読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

間違いメールから始まる恋…


スポンサーリンク

こんな出会いってあるの…?

f:id:marukudo:20151003013820j:plain

 

こんな記事を見つけました…

ある女性が見知らぬ男性に間違いメールを送った結果→→→結婚!!

metro.co.uk

記事に寄りますと…

 

3年ほど前の事…

当時53歳のケーシー・バーグさんは、夫と離婚して六年が経ちますが、

次の恋など決してするはずがないと思っていました…

 

そしてデンバーへの出張があったある日のことです…

彼女は同僚に飛行機が遅れる旨のメールを送ったのですが

ナント!全く知らない赤の他人に送信してしまったのです…

 

そのメールはヘンリー・グレンデニングさんという男性に届きました…

大半の人は、そんな得体の知れないメールは無視することでしょう

しかし、その時ヘンリーさんは返信することにしたのです…

 

ケーシーさんは間違いに気付きすぐに謝罪をし、

しばらくチャットを交わしました…

するとお互いに意気投合をしてしまい

一週間後に会う約束をしました…

 

その後、何度もデートを重ねるようになっていきます…

 

驚くべき事に…このヘンリーさんという男性は

ナント!23歳なんですね!!

 

対するケーシーさんは53歳…

年の差30歳!!

 

お母さんと息子にも思える

その年齢差も気にせずヘンリーさんはこう言います…

「年齢差はまったく気にならないね…僕らはとても深いところでつながっていたんだ。

お互いに波長があってると感じたその時からね…」

 

そして、ケーシーさんは…

「私はずっとこれからも独りだと思っていたし、もう男性なんていらないとも思っていたの。でもそんな時にヘンリーに出会ったのよ…」


そして3年後…

ミシシッピ川の滝の前でめでたく結婚式を挙げたということです…


彼らは一通の間違いメールから大切な伴侶を得たようです…

 

まとめ…いつどんな出会いがあるかわからない…

「生きること」とは「人と出会う事」とも言えますが…

その一瞬を逃したら決して会うこともなかった

偶然の出会いというのも確かに存在いたします…

「一期一会」なんてそれを顕著に表した言葉だと思います…

 

間違いメールを送って運命の人に届く確率なんて

どれほどのものでしょうか?

その一瞬、その一度だけが二人の人生を繋げる交差点だったんですよね…

 

そんな天文学的な低確率で

見事に生涯の伴侶となったお二人の出会いは

本当にロマンチックですね…

 

そう考えて見ると…

きっと私は数々の運命の交差点を

そのまま通り過ぎちゃってたんだろうな…と!!

 

もしも、それを上手くキャッチできていたら…

今頃…堀北真希さんの隣にいたのは

私、まるく堂だったかも知れません…!!

(↑オイ…)

 

まあ…それは済んだ事なので…

今は綾瀬はるかさんからの間違いメールを

お待ちしてま~す!!!

(↑ねーよ…)

 

以上です… 

出会いとつながりの法則  ~誰も書かなかった新・出会い論~

出会いとつながりの法則 ~誰も書かなかった新・出会い論~