まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

こんなプロポーズはイヤだ…


スポンサーリンク

個人的に小説のネタになりそうな記事を紹介していきます…

今回気になったのはコチラです…

 

19のイタいプロポーズ…

www.ebaumsworld.com

 

個人作家さんが執筆するジャンルによっては

プロポーズの場面が登場することもありますよね…?

 

しかし…

ありきたりのプロポーズ描写だと

なかなか他の作品との差別化を図ることが

できないかも知れません…

 

そこで今回の記事です!!

 

上記記事では19の変わったプロポーズが

紹介されているので

ひょっとしたら参考になるのではないでしょうか?

 

今回はその中から少しだけ

紹介したいと思います…

 

それではまいります…

 

間違いじゃ済まされないレベル…

f:id:marukudo:20150810022127j:plain

訳:フロリダの男が間違った家で全裸でプロポーズ!住人を仰天させる!

警察によると…22歳のトーマス・エドワードは

彼女に教えられた住所に出向き、プロポーズをするために服を脱ぎ、家を訪問したが

その家は間違っていた…

住人はトーマスとは全く面識が無く、誰なのかも分からなかったという…

 

なかなか興味深い事件ですが…

ドアを開けたら、全く知らない男が全裸で立っていたら

恐怖以外の何者でもないでしょう…

通報されて当然です…

 

そもそも…

なぜプロポーズで脱ぐ必要が?

 

個人的な考えですが…

もしかしたら女性の方は意図的に

ウソの住所を教えていたのでは?

なんて事も思いました…

 

だって…

こんな人なんですもん…

 

もしそうだとしても…

ここまで大事になるとは夢にも思わなかったことでしょう…

 

無事にプロポーズできたとしたら…

うまくいってたんでしょうか…?

 

これは…キツイ…

f:id:marukudo:20150810024018j:plain

結婚してくれるかい?

はい 〇いいえ(←こっちが選択されてる…)

 

う~ん…

どっちも「はい」だけ書けば良かったのでしょうか…?

油性っぽいなのでなかなか消えないかも…

 

直球過ぎる…

f:id:marukudo:20150810024418j:plain

原因はいろいろあるけれど、結局オレが悪かったと認めざるを得ないようだ…

こうじゃなきゃという悪い思いにとらわれすぎて、

失礼なふるまいになってしまった…

チクショー、もう一回やり直したい…

君を愛してるんだエミリー、結婚して幸せにしたいんだ…

君が一番欲しいモノだって知ってる!コレだ!

マジでがっかりだ、チクショー…

銀行に戻すか…

 

ま…まさか…

彼女にプロポーズした時に…

現ナマ渡したんですかああああ?????

 

もちろんお金はあるに越したことはないですけど…

普通に指輪を渡した方が良かったのでは…?

ちょっとデリカシーに欠けてたかも知れませんね…

 

しかし…100ドル札(約12,400円)

いくらあるんだ…コレ?

 

文字…

f:id:marukudo:20150810024407j:plain

「愛してるんだ!結婚しよう!!」

 

「あなたは…このメールでプロポーズしてるの?」

 

「ああ、ちょっと変わってるかな?」

 

「もしもあなたがこんなメールでプロポーズできるのなら

わたしもこのメールで別れることもできるわね!!」

 

「…」

 

メールはちょっとお手軽感がありすぎて

大事なプロポーズの手段としては

ふさわしくないようです…

 

応援する気ないだろ…!!

f:id:marukudo:20150810024346j:plain

本来は

Will you marry me Brittany?(結婚してくれるかい、ブリタニー?)

とならなければいけませんが…

 

どうやら…

立ち位置を間違ったみたいですね…

 

特に左の「?」の彼女…

やる気なさ過ぎです…

下向いちゃってるし…

 

何にメッセージ書いちゃったん?

f:id:marukudo:20150810031044j:plain

訳(上から順に…)

 

「結婚してくれるかい?」

 

「本気なんだ」

 

「承諾してもらえたらうれしい」

 

「やってみないとわからないだろ?」

 

「イエスって言えるのに、なぜノーなんだい?」

 

「君が戻ってくるって信じてる」

 

「君は賢い選択をしたね!!!」

 

これ…

どうやらトマトペーストのパウチ食品みたいで

購入日とかを書く空白欄にプロポーズの言葉を書いて

たぶん郵便受けかどこかに定期的に入れてたんだと思います…

 

で、これも推測ですが

一番下の商品だけ色が違うことから

このやりとりを見ていた第三者が

同じ方法でメッセージを送ったのかな…?

と…そんな気がします…

 

それにしても…

なぜパウチ食品…?

千年の恋も一気に醒めますね…

 

まとめ…やっぱベタでもいいのかも…?

いかがでしたでしょうか…?

やはりプロポーズは定番ながらも

指輪&「結婚してください」が一番女性の心に響くのでしょう…

 

個人作家さんで

もしもプロポーズの場面を書く機会がございましたら

「もう、あなたしか見えないいいいいいいい!!!」

と熱い抱擁のハッピーエンドを

読者さんは一番見たいのかも知れません…

 

以上です… 

私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな (一般書)

私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな (一般書)

 

 

こんな記事もいかがでしょうか? 

marukudo.hatenablog.com

marukudo.hatenablog.com

marukudo.hatenablog.com

marukudo.hatenablog.com