読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

Kindle無料本の公開&紹介…2015年6月編 月狂四郎「タチの悪い短編集」他


スポンサーリンク

 こんばんは!まるく堂です!

 

すっかり紹介するのを忘れてた無料キャンペーン本… 

今月に入って初めての

Kindle無料本公開&紹介コーナーです…

ってもう6月も下旬なんですけどね…

 

例によっていつまで

キャンペーンをしているかは

こちらではほとんどわかりませんので

少しでも気になりましたらポチることを

オススメいたします… 

 

Kindle本無料キャンペーン6月編…

月狂四郎さんの新作短編集!!

タチの悪い短編集

タチの悪い短編集

 

 

内容紹介

 KDP界の問題児、月狂四郎がタチの悪さをこじらせた短編集。厭モノ有り、イタズラ有り、パク……じゃなくてパロディーモノ有りとやりたい放題!
同業者の低評価なんか気にすんな!?

(短編の内容紹介)

1 筆禍
2 迷惑な一文
3 時経てど羅生門
4 紅い糸
5 それがどこか歪だとしても、わたしは今を生きる


1 筆禍

 成人小説を書いている事がバレた新入社員は、筆を使って報復を決意する。そして、思わぬ死の連鎖の引き金となった執筆活動の末路は?

2 迷惑な一文

 高校時代の友人から届いた一通のメール。それは家庭教師となった友人の秘密を告白するものであった。男性陣から「最後のアレさえなければ」という苦情が殺到したいわくつきの小説。

3 時経てど羅生門

 時代は遥か未来。そこではかつてのコロシアムが再現され、サイボーグ同士を闘わせるという残酷な娯楽が一般化していた。心を持ちながらも人として扱われないサイボーグ達は、最強の戦士である斬刃凶を革命軍の一員に加えようとしていた。

4 紅い糸

 たとえばあなたが誰かに告白したとして、その後ろであなたに告白しようとしている人が何人もいたら……?

5 それがどこか歪だとしても、わたしは今を生きる

 エ○とア○が人○練成に失敗したのはこのせいだ!?
 死人を蘇らせる禁忌に触れた博士を見つめる、その瞳の奥には……。


著者既刊

入間失格
入間失格第弐篇 雨とカーネーション
プロミス・リング
紅い雨、晴れてのち虹
ドス黒純文学の書き方
青春を捧げた部活を小説にする方法

ワールド・ウォー・わなび
KY
ブラックな短編集
鉄姫
わなび隊長が新米KDP戦士に送る、電子書籍戦争を生き残るための基礎知識
鬼娘の千倍返し ガンズ・オブ・パクリオット
わなび隊長の助言
奇書 狂狂まわる

著者ブログ
http://artofdestruction.blog.fc2.com/

月狂四郎さんの新作です!

 

KDP個人作家さんの中でも

最近はほぼ月イチで出版されてて

モノスゴいバイタリティです…

 

今回で2回目の短編集になりますね…

本日から5日間の無料キャンペーンになるようです…

 

少年はその妖刀に何を見る…? 

妖刀に映すは黒き者(上)

妖刀に映すは黒き者(上)

 

 

妖刀に映すは黒き者(下)

妖刀に映すは黒き者(下)

 

内容紹介
あらすじ

 黒いシミが一点、真っ白い中心に。その黒はやがて、白すべてを染め上げる……
 荒谷真汰は、昼間授業は寝てばかりで教師から反感を買い、部活もしていない、友達もいない中学二年生。そんな彼の夜の姿は、この世を去った後も憎悪や嫉妬、悔恨に怨恨といった黒い感情に落ち、生きている者にまで害を成す黒き者を妖刀〈曼陀羅〉と〈伊迦魅〉で斬る、妖刀使いだった。
 妖刀は、かつて黒き者だった中で、強力な力を持つ者が封印された特別な刀だ。黒き者を斬るのは、黒き者。持ち手は、徐々にそれに染まる――まさにもろ刃の剣だった。
 ある日、真汰の学校で女子生徒の飛び降り自殺が起きる。いじめを苦に自殺したのだろうと囁かれていたが、真汰は彼女が自殺する数時間前に『死んでやる!』とある教師に叫んでいたのを聞いていた。
 その後、クラスメイトである小宮りこが、一年生の時にクラスメイトの大半から無視をされていたところを、自殺した女子生徒に助けてもらったのだと真汰に告げる。助けたその女子生徒は、りこの代わりにいじめの対象になってしまったのだ。『わたしのせい』と自責の念に駆られているりこに、真汰は自分を重ねた。
 亡くなった母が泣いていたのは、自分のせいだと思っている自分に……
 その間に、自殺した女子生徒は、いじめへ復讐心からか黒き者になりつつあった。窓ガラスが突如割れ、ひとりの男性教師も負傷する。彼が、『死んでやる!』と叫ばれた人物だった。りこは、女子生徒がその教師に特別な感情を抱いていたようだとも真汰に教えてくれた。
 放っておけなくなった真汰は、叔父であり、妖刀使いの先輩でもある文彦に相談するが、身近な人物への任務は禁じられていると反対される。しかし、やはり放っておくことができなかった。
 自殺事件をキッカケに、母と繋がりがあったらしい記者も現れ、自身の黒き感情に落ちていくばかりの真汰も、彼の周りも徐々に変化が訪れる。

内容紹介で興味をひかれたので

紹介してみました…

妖刀とか黒き者とか

世界観が少しダークな感じ雰囲気があります…

上下巻が無料なのも太っ腹ですね!!

 

これからのネット社会を生きるために…

インターネットと法律-パソコンが苦手な人に読んで欲しい、「日本の情報社会」と「情報倫理」

インターネットと法律-パソコンが苦手な人に読んで欲しい、「日本の情報社会」と「情報倫理」

 

内容紹介
インターネットと法律の関係。一見噛み合わないように思われる概念は、私たちの知らない場所で、この社会の足元を築いている。法律が、人間の秩序を制定してから数世紀が経過し、まだ安定的なルール作りは試行錯誤である。そのような状況の中で、急遽人間社会の根底を支える技術「インターネット」が発達し、様々な分野に進出した。インターネットは社会基盤に利用され、ウイルスの脅威と闘いながら、我々は情報社会の道を歩んでいる。
つまり、法律・インターネットは、まだまだ不安定な概念でありながら、今日の日本人にとってなくてはならない存在になっているのだ。この二つの概念を組み合わせた「情報法」を本書籍で学ぶことによって、情報社会の仕組みである「情報倫理」を理解できるだろう。若者もそしてパソコンに疎いお年寄りも、法制度の整備が不十分な情報問題を自分で乗り越えて欲しい。
新しい技術を開発するための予備知識として「情報法」の知識や「情報倫理」を考える力は、未知の技術が生み出した予期せぬ現象を体系的に理解し説明する能力に繋がる。我々はインターネットという未知の技術をぎりぎり扱えているだけだ。使える一部の人間だけが、なんとかしてくれる時代は終わりつつある。かつて限られた人間だけが車を運転していた時代は、たった半世紀で誰もが乗りこなせなければならい時代となった。情報社会に対する見識も後数年、否、もうすでに身に付けなければならない時代になっているのだ。本書を手に、ぜひこの情報社会を生き抜く知恵を伝える人間になってもらいたい。

今や誰でも使ってる感じのネットですが

何か事件やトラブルが起きると

かなりやっかいになりますもんね…

 

この書籍では「情報法」を学ぶことができるようです…

いざと言うときのために知識は蓄えておきたいものです…

 

完全という名の不完全…

完全無欠には不完全が欠けている

完全無欠には不完全が欠けている

 

内容紹介
完全無欠には不完全が欠けている

(本作品収録№45『欠』)

「ことあや」シリーズ第14集『完全無欠には不完全が欠けている』です。

「ことあや」シリーズは「言葉の綾」をテーマに
日常の気付き、問い掛け、つぶやき等をまとめた短文集です。

作品ナンバー、『題名』
本文の3つの要素で1つの作品とし、
『完全無欠には不完全が欠けている』では
100作品の短文を収録しています。

第14集ですが、小説の様な直接的な連続性はないので、
どこからでも読めるようになっています。
この作品を読んで気になった方は他の作品も読んでいただけたら幸いです。

表紙イラスト miho(ぱんだらけ)

※レビューをいただいた方には作者ブログにてコメントを返信しています。
よろしかったらご覧になってください。
(作者ブログURL http://ameblo.jp/kanatohibihara/)
(twitter https://twitter.com/kanatohibihara)

確かに「完全無欠」とは

「不完全が無い」とも言えますね…

その時点で「不完全」になっちゃうと言う…

なんだかよく分からない禅問答のようです…

「完全」とはひょっとしたら

理想でしかないのかも知れません…

 

こうした「言葉のあや」って面白いですね…

 

 マインスイーパーの攻略本!?

www.amazon.co.jp

↑事情によりリンクしか貼れませんでした…

 

内容紹介
 マインスイーパーはWindowsに標準でついてくるゲームで、一度は見たことのある人は多いのではないでしょうか。マインスイーパーはWindows3.1にはすでに付属していました。
 これだけ歴史があり知名度もあるマインスイーパーですが、その攻略法に関する情報があまりありません。
インターネットのサーチエンジンで検索してみたら、クリアできて嬉しい という記事がほとんどです。楽しみ方を説明したものはありません。
 この本では、知名度抜群のマインスイーパーの簡単な攻略法、クリアするための考え方を説明しています。これだけの知識で十分マインスイーパーを楽しんでいただけると思います。

 第1章では、マインスイーパーについて、簡単にルールや楽しみ方などを説明しています。第2章では、例をあげ、簡単なゲームの進め方、そのこつを、第3章、第4章、第5章、第6章は解くための定番のパターンを紹介しています。第7章ではクリアできない理由と対策、行き詰った時の対応について書いています。


目次

はじめに
目次
第1章 マインスイーパーとは
第2章 ゲームのコツ
第3章 解法パターン
第4章 解法パターン 入門
第5章 解法パターン 初級
5-2 かど
5-3 突起
5-4 穴
第6章 解法パターン 中級
6-4 穴
6-5 段
第7章 どうしてもクリアできない
7-1 ミス
(1)論理間違い
(2)見落とし
(3)押し間違い
7-2 論理的に解決できない

マインスイーパーってWindowsのパソコンに

付属しているゲームですよね…

ちゃんとやったことありませんが…

 

たぶん個人作家さんだと思うのですが

章仕立てになっていたりと

かなり本格的に取り組んだ攻略本のようです…

 

流転する二人の運命…

甲羅1: 時を駆けた想い

甲羅1: 時を駆けた想い

 

内容紹介
家族を失い失意で帰郷した渡。ある女性との出会いが彼の生き方を変えた。流転の中、二人の運命を悟りそれと向き合うことになる。 

タイトルがちょっと面白かったので

紹介してみました…

 

内容紹介と「甲羅」がいかに結びつくのか

興味をひかれるところです…

 

まとめ… 

いかがでしたでしょうか…?

ご興味の沸く本に出会えましたでしょうか?

Kindleの強みはこのような無料キャンペーンなどを

出しやすいところにありますね!!

 

以上です…

 

上記書籍はKindleシリーズ他、iOS、Androidアプリでも読むことができます!

Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

 

 

Kindleと言えば…こんな記事もいかがでしょうか?

marukudo.hatenablog.com

marukudo.hatenablog.com