まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

その2. 手嶌葵NEWアルバム「Ren'dez-vous」を聴いてみた…


スポンサーリンク

目次(文字数:2565字前後)

「Ren'dez-vous」を聴いてみたよ!!

こんばんは!まるく堂です!

 

前回の記事に引き続き、

いよいよ

初見寧さんがジャケットを手掛けた

手嶌葵さんのNEWアルバム「Ren'dez-vous」を

聴いてみます…

 

と、その前に…

こんなサイトを見つけました…

手嶌葵7/23発売のAL『Ren’dez-vous』は映画の世界に入り込んだような作品 | スペシャル | EMTG MUSIC

 

↑こちらのサイトのビデオコメントにて

手嶌葵さんが直接、

初見寧さんのお名前を挙げてますね…

 

こちらとしてもすごく嬉しいです!!

って私、全然関係ないんですけどね…

 

今なら…

有名になった途端に

すり寄っていく親戚の気持ちが

わかるぞJOJOおおおおおお!!!

(↑親戚側かよ…)

 

今回のアルバムでは

「初めての手嶌葵」がテーマと言うことで…

彼女自身、初めて尽くしのチャレンジが

ふんだんに盛り込まれているそうです…

 

曲全体のイメージとしては

「本編のないサウンドトラック」ということで

たしかに、フランスとかヨーロッパ系の

さまざまな映画のワンシーンを思い浮かべます…

 

iTunesでも販売されていたので

サンプル曲も置いてみました… 

いつもはじめて~Every Time Is The First Time!~

いつもはじめて~Every Time Is The First Time!~

いつもはじめて~Every Time Is The First Time!~

  • 手嶌葵
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

タイトル通りの一曲目の曲です…

イントロもどこか懐かしく

おしゃれなレトロと言いますか

そんな雰囲気を感じます…

歌詞は「はじめて」をテーマにしつつ

ファンタジー性も感じて広がりがありますね…

手嶌さんのささやくような歌声も

非常にマッチしてます…

 

ショコラ

ショコラ

ショコラ

  • 手嶌葵
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

恋というものを

チョコレートの甘さ、苦さを

織り交ぜて表現してる歌詞がいいですね…

アコーディオンの旋律に合わせ、

手嶌さんの歌声がさらに哀愁を誘います…

 

ちょっとしたもの

ちょっとしたもの

ちょっとしたもの

  • 手嶌葵
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

こちらは作曲が大貫妙子さん

歌詞も手嶌葵さんが初めて手掛けたそうです…

タイトルにも歌詞にも

彼女独特の感性を感じます… 

もっと作詞すればいいのに…って思いました…

 

Voyage a Paris~風に吹かれて~

Voyage a Paris~風に吹かれて~

Voyage a Paris~風に吹かれて~

  • 手嶌葵
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

曲を曲で例えるのは大変失礼なことなのですが

昔、「風のオルガン」という曲があって 

めっちゃ好きだったのですが、

その雰囲気にまた出会えたような嬉しい曲です…

また、このアルバムの作詞は

いしわたり淳治さんという方のものが多いですが

いい詞を書きますね…

 

1000の国を旅した少年

1000の国を旅した少年

1000の国を旅した少年

  • 手嶌葵
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

「1000の国を旅した少年」という

キャラクターを通した

ストーリー仕立ての歌詞です…

テーマは「愛」…なのかな…? 

1000の国を旅し様々な経験をしたという「強さ」と

愛を知らずに泣く少年の「弱さ」との対比が

いいですね…

 

NOMAD

NOMAD

NOMAD

  • 手嶌葵
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

意味は「遊牧者、放浪者」だそうです…

曲のイメージは「スペイン」だと思います… たぶん…

私の勝手な考えですが

手嶌さんは東京に来る際は

ずっとホテル暮らしになっちゃうそうで…

流れ流れて唄を届ける…

そんな自分を例えたような曲に感じました…

って歌詞が違う方ですね…忘れて下さい…

 

丘の上のブルース

丘の上のブルース

丘の上のブルース

  • 手嶌葵
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

丘の上から見下ろす夜の

街の怪しげな雰囲気 

それを眺めながら

失った愛を思う女性のブルースです…

 

Baritone

Baritone

Baritone

  • 手嶌葵
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

バリトンとは

テノールとバスの中間の歌声だそうです…

こちらも手嶌さんの作詞です…

歌詞自体は短いものの

独特の雰囲気を残す曲です…

 

明日への手紙

明日への手紙

明日への手紙

  • 手嶌葵
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

アルバムの曲の中で

一番メッセージ性の強い曲に感じました… 

もがきながらも明日へと進む意思というか

切なげなメロディーの中にも

前向きさがある曲です…

 

Home My Home

Home My Home

Home My Home

  • 手嶌葵
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

故郷がテーマの曲です…

ふるさとから遠く離れて暮らす人ほど

共感できるのではないでしょうか?

個人的にすごく「日だまり」を

感じる温かい曲です… 

 

あなたのぬくもりをおぼえてる

あなたのぬくもりをおぼえてる

あなたのぬくもりをおぼえてる

  • 手嶌葵
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

アルバムラストの曲です…

失恋の曲なのかも知れませんが

受け取り方によっては

恋人への感謝の曲にも感じられます…

「ぬくもり」っていい響きであり

いい言葉ですよね…

 

以上、簡単ではありますが

紹介させていただきました…

手嶌さんの曲は俗に言う

J-POPではないように感じます…

ホント…独特です…

 

正直な話、現在の流行曲を

期待する方々には

物足りなく感じるかも知れませんが

私はかなり気に入りました…

 

曲の一つ一つにこだわりを持って

作成しているのが伝わります…

個人的には一曲目の

「いつもはじめて」が好きですね…

 

皆さんもぜひぜひ聴いて見て下さい!

 

以上です…  

Ren'dez-vous

Ren'dez-vous