読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

映画「遊星からの物体X」シリーズを観た…

映画・ドラマ

スポンサーリンク

古典的ホラーからのリメイク「遊星からの物体X」

 

最近、Huluでこんな映画を観ました…

www.hulu.jp

「遊星からの物体X(The Thing)」は1982年に製作された映画で、

「遊星よりの物体X(The Thing from Another World、1951年)」という

映画のリメイク版となります…

 

監督はジョン・カーペンター

f:id:marukudo:20160514055850j:plain

「ハロウィン」シリーズ他、多くの作品を手掛け、

「ホラー界の巨匠」とも呼ばれている監督さんです…

 

かなり有名な映画なので、名前だけは知っていたのですが

今までずっと観たことがなかったんですよね…

主役のカート・ラッセルさん、結構好きなのに…

 

それではあらすじの方を少し紹介させていただきます…

 

~あらすじ~

f:id:marukudo:20160514060151j:plain

南極の大雪原を、一匹のシベリアンハスキーが走っていた…

この犬を、二人の男が乗ったヘリコプターが執拗に追跡している。

男の一人はライフルを発砲し、この犬を仕留めようと躍起になっていた…

 

なんとか銃弾から逃れたまま、犬はあるアメリカ南極基地にたどり着く。

ヘリコプターを降りた二人は手榴弾を犬に投げようとするが

手元が狂い、一人はヘリコプターと共に爆発…

 

騒ぎを聞きつけたアメリカの隊員達は犬の元に集まってくる…

ノルウェー語らしき言葉を叫び、錯乱にも近い状態で男は発砲を繰り返すが

隊員の一人に当たってしまい、やむを得ずその場で射殺されてしまう…

 

基地の隊員達はこの二人の男達に何があったのかを

調査するためにノルウェー基地へ向かうのだが、

それが悪夢の始まりだった…

 

という感じです…

 

「物体X」がやっかい過ぎる…

 

この映画の見どころは

目に見えない恐怖といかに戦うか?

というところだと思います…

 

舞台は南極のアメリカ基地なのですが、

そこに、ある宇宙生物が紛れ込んでしまうんです…

 

その生物は…

人間や動物を殺した後、その殺したモノにそっくりそのまま擬態できる

という性質を持っています…

なので、さっきまで仲間だと思っていた同僚が

ちょっと目を離したスキに「それ」に変わっている恐れもあるのです…

 

隊員達がようやくそれに気付く頃には

宇宙生物による擬態が始まっていて、しかも一匹では無く

どんどん増殖していくんですね…

 

こんな生物が都市部にでも入って来たら

人類はそれこそ即座に征服されてしまうでしょう…

なので、なんとしてもこの生物は倒さなければなりません…

 

しかし、誰が味方で誰が敵なのか?

その判断もつかないまま、やがて隊員たちは

疑心暗鬼にとらわれて、仲間割れが始まってしまいます…

 

この絶望的状況の中、いかに立ち向かっていくかというのも

一つのテーマになっていると思います…

 

主役のカート・ラッセルさんは、80年代当時、

かなり人気を博していた俳優さんでかっこ良かったんですよね…

f:id:marukudo:20160514052027j:plain

今作では、ヘリコプター操縦士のマクレディを演じてます…

そんな彼が、いかにして状況を打破していくのか?

ぜひ映画を見ていただければと思います…

 

宇宙生物がめっちゃグロイので注意!

 

80年代と言えばCGもそんなに発達してませんし

特撮技術も現在と比べれば安っぽいと思う方も多いと思いますが…

この映画に関して言えば、

宇宙生物のデザインがかなりグロいです!!

造形も粘液的な表現がリアルで、その動きもかなり気持ち悪いし、

特定の形もないので、様々なパターンに変形するのも特徴です…

 

当時の技術を考えても、コレどうやって作ったの?

と思えるほど迫力がありますね…

 

そもそもがホラーなので、耐性のない方には

ちょっとキツイかも知れません…

 

30年ぶりに作られたという続編も観てみた…

 

「遊星からの物体X」 は個人的にはスゴく楽しめたので

同じくHuluで配信されているコチラも観てみました… 

www.hulu.jp

「ファーストコンタクト」は続編ではあるのですが

時系列的には「前日譚」の扱いとなっています…

つまりは前作の「遊星からの物体X」で起きた事件の発端は何だったのか?

という事に焦点があてられています…

 

前作では、さほど描かれていなかったノルウェー基地での事件…

今作では、その真相が30年越しに明らかになります…

 

こちらは2011年に公開されているので

最新CGを駆使して、よりリアルでおどろおどろしい

宇宙生物たちを楽しむ事ができます…

 

f:id:marukudo:20160514054419j:plain

主人公の古生物学者ケイトを演じるのは

メアリー・エリザベス・ウィンステッドさん

「ダイ・ハード4.0」等にも出演してた女優さんですね…

この方も凜々しくてカッコイイですよ!

 

伏線回収がスゴい!

 

基本的には二作の内、どちらから観ても

ストーリー的には楽しめると思います…

しかし、個人的には前作から観ることを断然オススメいたします!

 

というのも、続編「ファーストコンタクト」の

伏線回収がかなり細かいんですよ!

 

続編なので当たり前と言えば当たり前なのですが…

あ、あれはそういうことだったのね!!

と、前作のファンの方をニヤリとさせる場面が結構多くて、

そういう点でも楽しめると思います…

 

例えば、前作では大きな氷のお風呂みたいなのが

出てきたのですが、それは一体どうして存在してるのか?

と言ったことがわかるんです…

 

細かいギミックにいたるまで関連させているので

すごくこだわって作られたのがわかりますよ!!

 

まとめ…ホラーとサスペンスが絶妙にマッチした名作!

 

今回シリーズ二作を観てみましたけど

個人的には、前作の方が面白かった気がします…

 

前作の方はエイリアンとのバトルもそうですが

誰が「それ」なのか?

と、いうサスペンス要素との兼ね合いも絶妙で

終始ドキドキしながら観てました…

 

ジョン・カーペンターという監督は

「恐怖」を知り尽くしてるのかも知れません…

 

かと言って「ファーストコンタクト」がつまらないかと言うと

決してそんな事はありません!!

これはこれでとても楽しめました!!

 

主人公のケイトが非常に賢くて、

宇宙生物との心理戦なんかも見応えがありましたし、

「エイリアンの見分け方」も前作よりもひとひねりしてたりと

非常に丁寧に作られてるように感じました…

 

なので観るならば両方をオススメいたします!!

あ、ホラー耐性がある方に限りますけど…

 

以上です…

 

本日見つけた無料キャンペーン中のKindle書籍です…(終了してる場合もございます) 

奇想短編集 そののちの世界6 段ボール箱の中の人形

奇想短編集 そののちの世界6 段ボール箱の中の人形