まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

子供の描いた絵をタトゥーにした男…


スポンサーリンク

こんばんは!まるく堂です!

 

こんな記事を見つけました…


This Dad Has Been Getting His Son's Drawings Tattooed On His Arms For 7 Years

(この父親は息子が描いた絵を7年間タトゥーにしている…)

 

Keith Andersonさんと言う方は

カナダのオンタリオ州

タトゥーショップを開いてるそうです…

 

なので当然のごとく

彼自身もタトゥーを入れているのですが…

ちょっと他の人とは違ってます…

 

彼はナント!

自分の子供が描いた絵のタトゥーを

自分の腕に彫ってるんです…

 

これは彼の息子、Kai君が

4歳のころから続けているそうで

現在、彼は11歳なので

7年間も続けてることになりますね…

 

リンク先の記事に

写真が掲載されてます…

気になる方はご覧下さい…

 

Andersonさんは…

「タトゥーをしてない人達からは

カワイイと思われたりするよ…

中にはボクが子供にマジックで書かせてると

思ってる人もいたりして

実はタトゥーなんだって教えると

面白いくらい驚く人もいるね…

タトゥー仲間の間では評判はいいね!」

と言っています…

 

現在では彼は息子のKai君を

ショップに呼んで

お手伝いをさせることも

あるようです…

 

まあ、

これは確実に

賛否両論あるでしょうけど…

 

子供的には

お父さんが自分の描いた絵を

タトゥーしてくれたら

嬉しいのかなあ…?

嬉しいんだろうなあ…

 

でも… 

息子さんもそろそろ

思春期に入るみたいなので…

「親父いいいいいい!

だっせータトゥー

入れてんじゃねーよおおおお!!」

なんて急に

手のひら返しされないか

ちょっと心配だったりします…

 

ただ

個人作家さん目線として

小説とかのキャラクター設定には

すごく使えそうな気がしませんか?

 

例えばなんですけど…

どっかの年配のベテラン兵隊さんが

誰がどう見てもヘンテコな

タトゥーをしているんですよ…

 

最初はバカにされたりしてたんですけど

物語後半くらいから

それは彼の亡くなった息子が

生前に描いた自分の絵で

それをタトゥーにしていた事が明らかになる…

みたいな…

 

ありきたりですかね…

 

以上です… 

TATTOO DESIGN BOOK ~世界の神々編~ (富士美ムック―Tattoo tribal special number)

TATTOO DESIGN BOOK ~世界の神々編~ (富士美ムック―Tattoo tribal special number)

 

 

↓面白アイテムや珍品グッズ

Kindle本を「超」紹介!!

 MARUKUDO SHOP 

f:id:marukudo:20140413234447j:plain