが、

 

2013年6月より前にインドのお客様向けに販売された書籍の売上は、Amazon.comのレポートに計上されます。2013年6月 以降は、Amazon.inのレポートに記載されます。

 

だそうです…いままでインドは

Amazon.com(インドを含む)

っ形で表示されてましたが、

独立するみたいですね…

f:id:marukudo:20130613194328j:plain

うん、確かになってますね…

 

まあ、だからなんだ…?ってニュースですね…

でもキャンペーンやってたとき、

海外でも計6冊ほど購入されてたんですよね…

まあ、それもだからなんだ…?って話ですけど…

 

ラオウ追悼」追加…

MARUKUDO SHOP