読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

失言って何でしてしまうんだろう…?

個人的に思うこと あるある

スポンサーリンク

失言…してしまった事ありますか…?

f:id:marukudo:20160305113424j:plain

つい先ほど、こんな記事を見つけました…

samuraigoal.doorblog.jp

連敗が続く「なでしこJAPAN」

昨日行われた中国戦でも1-2と惜敗してしまい

リオ五輪出場は、ほぼ絶望的となってしまいました…

 

そして現在…

敗戦直後の大儀見優季さん(FW)のコメントが

話題になっているようですね…

 

彼女の残したコメントは以下の通りです…

「最初からこの試合にすべて懸けるつもりだった。自分としては準備もしていたし、試合中も諦めなかった。

ただ、その気持ちがチームとしてうまく機能しなかった。全員がそういう気持ちを持っていなかった。 ベンチ、スタッフ、

見ている皆さんも含めて

この結果を出ていた選手だけのせいにするのは簡単。

そうじゃなくてこの原因をとらえて、次につなげていかないといけない」

この「見ている皆さんも含めて」の部分が

応援をしているファンの皆さんの事も責めているような

とらわれ方をされてしまい、不快に思った方もいたようです…

 

う~ん、ちょっと敗戦直後の悔しさのせいで

言葉選びに失敗しちゃった感じもしますね…

 

よく

「ファンの皆さんの応援のおかげで勝つことができました!」

というコメントは聞きますが

「ファンの皆さんの応援が足りなくて私達は負けちゃいました」

というのは聞いたことないです…

ただ、今回の大儀見さんのコメントでは

これに近い印象を受けた方が多かった様です…

 

スポーツ選手は、どんな時でも感情的にならずに

冷静なコメントを残す必要があるのだなあ…と

あらためて感じました…

 

というか…大儀見さん…

私…実は中国戦…見てませんでした…

「勝つ」という気持ちが足りませんでしたことを

ここにお詫び申し上げます…m(_ _;)m

 

失言で窮地に立たされる人は割といるらしい…

 

「口は災いの元」と言いますように

何気なく放ったちょっとした一言が

後々の運命を大きく変えることも珍しくはないようです…

 

そこで今回は失言でピンチになっちゃった有名人たちを

少しですが紹介したいと思います…

 

広瀬すず

news.livedoor.com

番組中に

「どうして、生まれてから大人になった時に照明さんになろうと思ったんだろう」

「なんで自分の人生を、女優さんの声を録ることにかけてるんだろう」

という見方によっては裏方さんを蔑視したように受け取れる発言を

されたことで炎上しちゃったようです…

 

その後に

「その情熱がスゴいと思います」的なフォローコメントがもう少し続けば

ここまでの批判は受けなかったかも知れませんが

まだ年齢も若いので仕方なかったのかも…?

 

三宅健(V6)

news.livedoor.com

「第65回NHK紅白歌合戦」で起きた出来事で

演歌歌手の伍代夏子さんとV6のコラボ演出ということで

意気込みを聞かれたV6の三宅健さんですが…

「踊らさせて頂く」と言うところを

「伍代さんの後ろで踊らされてる…」

と言い間違いをしてしまう痛恨のミスを侵してます…

 

その後、他メンバーからの猛ツッコミもあって

なんとか乗り切ったようですが…

 

田原俊彦

www.excite.co.jp

オッサン世代としてはこの方の失言が

かなり印象的でした、田原俊彦さん

「何事(結婚も出産も)も隠密にやりたかったけど、僕ぐらいビッグになってしまうとそうはいきません」

かつてはジャニーズの大スターであった彼も

この発言で批判を浴びてしまい、辛酸をなめる日々が続いたようです…

 

後々のコメントによりますと

この発言は意図的にその部分だけが切り取られて編集されてしまった…

という事でした…

冗談の一環だったのかも知れませんが、そこだけ切り取られると

ただの暴言にしか聞こえませんモンね…恐ろしい…

 

森喜朗元首相

biz-journal.jp

この森元首相も失言によって

いろいろなピンチを迎えてしまった方の一人です…

その一つがこの浅田真央選手へのコメントですね…

 

この方のコメントって、前後も読んで全体で解釈する必要があると思うのですが

ただ、話がちょっと長くて、そして意図しない部分で切り取られてしまい、

そこだけ取り上げられて騒がれる…という事が多い気がします…

 

コメント全体を読むとまるで話の意味が変わってたり

することもあるんですよね…

 

まあ、特にかばってるワケでもないのですが

政治家には、要点要点をピシッと話して

他の解釈を産むスキを与えないスキルも必要なんだなあ…と

 

森さんはそこらへんのガードがユルすぎな感が

個人的にあります…

 

吉田茂(よしだしげる)元首相

昭和毎日:吉田首相「バカヤロー」と暴言 - 毎日jp(毎日新聞)

 

これはもう60年以上も前になりますが

衆院予算委員会において

当時の吉田茂首相がある議員から質問された際、

激高して「バカヤロー」と言ってしまったことから

衆院が解散にまで追い込まれたという

俗に言う「バカヤロー解散」のきっかけを作った方です…

 

この、たった一言が政治の運命も変えちゃうとは恐ろしい…

 

ドナルド・トランプ

matome.naver.jp

今現在、日本でも名前を聞かない日はないと言ってもいいくらい

ノリに乗ってる失言王ではないでしょうか?

 

ちょっと調べただけでも…

「おい!そんな小汚い子供より、俺を先に助けろ!!金ならいくらでもやるぞ!!」

「あの顔を見てみろよ。だれがあんな顔の奴に投票するってんだ?」

「中国もメキシコも日本もアメリカから金を奪っている!」

「メキシコとの国境に万里の長城を作れ!」

と、わんさか出てきます…

 

あまり日本にたいしても友好的…とは

ちょっと言えない感じですが…

 

米大統領選…どうなっちゃうんでしょうね…?

 

まとめ…ちょっとした言葉一つなんだよね…

 

言葉って本当に不思議なモノで

ちょっとした言葉の微妙なニュアンスで

失言になったり名言になったりするんですよね…

 

失言はできるならしたくはありませんけど

ただ、たった一つだけ良いこともございます…

それは…

注目を浴びること

ですね…

 

ブロガーさんの中には、

逆に読者さんの感情を掻き立てるような暴言を

わざと書いてアクセス数を増やす方もいるようです…

罵詈雑言を受けてでも注目されたい!!

という方にはうってつけのやり方かも知れません…

 

ブログのアクセス数が伸び悩んでる方…

こうした炎上商法はいかがでしょうか?

(↑オイ…)

 

以上です…

 

本日見つけた無料キャンペーン中のKindle書籍です…(終了してる場合もございます)