まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

休刊に追いやられたデアゴスティーニ系の「週刊〇〇」…


スポンサーリンク

2018年4月7日更新

目次(文字数:4000字前後)

デアゴスティーニ系の雑誌って休刊になったりするのかな?

f:id:marukudo:20170501054254j:plain

テレビでは「デアゴスティーニ」のCMが

バンバン流れてるのを見かけますよね…?

 

CMの「デアゴスティーニ~!」の特徴あるフレーズは

誰しもが一度は聞いたことがあると思います。

 

デアゴスティーニとは?

デアゴスティーニとは一つのテーマに沿って

ある期間中に数十、多い時は100号以上に分けて雑誌を出版する

俗に言う「分冊百科」、「パートワーク」と呼ばれるジャンルを

専門として取り扱っているイタリアの出版社です。

現在は世界約30カ国で展開しており、日本もその一つとなっています。

 

創設者は地理学者でもある、

「ジョバンニ・デ・アゴスティーニ」(1863-1941)

f:id:marukudo:20180407083307j:plain

1901年に学校用の世界地図を販売していましたが、

転機は1959年販売された地理辞典「イル・ミリオーネ」でした。

 

いきなり分厚い辞典だと心が折れそうな読者を考慮し、

少量ページで小分けにして販売したところ、

そのアイデアが大ヒットして現在の販売方式がスタートしました。

 

特徴はナント言っても魅力的な付録!

特徴的なのは、それぞれの雑誌に付録が付いている事で

一般的なのはDVDだったり、フィギュア系だったりしますが…

最近では最後まで完成させると

歌ったり踊ったり、お話までできる

ロボットの「Robi」が作れる事でも話題になってました…

deagostini.jp 

デアゴスティーニの上手なところは

創刊号が通常の半額くらいの価格なんですよね…!!

それが品物の割に安く感じて

ちょっと興味が沸いてきちゃったり…

 

ただ、シリーズを揃えようとしちゃうと

それなりにお値段がかかります…

前述のRobiなんかも、完成させようとすると

トータルで15万円ほどしますし!!

1冊1冊が1000円前後だとあまり高く感じないのが

巧妙というか…スゴイです…

 

まさか…休刊とか…ないよね?

そこで…

ふと思った事なのですが…

こうした「分冊百科」のシリーズってたくさんありますけど…

中には途中で休刊しちゃったモノもあるんじゃないか?

と…

f:id:marukudo:20180323231650j:plain

本来は絶対あっちゃいけない事ですよね…

特に組み立て系のシリーズは

休刊の時点でもう組み立てられないですから…

 

こうして考えると、

「休刊の許されなさ加減」

通常の週刊誌よりも大きいと言えます…

言うなれば、一つの完成品を切り売りしてるようなものですよね ?

 

ちょっと調べてみたところ…

分冊百科系の雑誌はデアゴスティーニばかりではなく

いろいろとメーカーが存在するようですが…

やはり、いくつかは休刊になったモノもございました!!

 

というわけで、今回は

休刊になってしまった「週刊〇〇」を

少しですが紹介したいと思います…

 

週刊デル・プラド コレクション系

 

このデル・プラドというメーカーも

コレクター向けの分冊百科を出版している

いわばデアゴスティーニのライバル会社ですね…

本社はスペインにあるそうです…

 

日本ではデル・プラド・ジャパンが扶桑社と提携を結んで

いくつかシリーズを販売してましたが

2004年に約55億の負債を抱えて自己破産!!

 

その煽りを受けて、

以下のシリーズも途中休刊になったということです…

 

クラシック・カフェ

f:id:marukudo:20160220133737j:plain

CDが付いてくるタイプのようです…

完結予定が何号かはわかりませんが

せっかく集めようとした方々には残念な話ですね…

 

まあ、それでもクラシックならレンタルとかできますし

そこまで精神的なダメージはないかも…?

 

マイドリーム ドールハウス

f:id:marukudo:20160220133744j:plain

これは…組み立て系のヤツですね…

一番休刊したらいけないタイプじゃ

ないですかあああ!!

 

全125巻予定だったらしいのですが

その3分の1程でストップしてしまったとの事で

中途半端もいいとこです…

 

↓こちらの「まんだらけ」さんのサイトでは

後に発売予定だった部品が送られてきたという報告がありますね…

【まんだらけ トピックス】 本・まんが・コミック・TOY・同人誌の専門店

一応、対応はしていた…ってことでしょうか?

 

バトル・フィールド

f:id:marukudo:20160220133816j:plain

1号1号で戦車のフィギュアが付いてきてた様です…

シリーズではありますが、パーツ自体は1冊で完結してるので

まだあきらめがつきますよね…たぶん…

 

ザ・バウンティ 伝説のバウンティ号を作ろう!

f:id:marukudo:20160220133825j:plain

これも…

組み立てシリーズかいいいいいいい!!!!

完成させると、一つの帆船が出来上がるみたいですね…

 

これを始めようと思った方々が…

カワイソ過ぎるうううううう!!!

 

シンフォリーズ DVDコレクション

f:id:marukudo:20160220133834j:plain

子供用のDVDが付いてきたようですね

DVDだと、休刊になっても

まだ個人的に許せる感じがします…

 

そのDVDも続き物のドラマだったりしたらダメですけど…

 

世界の航空機 100年物語

f:id:marukudo:20160220133858j:plain

昔の飛行機のフィギュアが付属した様です…

完結まで何号の予定だったのかわかりませんが 

例えば100号だったとして

ガラスケースにズラリと100個が並んでるのは

見ていて圧巻でしょうね…

 

そう思って買った人もいると思うんだけどなあ…

 

世界のレーシングカー

f:id:marukudo:20160220133916j:plain

レーシングカー好きな人には

たまらないシリーズですね…

 

これも1冊に1つのフィギュアのスタイルですね…

精神的なショックを少しでも和らげたいなら

この一冊で完結するタイプの方がいいですね…

 

パーツがシリーズ通して続いているのは

休刊の恐れもありますし、完成までの道のりも長いので

かなり不安と不満がたまります…

 

アシェット・コレクションズ系

 

こちらはフランスの分冊百科事業だそうですが… 

3Dプリンターをつくろう!

f:id:marukudo:20160220133958j:plain

めっちゃ興味が沸くシリーズですね…

しかし…何と!!

たったの4号で休刊しちゃったみたいです!!!

nlab.itmedia.co.jp

これは買っちゃった人、たくさんいたと思います…

 

ただ、3Dプリンターに関しては

デアゴスティーニが「マイ3Dプリンター」というタイトルで

発売してますね…!!!

deagostini.jp

こちらは全55号で、無事に完結しているようです…

 

デアゴスティーニ系

 

日本では一人勝ちしているように思える

デアゴスティーニですが

休刊したモノもあるにはある様です…

 

20周年記念版「エヴァンゲリオン・クロニクル」

f:id:marukudo:20160220134007j:plain

 「エヴァ」シリーズの冊子は

これまでにもいくつか出版されてきた様ですが

今回の20周年記念版はわずか5号で休刊ということです…

 

うーん、コチラは何か「大人の事情」的なモノを感じますね…

 

こちらの冊子は、以前に発売されていた「新訂版」のデータを

流用している部分も多くあった様で、そちらを持っている方には、

わざわざ20周年記念版を購入するメリットが少なかった様ですね…

evacollector.com

 

デアゴスティーニに関しては

一度、ある一部の地域(特に静岡?)でテスト販売を始めてから

全国へ販売を展開していくようです…

 

全国展開する場合は、ほとんどの冊子が最終号まで続く様ですが、

テスト段階の時点では、残念ながら打ち切りとなるケースもある様です。

 

週刊「紫電改をつくる」

f:id:marukudo:20180407081629j:plain

テスト販売の段階で、わずか6号で休刊となってしまった様です。

「紫電改」は、戦闘機の中でもかなり人気があるみたいですが、

以前に「ゼロ戦」シリーズがヒットしていたので

二番煎じ感が否めなかったのかも知れません…

 

週刊「西洋時計をつくる」 

f:id:marukudo:20180407081914j:plain

こちらもテスト段階で打ち切りとなったケースで、5号で休刊しています。

以前に「和時計」シリーズが発売されていて、

似たシリーズが重なってしまい、お客さんから飽きられてしまった様です。

短期間で、同じようなコンセプトで発売することは鬼門なのかも知れません…

 

消息不明のシリーズ「隔週刊EGYPT」

↓こちらのブログの方は

テスト販売された「隔週刊EGYPT」というシリーズの休刊を危惧されてます。

考古学者の吉村作治さんが監修してた様ですが…

結果はどうだったんですかね?

55096962.at.webry.info

 

「タモリ倶楽部」でデアゴスティーニが特集されてました!

2018年4月6日に放映された「タモリ倶楽部」(深夜24:20~)で、

「潜入! DeAGOSTINIあの未完の大作を本日大公開!」

と題して、デアゴスティーニが特集されていました。

 

番組ではゲストのHISASHI(GLAY)さんが、

現在制作中であるという週刊バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン

デロリアン号を紹介していました。

 

とは言え…

現段階(50号まで製作)では、

まだまだシャーシくらいしか出来上がっていませんでしたが…

f:id:marukudo:20180407081152j:plain

これで50号って…(ちょっとドン引き…)

道のりはまだまだ長そうです。

全130号で完結予定だそうなので、

ぜひ続けていただきたいですね!

  

まとめ…始めたい人は「定期購読」がデフォらしい…

本屋でもデアゴスティーニ系の雑誌はよく見かけますよね?

特に創刊号なんかは平積みで目立つところに置かれたりします…

でも、最終号を見かけることは

まずありません…

 

そこまで続けない…という方が大半でしょうし

過去のシリーズを本屋さんでずっと所持してたって

ごく少数の人しか買わないのなら不良在庫にも

なりかねません…

 

なので…こうした分冊百科系を始める方は

「定期購読」が必須みたいです…

これだと毎月、自宅に送られてくるので

穴が空くという心配もいりません!!!

 

あとは…

根気と忍耐あるのみですね!!

(↑実はこれが一番大事…)

 

以上です…

 

旅行のお供にKindleを!最短当日お届け!