まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

印刷書籍の売り上げは減少中…?


スポンサーリンク

こんにちは!まるく堂です!

 

こんな記事を見つけました…

Why Print Books Declined in 2013

(なぜ2013年の印刷書籍の売り上げが下降したか…)

 

海外では、電子書籍がもはや

10億ドル規模のビジネスになる一方で

印刷書籍の売り上げはわずかですが

下降しているようです…

 

上記サイトに表があったのですが

f:id:marukudo:20140807054559p:plain

おおまかに

フィクション

ティーン

社会

科学

宗教

の項目に分かれていて

フィクションと社会以外は

印刷書籍は売上が下がっているようです…

 

たぶん、他のジャンルでも

同じだと思います…

 

印刷書籍が全くなくなることは

たぶんないと思います…

新聞と同じで紙書籍じゃないと

落ち着かない方もたくさんいるはずなので…

 

それでも徐々に減少しているのは

確実ではないでしょうか…

 

面白いのは2011年から2012年にかけては

印刷書籍の売上が55%増と

劇的にアップしてたようです…

 

が…2013年に入るとがた落ち…

その背景には既存書籍のデジタル化や

パブリックドメイン化があるのではないか?

と記事では語っています…

 

確かに…

日本だけで考えても

この1,2年で電子書籍サービスを始める

企業が格段に増えましたし

アメリカだとなおさらです…

 

それに

コストや製作期間を考えると

電子書籍に移行するのは自然な流れだと思います…

読者視点で考えても

その分安くなりますしね…

 

シャーロックホームズなども

パブリックドメインになってますし

よほどこだわりがなければ

本屋で400円も出さなくても

オンラインで無料で読めちゃいます…

 

今後も電子書籍の売り上げは

上がっていくと思いますが…

 

ただ…

個人的には電子書籍には

妙な無機質さを感じてもいます…

 

私自身、その電子書籍の恩恵に預かっているので

あまり強く言えませんが、

紙書籍の持つ独特の温かさも

また失いたくないなあ…とも思うのです…

 

共存が上手くできれば

それにこしたことはないんですけどね…

 

お金持ちになるための電子書籍10冊

お金持ちになるための電子書籍10冊

 

 

↓面白アイテムや珍品グッズ

Kindle本を「超」紹介!!

 MARUKUDO SHOP 

f:id:marukudo:20140413234447j:plain