まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

嫌な仕事も発想の転換で楽しくなるかも…?


スポンサーリンク

発想次第ではイヤな事でも楽しい? 

 

こんばんは!まるく堂です!

こんな記事を見つけました…

r25.yahoo.co.jp

さすがはアメリカさんですね…

なかなか面白いアイデアで

「除雪」の解決を試みているようです…

 

記事を引用いたしますと…

市民生活を支える重要な公共施設の除雪を促進する試みも全米に広がっている。それが、2012年1月、公共に役立つプログラムを作成して社会に貢献しているCode for Americaという組織が、ボストン市と共同で開発したアプリ「Adopt-A-Hydrant」。GPS情報を頼りに、雪の中から消火栓を掘り出すゲームアプリだ。

(中略)

「自分が雪から掘り出した消火栓には名前を付けられる」「再び雪に埋まったまま放置されている消火栓のオーナーシップは、掘り出すことで奪うことができる」というゲーム形式のアプリAdopt-A-Hydrantを開発したのだ。これによって、実際に消火栓掘りに熱中する市民が続出した。消火栓の場所を地図上に表示するだけでなく、人々をその気にさせるために付加したゲーム性が功を奏したのだ。

だそうです… 

 

消火栓は背も低いので

冬は簡単に雪に埋まりやすいです…

それだと、いざ火事の時には役に立ちません…

かといって市の方でも財源の確保が難しいと…

 

そこで

ゲーム要素を取り入れて

市民にやらせちゃえばいいじゃん!!!

ということで大成功を収めたようです…

 

これ…モノ凄い発想の転換ですね…

 

消火栓まで雪を掘るなんて、なかなか面倒くさいことですよ…

それをゲームで言うところの「得点」とか「実績」などの

付加価値を付けることで

市民の方が、われ先にと消火栓を掘り始める…と…

 

しかも本人たちは楽しんでる!!

これは素晴らしいアイデアですね…

 

これって除雪だけじゃなくて

いろんなことに応用できそうですけどね…

 

だんだん少なくなっている と言われる介護職…

これもゲーム要素を取り入れることで…

 

妄想ショートショート「ホームでカード、ゲットだぜ!!」

 

職員A「やった~!!!太郎さんゲット~!!」

 

職員B「先輩、どうしたんですか?スマホなんかいじっちゃって…?

仕事中ですよ~!」

 

職員A「あ、そっか、B君はまだウチに来たばっかりだから知らないよね…

ウチでは仕事中でもこのゲームアプリだけは使って良いんだ…

それで、ついさっき、なかなか頑固でお風呂に入りたがらない

あの太郎さんを説得して、とうとうお風呂に入れたんだよ!!

そしたらさ…

見て!!この黄金太郎さんカードゲットしちゃった!!!

大変だったよ~!あの人、お風呂ホント嫌がるし…」

 

職員B「え…コレってあの…3号室の太郎さんですか…?

なんか金色の袴着て…

やたらゴージャスなんですけど…」

 

職員A「でしょ!でしょ!!

ランクAの超レアモノだよおおおおお!!!

持ってる人、なかなかいなんじゃないかな?」

 

職員B「実際の太郎さん…ほとんどパジャマしか着てませんけど…」

 

職員A「ま…まあね…

でね!でね!

このメガゴールデン黄金太郎さんなんだけど…」

 

職員B「え?…え?

メガ…ゴールデン?そんな名前なんですか…?」

 

職員A「そうそう!!カッコイイでしょ?」

 

職員B「ゴールデンと黄金が意味かぶっちゃってますけ…」

 

職員A「それでね!!それでね!!!

このカード、必殺技がスゴくてさ!!!

おかゆアタック!!!」

 

職員B「ひ…必殺技…?な…何かと闘うんですか?」

 

職員A「うん、他の職員達もこのゲームハマっててさ…

お互いの持ってるカードで闘うんだ!!」

 

職員B「へえ…そうなんですか…」

 

職員A「でもオレあんまりレアカード無くてさ、やっと手に入れたのがコレ!!

この間まで、ランクCのウメさんカード使ってたんだけどさ

アレ超弱えーの!!クソ!!カスだよ

ウメはカス!!」

 

職員B

「先輩いいいいい!!!

ウメさんがそこで泣いてるんですけどおおおおおおおお!!!!」

 

職員C「甘いわね…Aさん…!!私のカードをご覧なさい!!」

 

職員A「ハっ!キミは我が永遠のライバル、C君!!

え…?その持ってるカードは…何だ…!?

なん…だと…!!!

それは…

超S級レア…大五郎さんカード!!!

な…

なぜだあああああああ…?

大五郎さんは寝たきりのハズ…」

 

職員C「フフフ…このカードを手に入れるために…

AED装置を使って

無理矢理蘇生したのよおおおおおおお!!!」

 

職員A「なにぃ…そこまでしていたとは…

おい!Bいいい!!!!AED持ってこいやああ!!!!

ウメバージョンアップすっぞおおおおお!!!!!!」

 

職員B

「やめてくださいいいい!!

やめてください先輩いいいいいい!!!

逃げてえええ!!!

ウメさん逃げてえええええええええ!!!!!」

 

 

まとめ…おじいちゃん、おばあちゃんを大切にしよう…

 

いかがでしたでしょうか…?

 

ひょっとしたらこうすることで

社員のやる気も出るかも知れませんが…

 

自分で書いてて…

このホームだけはイヤだと思いました…

(↑じゃあ書くなよ…)

 

以上です…

 

本日見つけた無料キャンペーン中のKindle書籍です…(終了してる場合もございます) 

僕は雇われずに生きていこうと思った: ネットで1億円稼いで自由になった元皿洗いの軌跡

僕は雇われずに生きていこうと思った: ネットで1億円稼いで自由になった元皿洗いの軌跡