読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

この世からカバー曲なんて無くなっちまえばいいんだ!!

音楽 個人的に思うこと

スポンサーリンク

目次

 

カバー曲に意義があるのかどうかを考えていきたい!  

f:id:marukudo:20160527173118j:plain

チャオ!オレはまるく堂!

いきなり記事タイトルで挑発して申し訳ない。

え?オレを叩きたくてウズウズしてる?

気持ちはわかるが、とりあえず落ち着いて話を聞いて欲しい。

実はこう思ったのにはちょっとしたワケがあるんだ!

 

つい先日、

とあるデパートの催し物に行ってきたんだ。

まあ、いろいろと安く売ってるセールみたいなヤツだな。

 

そうした特設のイベントでは、お店のオッちゃんが自前のCDプレーヤーで、

デパートで流れている音楽とは別に、独自でBGMを流してたりする。

 

そのスピーカーから、ちょっと懐かしのJ-POPが流れてきたんだ!

オレの青春時代ドンピシャの90年代を代表するヒットソング、

JUDY AND MARYの「そばかす」だ!  

そばかす

そばかす

  • JUDY AND MARY
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

何年ぶりに聞いただろう、こんなイントロだったっけか?

かなり久しぶりだから忘れちゃってるなあ…なんて思ってると

伴奏が終わり、歌が始まったんだ!!

 

♪大キライだったそばかすをちょっと~

(中略)

想い出は~い~つもキレイだけどおおおお~

……

……

……

あ…

f:id:marukudo:20160527092005j:plain

ありのまま
今 起こった事を話すぜ!

『おれはジュディマリを聴いているはずなのに

YUKIが歌っていなかったんだ!』

な…何を言っているのかわからねーと思うが
おれも何を聴いたのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…
スピーカーの不調とか故障だとか
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

 

まあ…簡単に言うと、

ニセモノだ!!

ニセモノが歌っていたんだ!!

 

そのニセモノの娘っこも一生懸命に歌ってはいるが

若さゆえか、オリジナルのジュディマリには到底叶わない歌唱力…

ああ、オレは心底ガッカリしたね…

 

そうこうしている内に次の曲が流れてきたんだ…

 

♪残~酷な天使のよう~に少~年よ神話にな~れ~

 

こ、これは

「残酷な天使のテーゼ」! 

残酷な天使のテーゼ

残酷な天使のテーゼ

  • 高橋洋子
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のテーマ曲だ!

エヴァはオレの心のバイブル!何度見たかわからない。

 

この曲も自然に歌詞を口ずさむくらいに聞き込んだ。

オレの心の歌と言っても過言ではないくらい、大好きな曲さ!

 

イントロが始まる…

そして…すぐに違和感を覚える…

この曲はしょっぱなからボーカルから始まるからな…

 

そして確信した…

さっきの娘だああああああああああ!!!!

 

ま…

またかよ!!!

 

ああ、わかる、わかるよ、仕事だもんな…

一生懸命歌ってるのはわかるよ…

でも…でもよ、言いにくいんだけど…

やっぱりご本人とは雲泥の差なのよおおおおおお!!!

オレは高橋洋子さんの歌が聴きたいんだああああああ!!!

 

間髪入れず、今度はドリカムの「未来予想図II」が流れたんだ、

ドリカムはあまり聴かないけど

この曲はテレビでもよく流れてたし、割と好きな曲だった…

 

でも、懸念があった、

また、さっきの娘っこが歌うのか…?

なんて思ってたら、今回は違った、

男の声だ…orz

 

この声は知ってる…

つるの剛士だ…

 

というか…

オリジナル流せやああああああああ!!!!!

 

なんだよ!そのCDプレーヤー!!

カバー曲しか入ってないじゃん!!!

オッちゃんの好みなのか!?

 

その後も出る曲出る曲カバー曲だらけ…

妙に本物を聴きたくなるフラストレーションがたまり、

その時オレは、本気でこう思ったんだ…

〈この世からカバー曲なんて

無くなってしまえばいいんだあああ!!〉

と…

 

オレがカバー曲を苦手な理由とは!

 

1. オリジナル版に親しみがありすぎるから

 

10年くらい前、「人志松本のすべらない話」の、宮川大輔が語った話で

「アニメ曲全集」のカセットテープを父親から

買ってもらったエピソードというのがある。

 

彼はささきいさおの歌う「宇宙戦艦ヤマト」の主題歌が大好きだったので

カセットテープにはもちろん彼の声で収録されていると思っていた。

しかし、フタを開ければ

どこの誰だか全然知らない人が歌っていたのだ!

それでショックを受けたらしい。

 

これはオレも幼い頃に経験がある、オレの場合は「仮面ライダー大全集」だった。

親しみなれた主題歌を、

まさか全曲違う人が歌っているとは!!

このショックはデカい、相当デカい!

 

なんか本物よりも張り切り具合がハンパなくて、

妙にプロぶって、オリジナル版に忠実じゃ無い、中途半端にクセのある歌い方、

なにより全然似てない声質!

 

オレがカバー曲でトラウマを起こすには充分な破壊力だ。

 

2. オリジナルを超えたカバー曲を聴いたことがない

 

これは賛否両論あるだろう…

私は聴いた事あるぞ!!という人もいるかも知れない。

しかしオレはいないのだ!!

 

例えば、

オレの好きな曲の一つに「secret base~君がくれたもの~」という歌がある。

最近ではアニメの主題歌として、サイレントサイレンというバンドが歌っているので

知ってる方も多いだろう。

 

たぶん、最初にサイレントサイレンの曲を聴いて感動した人達は

それがベースとなるのでいいのだが、

オレはZONEが歌うバージョンがデフォなのだ!

 

なので、例え、ボーカルの子の素行が悪くて事務所解雇されちゃったとしても、

比べてしまうと声の伸び、張り、歌唱力に至るまで

ZONEに軍配が上がってしまうのだ。

 

3. みんなが知ってる曲歌えば注目されるでしょ!的思考の見え隠れ

 

過去のヒット曲をカバーすることは、それだけで一つの特権である。

それは間違いない。

 

しかし、それにあぐらをかいているのか、

ナント印象に残らないカバー曲の多い事か!!

 

ミュージシャン達は語る、 

「過去のヒット曲に新しい風を吹かせたい」だとか

「〇〇(←ミュージシャンの名前)meets 〇〇(←ヒット曲の名前)」とか

そうしたコンセプトが添えられるものの

その後、語り継がれるほどの作品は皆無である…

 

そもそも、これまで親しまれてきたヒット曲には

従来のファン達のモノスゴイ愛の嵐が

吹きまくってるのだ!!

 

そんなちょっとした微風など何の効果もないのである!

懐古厨と笑うなら笑えばいい、それでも新しい風を吹かせたいなら

オリジナル曲で勝負しなさい!!

 

カバー曲を歌うなら、リスクを恐れず、もっと貪欲に、もっと攻撃的に挑戦して、

リスナーの度肝を抜かすような作品に作り上げるべきなのだ!!

 

↓というわけで、オレは最近、カバー曲はコイツラしか認めていない!!

 

と、デパートでふとこんな事を思いながら

オレは何も買わずに帰っていった…

(↑何しに行ったんだよ…) 

 

まとめ…それでもカバー曲はなくならない…

 

ハイ!いかがでしたでしょうか?

今回はちょっと文体と口調を変えて

少し挑発的に投稿してみました…

 

ブログでは断定文を多用した方が説得力が上がるということで

ちょっと試してみた感じです…

 

カバー曲は「太鼓の達人」等、音楽ゲームには欠かせなかったり

他にも、版権等のからむ仕事でオリジナル曲は使えないという時も

重宝されてるようです…

 

なので本気でカバー曲を撲滅させようとは思ってません…

個人的にちょっと苦手ってだけです…

なので、もしもマジブチギレした方がいたらスミマセン…

 

以上です…

 

本日見つけた無料キャンペーン中のKindle書籍です…(終了してる場合もございます) 

世界でいちばん優しい音楽(1) (Kissコミックス)

世界でいちばん優しい音楽(1) (Kissコミックス)