まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

ある個人作家が「東京国際ブックフェア」で強烈な風穴をあける!!…かも知れない!!


スポンサーリンク

7/4(土)まで「東京国際ブックフェア」が開催中!!

東京ビッグサイトにて、

かなり大規模な「本の祭典」が開催されてますね…

第22回 東京国際ブックフェア(TIBF2015) - 書店への営業、版権取引(著作権取引)、販売のための展示会です。 - 東京国際ブックフェア(TIBF)

 

こちらはどんな催しかと言いますと…

世界20ヶ国470社([国際]電子出版EXPOを含む見込み数)が出展する本展には、70,000名が来場。書店との取引、海外出版社との版権取引、学校や図書館への販売促進などが活発に行われます。 一方、後半2日間の一般公開日には、特別価格で本を購入できることから、「本」好きの一般読者が押し寄せ、まさに「本の祭典」として会場は熱気に包まれます。 また、海外政府による大規模出展も特長となっており、近年では、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、エジプト、韓国、マレーシア等が大パビリオンを出展。国際交流の一翼を担っています。

だそうで…

かなりスケールが大きいです…

7/3(金)、4(土)は「一般公開日」ということで

ますますの来場が期待されますね!!

 

そして、「電子出版EXPO」なるものも

同時開催してるようです…

第19回 [国際]電子出版 EXPO-(eBooks・イーブックス)は、書籍・雑誌・コミック・新聞などのデジタル化技術・サービス、コンテンツが一堂に集まるe-Book専門展です。 - [国際]電子出版 EXPO(eBooks・イーブックス)

近年、市場が急拡大している電子書籍。リードはその将来性に着目し、18年前、世界に先駆け本展をスタートさせました。毎年、電子出版に関する提携交渉や技術相談などの商談が行われ、「電子出版ビジネスをするならこの展示会しかない」との評価が定着。電子出版ビジネスの中心地として、市場拡大の一助を担ってきました。また、世界最先端の電子出版技術が集結するためマスコミの注目度も非常に高く、テレビ、新聞等の媒体で大々的に取り上げられています。

電子書籍の「で」の字も無かった時代から

ずっと開催されてたなんて…

その先見の明に脱帽です…!!

 

期間中は養老孟司さんを始めとする

様々な方のセミナーも開かれていて…

私もこんな田舎に住んでなかったら

ぜひとも足を運びたかったのですが…

 

このブックフェアに、ある個人作家さんが参戦する模様…

その方の名は「初瀬川智則」さんと言いまして…

ツイッターのプロフィールを見るに

デザイナー、イラストレーター、フォトグラファー、ライター、

などなど、多岐に渡り活躍しているようです…

 

私が気になった彼のツイートがコチラです!!

 

「無名でも本を売れる時代がきっと来ます!」

 

めっちゃいい言葉じゃないですか!!!

私もそう思います!!

「未来の作家のために」

というフレーズも良いですね!!

 

これはぜひとも応援しなければ!!

で?

実際、この方は何をするのかと言いますと… 

 

動画告知を発表?

え…?

自分の処女作のために…

動画作っちゃったの??????

 

これはまた…

スゴイ方が現れましたね…

 

上記ツイートにその動画のURLがありましたので

紹介したいと思います…

 

かなり本格的ですね!!

最後なんかまるで本物の映画の予告編みたいで

雰囲気あります!!

謎を含んだ冒険譚って感じなんですかね?

 

この告知が大勢の前で流されるって

事なのでしょうね…

実際にどの位の人が見るのかは

ちょっと分かりませんが

けっこうな宣伝効果が期待できそうです…

 

Kindle版は本日発売!

肝心の電子書籍ですがKindleでも

本日より発売を開始した模様です… 

真実の部屋 上

真実の部屋 上

 

 

真実の部屋 下

真実の部屋 下

 

内容紹介
男は見知らぬ小さな部屋で目を覚ます。一体誰が…何のために…。隠された意図を頼りに、男は真実を見つける旅に出る。

男は人知らぬ深い森の中に建つ不思議な建造物の一室で目を覚ます。一体誰が…何のために…そしてここは何処なのか? 愛する家族の元へ帰還しようと動き出した男の前に、次々と立ちはだかる無数の謎と明かされる衝撃の事実。自分が何者なのかも理解できぬまま、同じ運命を背負ったの仲間と共に、隠された意図を頼りに、真実を探す旅へと向かった。
迎えくる数々の困難を乗り越え、男が手にした「真実」とは?

【上巻目次】
小さな部屋
訪問者
待つ者
生還への歩み
ダラ
サヴィトリ
始想の石
未開の島
未完の本
羅針の翠玉
旅立ち
蛇の巣
森の男

 

【下巻目次】
悪の光と善の闇
ノア
未来の果て
カラムの塔
交錯する光と闇
手 紙
真実の部屋

 

【著者】
初瀬川智則:妻・娘の三人暮らし。デザイン学校を経て、現在グラフィックデザイナーとして勤務。学生時代に自らが経験した不思議な体験をベースに「真実の部屋」の執筆活動を開始。6年の歳月を経て本作を完成させる。本作が処女作。現在、本作のスピンオフ作品を執筆中(本作を合わせ全三部作での完結を目指す)
夢は本作を翻訳し、全世界の人に読んでもらうこと。

(大部分はAmazon.jpより引用しておりますが、一部「上巻」と「下巻」という言葉を付け足してます…ご了承下さい)

 

やはりデザイナーさんなだけあって

まるで一般書籍のような…

かなり雰囲気のある表紙ですね! 

 

まとめ…新しい事へ挑戦するフロンティア精神や良し!!

たぶん、もう既にブックフェアでの

動画告知は既に完了してると思いますが

その結果がどうだったかのツイートが待ち望まれますね!!

 

初瀬川さんはツイッターの他には

ブログもされて無いようなので

もしも何か変化があったとしたら

単純にブックフェアでの告知による宣伝効果

と考えることができます…

(追記:Facebookはされてるようです…失礼しました…) 

 

もしもこの方法が上手くいけば

大規模なイベントに動画告知を流して

興味を惹かせるという

個人作家さんにとって

新たな宣伝方法が生まれることにもなると思います…

金銭的な問題は別としてですが… 

 

多くの個人作家さんたちにとって

朗報になることを期待したいですね!

 

7/4 追記…

初瀬川さんご本人からツイッター経由でご連絡をいただき

当日の反応はかなり良かったようです…

初瀬川さんご自身も「販促活動」を重要視していて

今回の動画もその一環として作成したようです…

今後とも執筆活動、販促活動共に

ぜひ頑張って欲しいと思います! 

 

以上です…

 

上記電子書籍はiOS、Android用のKindleアプリ(無料)か

Kindle電子書籍リーダーで読むことができます! 

 

6/30に発売されたNew Kindle Paperwhite!! 解像度アップで文字もクッキリ!!  

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき

 

商品詳細は下記記事をご覧ください!! 

marukudo.hatenablog.com