まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

「夢オチ」の新機軸を考えてみたい…


スポンサーリンク

「夢オチ」が好きな人はいるのだろうか?

話に「意外な結末」を持ってくる方法として

「夢オチ」ってありますよね…? 

f:id:marukudo:20151011115119j:plain

もう皆さん、ご存じ過ぎるくらいご存じかも知れませんが

あえて「夢オチ」を説明いたしますと…

これまでに展開されてきたストーリーが

主人公、または他の人物の「夢」だった!!

という結末にしちゃうことです…

 

作者目線で考えると、主人公達をいろんな危機的状況にしてしまえるし、

誰か重要な登場人物も死なせ放題です…

もはや作者ですら解決不可能な状態にしてしまった後で

全部夢でした…

の一言で済ませることができます…

 

ただし、読者目線で考えますと

結局、現実でも何でもない、始まってすらもいない物語を読ませてたのか?とか

今まで親しんできた登場人物らは全て存在してなかったのか?とか

妙に虚無感を感じてしまいますし

しかも現在ではあまりにメジャー過ぎる展開なので

「意外な展開」どころか「忌み嫌う」くらいまで

嫌悪する方のほうが多いでしょう…

 

「夢オチ」を使った作品… 

不思議の国のアリス

不思議の国のアリス

不思議の国のアリス

  • 作者: ルイス・キャロル,ロバート・イングペン,杉田七重
  • 出版社/メーカー: 西村書店
  • 発売日: 2015/10/05
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

私が知る限りでの「夢オチ」作品で

一番古いのはコレですね…「不思議の国のアリス」…

(↑もっと古い作品があったらスミマセン…)

 

刊行は1865年ということで

この当時だと「夢オチ」ってまだ新鮮だったのかなあ…?

読んだ読者さんも

「うおおおおお!!夢?夢だったの?

すげえええええ!!!まさかの展開いいい!!!

斬新!!斬新過ぎるうううううう!!!」

ってめっちゃテンション上がったりしてたのでしょうか…?

 

もしそうなら…この時代に生まれたかったかも…?

 

ハイスクール!奇面組

私が小さい頃にとても好きだったギャグ漫画です…

登場人物の名前がいろんなモノとか事象をもじってるのが

妙に面白かったんですよ…

 

一堂零(いちどう れい  "一同礼")とか

冷越豪(れいえつ ごう "レッツゴー")とか…

特に今でも覚えてるのが「中島みゆき」さんをもじった

雪中路 まみ(ゆきなかじ まみ)でした…チョイ役だったんですけどね…

 

で、この作品はシリーズ合わせて7年ほど連載されてましたが

最終回でまさかの夢オチとなってて愕然とした覚えがあります…

(↑現在は少し修正されてる様だけど…)

 

代紋<エンブレム>TAKE2

代紋<エンブレム>TAKE2(1)

代紋<エンブレム>TAKE2(1)

 

私はこの作品を読んだことがないのですが

最終回がやはり「夢オチ」に近い状況で

賛否両論あったようです…

 

インセプション 

インセプション [Blu-ray]

インセプション [Blu-ray]

 

レオナルド・ディカプリオと渡辺謙さんが共演した映画です…

 

これは夢オチというよりは「夢が舞台」って感じなので

厳密には違う気もしますけど…

夢と現実が交錯するようなラストは

良かったと思います…

 

他にもホラー映画なんかにも

よく使われてますし…

もっともっとたくさんあるのですが…

キリがないのでこのくらいにしておきます…

 

もう「夢オチ」で新しい展開は無理なのか…? 

世の中に文芸作品っていくつあるのか

想像もつきませんけど…

その中で「夢オチ」を使った作品もかなりあると思います…

 

なので、もはや使い尽くされてるとは思うのですが…

なんとか誰も手を付けてない「新境地」って

開けないもんですかね…?

 

映画の「マトリックス」なんかは

コンピューター世界という「ほぼ夢オチ」を前提に

そこから物語が進むという、かなりな新鮮さを感じたので

まだそうした展開ってあると思うんです…

 

というわけで…私、まるく堂が

「夢オチ」の新アイデアに挑戦したいと思います… 

 

それではまいります…

 

1. 悪夢を抜け出たら最悪の現実だった…

物語の途中で夢であることに気づき

試行錯誤して抜け出すと、そこが最悪な現実だった…とか…

あ、これ「マトリックス」だ…orz

次いきます…

 

2.悪夢を抜け出たら現実は体を動かせない植物人間だった…

これも…何か映画とかでありそうですね…

ハイ、次です…

 

3.目が覚めると自分がロボットだった…

そのロボットに人工知能を組み込む際に起きた

0.001秒のショートの瞬間の物語だったとか…

って意味がわかりませんね…

次!!

 

4.同じ夢を全員が見ていた…

10人くらいで生きるか死ぬか、殺し合いにまで発展してしまい

最後に1人残った主人公が雄叫びを上げた瞬間、夢から覚めます…

目の前には死んだはずのメンバーが、自分1人をじっと見つめている。

本当のサバイバルはそこから始まるのだった…

次に一番最初に殺されるのは自分だ…

みたいな…

 

お!

これ…自分で書いててなんか良さげな気もしますけど…

やっぱ似てるのとかあるんだろうなあ…

 

5.…ぎ…ギブアップ…

スミマセエエエエン!!!

無理…

もうアイデア出すの無理ですうううううう!!!

ウワアアアアアア!!!!!

 

まとめ…結局…無理っぽい…orz

(;゚Д゚)ハ…!?

 

す…スミマセン…

うっかり寝てしまいました…

 

いや~変な夢でしたよ~

なんか成り行きで

私が「夢オチ」の新アイデアを考えるんですよ…

 

何言ってるんでしょうね…?

そんな事、私にできるわけないじゃないですか!!?

案の定…

途中でアイデアが沸かなくなっちゃうんです…

 

そういえば前にも

marukudo.hatenablog.com

こうして失敗してますしね!!!

(↑コイツは…)

 

と言うわけで…

すっかり眠ってしまったので…

今日はどんな記事を書こうか

これから考えたいと思います…

 

以上です…