読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

3週連続!Kindle書籍無料キャンペーンのお知らせ…(最終第三回)


スポンサーリンク

年の瀬は無料Kindle本で読書三昧!?

こんばんは!まるく堂です!

 

今月に入って、毎週日曜日に

私、まるく堂のKindle電子書籍の無料キャンペーンを

行って参りましたが、今回が最終の三回目になります…

 

今回のキャンペーン本はコチラです!! (2016年1/1夕方までです!)

アレ?このゲーム何だっけ?なつかしゲームクイズ50ファミコン編2

アレ?このゲーム何だっけ?なつかしゲームクイズ50ファミコン編2

 

 

 

ハイ!おっさん世代にはうれしい

ファミコンクイズ本の第2弾と

映画俳優ファンのためのハリウッドクイズ本の

二冊ですね!!

 

このファミコンクイズ本第2弾でチャレンジしたのは価格ですね…

それまでの第1弾は99円で販売しておりましたが

苦労の割にロイヤリティ(印税)の方が

ちょっと少ないなあ…と感じておりまして…(1冊売れて約35円)

 

なので第2弾では価格を250円まで上げたんですよね…

250円以上にすると設定によってロイヤリティ70%にすることができるんです…

250円 X 70%= 175円…

 

このくらいだと、ちょっと報われる感じがしたのですが…

1冊も売れない…orz

 

いくらロイヤリティが高くても

売れなきゃ仕方がないだろう…ということで

やむなく150円くらいに値下げしましたが

それでも売れない…orz

 

結局これも99円にして、ようやく売れてきたかな…

と思いきや…

情け容赦ない☆1レビュー獲得!!

完全に息の根が絶たれましたね…

 

そんないわく付きのKindle書籍ですが…

レビューにもあります通り

暇つぶし程度で、それ以上でも以下でもないですので

ぜひぜひ読んでみて下さいね!!!(o^∇^o)ノ

(↑もはやヤケクソ…)

 

他のKindle無料キャンペーン本も紹介!!

電子書籍を出版してみたいという方に!

内容紹介
今の時代、個人レベルでもさまざまな情報発信ができる恵まれた環境にあります。
しかし、多くの人がその情報を知らない、ただそれだけなんです。
以前に電子書籍を出さないかと誘われて『電子書籍出版コンサル』の営業がきました。
価格を聞いたら30万円。

今思えばぼったくりですね。
自分で調べて実行すれば無料でできてしまいます。
だから今回あなたには無料でこの情報を提供します。
是非トライしてみてくださいね。

ということでこの本は終わりです。

最後にあなたにまえがきで約束したプレゼントがあります。
無料なので是非参加して欲しいですね。

これからの時代、個がインターネットで稼ぐ事はすごく重要になってきます。
自然災害、リストラ、会社倒産、病気など自分に何が起きるか誰にもわかりません。
そんな時でもパソコン1台とネット環境があればできるネットビジネスはこれから間違いなく身につけておきたいスキルです。

Kindle出版のノウハウを書いた書籍は

最近ではかなり出揃ってますね…!!

 

内容紹介のエピソードを見て思ったのですが…

電子書籍コンサルって今でもまだそんなボッタクリ価格なのかな?

ちょっと出版したところで、よほどの宣伝サポートがないと

なかなか売れないんですよね…

で、売れたら売れたでロイヤリティもかなりのマージンを絞りとられる、と…

おいしいのはその企業だけですよね…

 

もちろん、PCも触ったことがないという

全くの初心者の方がいるのは事実ですが

30万は取り過ぎですよ…!!!

 

私ならもっと安く教えるのにな…

そうですね…

28万くらいで!!!

(↑鬼畜…)

 

涙なしでは語れない詩がある…

わたしが居る場所

わたしが居る場所

 

内容紹介
本書冒頭

野原に雨が降っている
細い雨が降っている 降り続いている
果てしなく広い海の上にも 降っている
眼に見えぬほど しずかに降っている
あなたの中にも降っている
わたしを通り抜けて
あなたの胸のキャンバスを濡らしている
細い雨の中を通り抜けて
わたしは もう向こうへ
出て行ってしまっている
ということに 気づきもしないで
まだ 昨日の雨の風景を
まさぐっているわたしが
ここにいる
萩の葉の上を転がる一粒の水に
なっていたりする
えのころ草の穂先に触れる一匹の虫に
なっていたりする……

著者略歴
池谷敦子 (いけたに・あつこ)
一九二九年、静岡県に生まれる。
『ブリキの月』一九九五年、樹海社
『猫のいる場所』一九九六年、樹海社
『ゆめぐろ中継所』一九九七年、思潮社
『象がくる空』一九九八年、花神社
『気がつけば風』二〇〇〇年、花神社
『夜伽』二〇〇二年、花神社
『蝉 降る』二〇〇四年、土曜美術社出版販売
『青く もっと青く』二〇〇七年、青樹社
『眠れぬ夜のあなたに』二〇〇七年、文芸社
『バッタに会う日』二〇〇九年、日本文学館
『ぐらべりま』二〇〇九年、日本文学館
『声のかたち』二〇一一年、美研インターナショナル
『合図』二〇一二年、美研インターナショナル
『朗読詩集 夜明けのサヨナラ(DVD)』二〇一三年、美研インターナショナル
『点字詩集—指先から広がる想像の翼』二〇一四年、美研インターナショナル
二〇一三年、エチエンヌ・ドゥ・コーザン・ギャラリーにて個展、また二〇一五年にはキャラリー・モナリザ(いずれもフランス、パリ)で本詩集の出版記念展を開催。

作者さんは、かなり昔から執筆されていて

紙書籍本もコンスタントに出版されているんですね…

電子書籍の出版のためにパリで出版記念展ってスゴスギじゃないですか…?

 

もし私が同じ事をしたら借金地獄で首を吊るレベルです…

 

やはり…作家さんはこのくらいスケールがでっかい方が

いいのかなあ…?

 

未来から来た虫の目的は…? 

黒い小さな虫: ショート・ショート 120円で読めるストーリー (文庫)

黒い小さな虫: ショート・ショート 120円で読めるストーリー (文庫)

 

内容紹介
ある男の鼻から、黒い小さな虫が出て来た。その途端その男は無気力状態になった。
この人を無気力にする虫は、500年後の未来が関係あるらしいのだ。
未来から送り込まれた虫の目的は何なのか?
ストーリーと共にこの虫が人類存続に大きな意味を持つようになる。
人類に待ち構えているのは、繁栄か?破滅か?

内容紹介は短いですけど

なかなか面白そうですね!!

虫が来た理由ってなんなんでしょうね…? 

 

地方における問題をコメディタッチで描く

二億円のドーナツ

二億円のドーナツ

 

内容紹介
北埼玉から東京へ通勤する高橋は、駅隣接の自宅を二億円で売却する話を持ちかけられる。売却に乗り気な妻、反対する地元商店街の会長、自然保護団体。不敵な不動産業者、自治体をも巻き込む大掛かりな論争に発展。そこに自分の遺品を探して欲しいと地元の名士の分身が現れ、事態はより複雑に。地方の発展とは? 家族にとって幸せな場所とは? 深刻さを増す地方の問題をコメディタッチで描く。

タイトルに惹かれて紹介してみました…

題材としてもちょっと独自な感じですね…

 

地方それぞれで他の地域の方々にはわからないような

深い闇があったりするので、そういったものを

掘り出してみると、良いアイデアが生まれるのかも知れません…

 

みんなと同じ本を読んではいけない!

戦略読書 無料お試し版

戦略読書 無料お試し版

 

内容紹介
『戦略読書』の無料お試し版。
口絵、はじめに、序章、付録のブックガイドの、
約100ページを読むことができます。
ブックガイドは、紙の書籍ではモノクロ印刷ですが、
電子書籍の特典として、435冊の書影すべてをカラーで掲載! 

読書をするにも、ただ漠然と読むだけでなく

戦略をもって読んでいく…というのが

この書籍のテーマのようです…

 

紙書籍も販売されているようですが

電子書籍版は435冊の書影全てをカラー掲載

しているそうです…

 

まとめ…年の瀬だからこそ読書のチャンス!!

既にもう仕事納めをされた方も多いと思います…

この年末年始の休みはどこにもいかず家でゆっくり…

と言う方にはぜひぜひ読書をしてみることをオススメします!!

 

なお、無料キャンペーンはいつまでやっているのかは

こちらではわかりかねますので

気になった書籍があれば「即ポチ」しましょう!!!

 

以上です… 

 

上記の電子書籍はKindle、Fire端末その他で読むことができます!! 

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi