まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

どんな水だったなら800円で納得できただろうか…?


スポンサーリンク

こんばんは!まるく堂です!

 

今、川越達也さんがアツイです!

 

いろいろと物議を醸し出してるようですね…

食べログ批判をするために、

お客さんの年収とか言い出したので

騒動にまでなっちゃったみたいですね…

有名人の方は、一般人よりもなおさら言葉に

気をつける必要がありますよね…

 

私はお金を払えば、

どんな感想言ったっていいじゃん!

って思う立場です…

門戸が不特定多数に開かれてる限りは…

 

映画でも、小説でも、

食べ物でも、

購入した以上なんらかの感想はあるわけで…

 

もしも特定の人にしか感想を持たれたくないなら、

「年収400万以下お断り」とか

書けばいいんです…

 

それにPC、ネット、スマホの普及もあって

今や総レポーター、総カメラマン、

総作家、総アーティストの時代です…

 

人の口に戸は立てられないというか、

昔と違い、感想も気軽に書けるように

なりました…

 

それが良いか悪いかは別として

注意するべきはむしろ

その情報を活用する受け手の側に

あると思うんです…

どんな方でもレビューを書けるってことは、

やはりその情報は玉石混交なわけです…

 

ちょっと前にiPhoneを電子レンジに入れると

充電できるとか、水に入れると音質が良くなるとか

デマがありましたが、結構たくみなウソなので

信じた方もいたのではないかな?と思います…

 

また、例えば納豆のレビューがあったとして、

日本人はめちゃめちゃ美味しいと思ってるのに

外国の方が、

「ネバネバ気持ち悪い、臭い!これ食べ物じゃねーよ!」

なんて書き込まれ、それが拡散でもしたら

日本人としては良い気分ではないわけです…

 

レビュアーにも差があるよと言う意図で

川越さんがおっしゃったなら

私も同意見ですけど…

さすがに年収とか言い出すと…ね…

 

私自身はやはり水で800円は高いなあ~

って感じますけど…

 

じゃあ、どんな水だったら800円でも

納得できるのでしょうか?

 

例えば…

南極の氷を採取するために

選りすぐりの精鋭5,6人がチームを組んで日本を出発。

旅は順調に見えたが、ある隊員が崖から崩れ落ち

食料と共に消えていった。

隊員達は食べ物を探すが、どこにもない。

目的地もまだ遠い…テントを張るも空腹で眠れない…

翌朝、テントはシロクマによって破壊、

隊員も一人死亡していた…

空腹の限界…恐怖から始まる隊員同士の殴り合い…

隊長の決断、それはシロクマと戦うこと…

決死の覚悟で戦う隊員達…

一人、また一人と死んでようやくシロクマを倒す…

食料を確保できた代償はあまりに大きかった…

残るは隊長と副隊長…ようやく目的の場所で氷を採取…

帰りの足取りは軽く、もう少しで帰れる矢先、

シロクマの母親が現れ、仇とばかり怒り狂う!

「隊長~!」と彼をかばい倒れる副隊長!

「行って下さい!氷を!氷を日本へ!」

泣く泣くその場を離れる隊長…

ようやく辿り付いた飛行機…

生き残ったのは自分一人…

日本に渡った氷は川越達也さんの手に渡り…

ほどよい温度で溶かされて、

そしてお客様に差し出される

「800円です!!」

 

……

……

これなら800円も納得ではないでしょうか?

(↑そんないわく付きの飲みたくない…)

 

↓面白アイテムや珍品グッズ

Kindle本を「超」紹介!!

 MARUKUDO SHOP