読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

東京で「泊まれる本屋」がオープンするらしい…


スポンサーリンク

時として…私…

海外ニュースで日本の最新情報を知っちゃうことがございます…

この記事もその一つです…

書斎で寝ることができるホステルが東京に誕生!!

goodereader.com

 

今年の9月に東京で

新しいスタイルの宿泊施設が誕生するようです…

 

「泊まれる本屋」がコンセプトのホステル「BOOK AND BED」

bookandbedtokyo.com

 

ちなみにホステルというのは

ホテルには違いないんですけど

ユースホステル(youth hostel)という…

青少年の健全な野外活動や旅行の拠点として設けられた,安価で健康的な宿泊施設。多くは会員制。ドイツに始まり,日本では1951年(昭和26)に協会が設立された。ユース。 YH 。(コトバンクより)

の略称だそうです…

 

大まかな内容が書かれた文章がサイトにありましたので

引用させて頂きます…

「泊まれる本屋」

ふかふかなマットレスも無ければ、
低反発の枕も無ければ、
軽く暖かな羽毛の布団も無い。
最高な環境での良い寝心地は、
ここにはありません。

あるのは、
読書をしてたら(マンガでも良いですよ)
いつの間にか夜中2時になってて、
もうあとちょっとだけって
まぶたが重くてたまんない中も読み続けてたら、
いつの間にか寝てしまった。
そんな、誰もが一度は経験した事があるであろう
最高に幸せな「寝る瞬間」の体験です。

だから、コンセプトは泊まれる本屋。
(あ、本は売らないです。言うなればってやつです。)

考えてみれば
ふかふかなマットレスも、低反発の枕も、
翌朝体が痛くなく、万全のコンディションで起きるには
どんな寝具が適切かということを追求しているに過ぎません。

「映画を観てたら寝ちゃった」とか
「友達とLINEしてたら寝ちゃった」とか、
とにかく「好きなことをしてたら、うっかり寝ちゃった」って
最高の「寝る瞬間」の体験じゃないですか?

そんな「寝る瞬間」に至福の体験を用意してくれるホステルを、
本をテーマに自分たちで作る事にしました。

 

こちらのホステルでは

本屋さんのように書籍がズラリとならんだ環境で

用意された簡易的なベッドで横になりながら

読書をする事ができるようです…

 

9月OPENということでまだ

完成はしてないようですが

イメージ写真がサイトにありました…

f:id:marukudo:20150724031905j:plain

上部の本棚の後ろにあるのがベッドのようです…

ハシゴかなんかでそちらにいくのかな?

大きめのソファも用意されてますね…

 

そのまま泊まることもOKのようです…

 

なるほど…コンセプト自体は面白いですね…

確かに、本を読んでてうつらうつらしてきて

いつの間にか眠っていた…という

あの心地よさは誰もが経験したことがあるかと思います…

 

宿泊先でそれを体験できるのは

新しい感覚かも知れません…

 

詳細がよくわからないので疑問もチラホラ…

なかなか面白いアイデアなのですが

サイトを読む限り、まだ不透明な部分も正直ありますね…

以下は私が思った疑問なんですけど…

 

本屋ではないらしい…?

上記のお店紹介の文章で

コンセプトは泊まれる本屋。
(あ、本は売らないです。言うなればってやつです。)

とあります…

 

「泊まれる本屋」という言葉で感じた最初のイメージは

販売している本をベッドで寝転がりながら読めるのかな?

って感じだったのですが…

普通に考えてもせっかくの新刊が汚れたり

ダメージができちゃいますよね…

 

細かいようですが…

本を売らない時点でそれは本屋ではないわけなので…

ちょっと語弊があるかもですね…

 

なので…

「本が読めるホステル」というのが正しいかと思います…

身も蓋もないキャッチフレーズですけど…

 

個室やパーティション的な区切りもないのかな?

イメージ写真を見る限り

書籍が並ぶ広い空間に複数のベッドやソファが

配置されてるみたいですが…

個室や区切りはないんですかね…?

 

「泊まれる本屋」なので24時間営業だと思うのですが…

雑魚寝みたいな感じなのかも…?

 

あと、こういう共同で使用するスタイルの所は

ベッドも配置したら配置しっぱなしで

どんどん清潔感が薄れていく仕様がデフォだったりするので…

そのあたりもどうなんでしょうね…?

 

まあ…そういうのを気にする人は

最初から利用しないと思いますが…

 

セキュリティ面はどうだろう…?

例えばなんですけど…

本を読む時のウトウト感を味わいたくて

ここに来たとして…

 

こんな人達だらけだったらどうしよう… 

f:id:marukudo:20150724040643j:plain

「WORST」より

 

というか…

寝たら最後な気がする!!!

 

一応、宿泊施設でもあるのですが

個室がないとやはり不安な面もありますね…

どんな人がいるかわからないので…

 

まとめ…アイデア自体はスゴク面白いのでヒットするといいですね!

まだ詳細がわからないので

不安な部分もありますけど…

多分、いろいろ考えていると思います…

 

アイデア自体はスゴク面白そうで

一度は経験したいな…と思わせてくれます…

 

やはりこうした独創的なアイデアは

東京から発信されるのかなあ…

地方も負けてられませんね…

 

以上です… 

Discover Japan TRAVEL ニッポンの一流ホテル&名宿 (エイムック 3096)

Discover Japan TRAVEL ニッポンの一流ホテル&名宿 (エイムック 3096)

 

 

こんな記事はいかがでしょうか…?

marukudo.hatenablog.com

marukudo.hatenablog.com