まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

又吉直樹さんの著作「第2図書係補佐」に出てくる占い師がスゴすぎる…


スポンサーリンク

書籍を読んでここまでビビったのも珍しい…

ここ最近、家族が入院したこともあって

日中は看病のため病院にいます…

 

と言っても必要な時以外は

ほとんど自由時間=ヒマと言ってもいいです…

 

なので本を読む時間が必然的に多くなってます…

 

で、こちらの本を今現在読んでます… 

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)

 

お笑い芸人の又吉直樹さんの作品です…

こちらの書籍はこれまで又吉さんが読んで気に入った作品を

ちょっとした自分のエピソードを交えて紹介している

エッセー集みたいな感じです…

 

で、この書籍の中に「中陰の花」という作品を扱った章があるのですが…

 

そのエピソードを簡単に説明いたしますと…

又吉さんが20代の頃に友達の誘いで、ある占い師に占ってもらったんだそうです…

 

これまでいろいろと胡散臭い占い師にも占ってもらった又吉さんでしたが

その方は自分のことをズバズバと当てていったのです…

 

その後「何歳?」と聞かれ、当時26歳だった彼はそのまま答えたのですが…

「26…27…34…35

あっ!」

 

と言われて手を離されたんだそうです

しかし理由は知らされず占いは終了…

 

後味の悪いまま、友人に励まされる又吉さん…

35歳になったら何が起きるのかと不安をつのらせたまま

このエピソードは幕を閉じます…

 

そして2015年…

又吉直樹さんと言えば、みなさんご存じの通り

今年2015年の7月に「火花」が芥川賞に選ばれましたよね…?

 

そして又吉さんが、9/16日現在おいくつだと思いますか?

そう!!35歳なんですよ!!!

 

ひょっとしたらその占い師さんは

この未来が見えていたのではないでしょうか?

 

このエッセイは又吉さんが2007年ころに

書かれていたものだそうで

そしてこの書籍自体も2011年に出版されたものなので

後出しの修正はありえないんです…

ましてやその頃は「ピース」としても

それほどブレイクしてたわけでは無かったかと思います…

 

しかし…もしかして…ひょっとしたら…

又吉さんの芥川賞受賞はもうこの時既に

決まっていたのかも知れませんね…

 

ちなみにこのエピソードで紹介された

「中陰の花」(玄侑 宗久著)も

芥川賞受賞作なんです!!!

 

ちょっと出来すぎた感じで

言ってる私自身がウソっぽく感じちゃいますが…

もしもご興味が沸きましたらぜひ読んでみて下さい…

本当に書いてますから…

 

以上です…