読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

個人作家VS個人作家のKindleバトルなんてどうかな…?


スポンサーリンク

第2回KDP文学賞が開催されるようです…

だそうです…

このKindle本すごく面白かった!!

というオススメがある方は

ぜひぜひ投票してみてください!!

 

Kindleを始めとする

電子書籍限定の大会があるというのは

個人作家さんのモチベーションも上がりますし

大変良いことですよね…

 

ただ…紙書籍と比べて

圧倒的にその数が少ないのは事実です…

 

で…ふと思ったのですが…

不特定多数の人が参加するのではなくて

一個人作家VS一個人作家のKindleガチバトル!!

なんてモノがあったらどうだろう…?

って思っちゃいました…

 

突然ですが…「8 mile」って映画ご存じですか? 

8 Mile [Blu-ray]

8 Mile [Blu-ray]

 

この映画の中で「ラップバトル」と言うのがあって

エミネム扮する主人公とその相手が

1対1でお互いをラップでディスるんですよ…

 

そこでは、よりスキルの高いラップを披露すると

周りのギャラリーのボルテージが上がり

その反応で優劣が決まる…

という仕組みだったんですよ…

 

同じような事がKDPでできないのかな…?と…

もちろんディスる必要はないですけど…

純粋に作品の売り上げによる勝負ということで…

 

Kindleバトルの手順は…

えーと…そうですね…

私の勝手な妄想なのですが…

 

1.まず、個人作家Aが別な個人作家Bに対し

「お前のために…一体何人の人が死んだと思ってるんだ!!オレはお前を絶対に許さない!!Kindleバトルで勝負だ!!」

とバトルを申し込みます…

(↑何があったんだよ…)

 

2.すると個人作家Bは

「貴様がこのオレを倒すだと!!フハハハハ!!片腹痛いわ!!

丁度良い!この失った片目の恨み、今こそ晴らしてやるぞおお!!!」

と言い放ちます…

(↑そっちはそっちで何があったんだよ…)

 

3.お互い執筆するジャンルを決めたら、2週間でも1ヶ月でもいいので執筆期間が与えられます…枚数も決めた方がいいかも知れません…

 

個人作家A「ジャンルはどうする?」

個人作家B「18禁に決まってるだろうがああああああ!!!!」

(↑オイ…)

 

執筆期間以内に作品を1つ完成させて下さい…

完成できなかった時点でその人の負けです…

 

4.決められた日に同時に電子書籍を出版します…価格も同じく設定します…

 

個人作家A「お前はどんな書籍を出版したんだ!!」

個人作家B「フハハハハ!!

"団地妻の〇〇が〇〇でもう〇〇〇〇〇〇なんですぅ~"だああああ!!!

個人作家A「なんだその面白そうなタイトルはあああああああ!!!」

 

これも2週間後でも1ヶ月後でもいいのですが期間を決めます…

その間、必死に販促活動を頑張って下さい…

無料キャンペーンを使ってもいいですが

勝敗のカウントは有料部門での実売数のみです…

 

5.その後のKindleランキングの順位によって勝敗が決まります…

個人作家A:16位

個人作家B:20位

 

個人作家A「オレの…勝ちだあああああああ!!!!」

 

個人作家B「なん…だと…くそおおおおお!!!

フッ…完敗だ…ちなみにお前はどんな書籍だったんだ…?」

個人作家A「"〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇"だあああああ!!」

個人作家B「全部伏せ字いいいいいいい???????」

 

こんな感じで小規模な野良バトルが

あちこちで発生すればそれを追っかける

Kindleバトルファンなるものも

現れるかも知れません…

 

ひとたびブログなんかで

「〇〇です!!!

〇〇さんとKindleバトルやります!!

期間は〇月〇日のランキングで決まります!

応援ヨロシク!!」

みたいな告知があれば

ファン達が

「〇月〇日が決戦の日!!

〇〇さんを勝たせるよ!!!

アタシ達の努力で彼の勝利が決まるよ!!

わかってるよね!みんな!

遊びじゃ無いんだよ!!!!エイエイオー!!」

と強力な味方になってくれるかも知れません…

(↑なんでそんなアネゴ肌なの?)

 

まとめ…

と…妄想を繰り広げてまいりましたが…

売上があるからその作品が内容的に劣るという事でも

ないんですけどね…

 

あくまでも宣伝など販売方法などの

トータル的なスキルを競うもの…という

感じですかね…

 

最近は電子書籍の方も

少し落ち着いてきた感じもあるので

ギャラリーも巻き込んで盛り上がれるような

イベントがもっと増えるといいですね!!

 

以上です…

 

バトルと言えば…こんな記事はいかがでしょうか?

marukudo.hatenablog.com

marukudo.hatenablog.com