まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

コンピュータが自動的に小説を書く時代…?


スポンサーリンク

こんにちは!まるく堂です!

 

こんな記事を見つけました…


The Future of Computer Generated Novel Writing Begins Here

(自動執筆するコンピュータの未来はここから始まる…)

 

記事によりますと、海外では

National Novel Writing Month(国際執筆月間)

という

個人が電子書籍を一斉に投稿する

大会があるそうです…

 

その大会の優勝者には、作品の出版など

これからの作家としてのキャリアに有効な

景品がでるみたいです…

 

もちろん、そこにはこの短期間でも

企画力や完成度なども試されてるんだと思いますけど…

 

で、その大会の別部門として

NaNoGenMo(National Novel Generation Month)と呼ばれる

コンピュータに自動執筆をさせる大会

というのもあるそうです…

 

内容は50000ページ分を(注:50000語かも知れません…)

コンピューターによる自動処理で

執筆させていくというもの…

その際のコード(プログラム?)を投稿して

優秀さを競うようです…

 

それにも何部門かあるようで

TwideとTwejudiceというプロジェクトは

小説「高慢と偏見」(Pride and Prejudice)をベースに

ツイッター上で似たような構成の

言語を検索して単語を積み上げて

小説を自動で完成させていくようです…

 

コンピュータの自動処理による執筆ですか…

 

なんか…

ウカウカしてるとライバルは

人間じゃなくてPCだった!

みたいな状況になるかも…?

 

数年後、数十年後には

人間じゃなくてコンピュータが

ベストセラーで幅を利かせているのかも

しれません…

 

以上です…

 

ぶっちゃけすぎのライトノベル執筆講座 本当に書く人に伝えたい二〇の秘訣

ぶっちゃけすぎのライトノベル執筆講座 本当に書く人に伝えたい二〇の秘訣

 

↓面白アイテムや珍品グッズ

Kindle本を「超」紹介!!

 MARUKUDO SHOP 

f:id:marukudo:20140413234447j:plain