読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

電子書籍ストアへの無料代行サービスが始まる…


スポンサーリンク

こんばんは!まるく堂です!

 

いや~、本日このブログに

来て下さった方は運がいいですよ!!

なんてったって

今回はホント久々の

電子書籍関連ニュースですからね!!

(↑いつもやれよ…)

 

こんな記事を見つけました…


売り上げは作者に100%還元、Kindleなど大手ストアへの配信も無料代行――電子書籍化支援「メディバン パブリッシング」 - ITmedia ニュース

 

記事に寄りますと

MediBangという企業が

Kindleストアを始めとする

楽天koboなど4つのストアに対し

自主製作した電子書籍

同時配信してくれるサービス

「メディバン パブリッシング」

を開始したそうです…

 

↓サイトリンクです…

メディバンパブリッシング - メディバン マンガやノベルをネットで本に!

 

このサービスで

最も特徴的と言えるのが

販売手数料を無料!!

売り上げは100%作者に還元!!

ってとこですね…

スゴくないですか?

 

こういったサービスって

必ずと言っていいほど

結構なパーセンテージで

マージンを取るじゃないですか…

 

そもそも企業である以上

利益を追求するのは当たり前で

手数料なんかは仕方の無い

必要経費とも考えられます…

 

それが利益100%

作者さんのものってのが

太っ腹というか何というか…

不思議な感じもします…

だって企業としては

利益ゼロじゃないですか…?

 

MediBangさんでは

何で手数料取らないの?

という疑問に対し

上記リンクで答えてますね…

 

どうして販売手数料をとらないの?

メディバンは、マンガ家さんや、イラストレーターさん、絵本作家さん、小説家さんなどのクリエイターのみなさんの活動を電子書籍を通じて応援するサイトを目指しています。
そこで、出来る限り売上をクリエイターのみなさんに還元したいと考えています。

販売手数料をとらないのは、そんな理由からです。

 

なるほど…

純粋に電子書籍作家さんを応援したい!

という思いからなんでしょうね…たぶん…

 

とは言え…

先ほども言いましたように…

企業は利益を優先するもの…

どこかで収益を出さないと

企業自体の存続ができないですよね…

 

会社紹介をみるに

MediBangさんは

昨年の1月に誕生した

できたてホヤホヤの企業のようです…

 

そして昨年には「クラウドアルパカ」という

無料のマンガ作成ツールをリリースしており

150万ダウンロードされてるようです…

利益はこれの広告収入とかなのかなあ…

 

それともやはり

現在は立ち上げたばかりの企業と言うことで

サービス期間なのかなあ…?

後々に有料の会員サービスなんかを

増やしていく感じ…なんですかね…

 

って全然

私が気にすることでもないのですけどね…

ただ、ちょっと不思議だなあ…と思って…

世の中にはまだまだ私なんかの考えでは

遠く及ばない儲かり方が存在してるのでしょうね…

 

と、変に勘ぐってしまうくらい

サービスとしてはかなり魅力的で

これからも個人作家さんが生まれることは

間違いないと思います…

 

できることなら

ぜひぜひサービスを続けてもらいたいですね…

 

以上です… 

 

↓面白アイテムや珍品グッズ

Kindle本を「超」紹介!!

 MARUKUDO SHOP 

f:id:marukudo:20140413234447j:plain