まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

フランスがあの食品を禁止にしている理由…


スポンサーリンク

目次

 

ナント!!フランスではこんなモノを禁止にしていた!! 

f:id:marukudo:20160602171920j:plain

 

↓こちらの記事を見ていたのですが…

いろんな国のおかしな禁止令

www.ebaumsworld.com

その中で一つ、ものスゴく気になったのがコレです…

f:id:marukudo:20160601235128j:plain

フランスでは2011年に、フランス料理を保護する目的で、

学校の食堂でケチャップを使用することが禁じられた…

しかし、フライドポテトに限っては使用が許可されている…

 

ナント!!フランスの学食(学生食堂)では

「ケチャップ」が禁止されてるそうなんです!!

フライドポテトだけはOKみたいですが…

 

記事を読むに…

フランスではコレが法令になってる…って事らしいです…

 

フランス政府が国民に

「ケチャップ使ってんじゃねーよ!!!」

f:id:marukudo:20160602172836j:plain

と、「マジ顔」で怒ってる様は

妙にシュールで笑えてきたりもしますが…

 

そもそも…

ケチャップを禁止することが

なぜフランス料理の保護につながるのでしょうか?

 

もしも…このルールを破ったらどうなるの?

 

この記事を読んで真っ先に思った疑問がコレでしたね…

もし私がフランスで、

フライドポテト以外でケチャップを付けて食べちゃったら

一体どうなるのでしょうか?

 

ひょっとして…

いや…

まさか…そんな…

た、逮捕ですか!!!???

f:id:marukudo:20160602173420j:plain

たぶん…

「ケチャップ所持&隠食罪」でムショ行きなんですかね?

(↑どんな罪状だよ!)

 

きっと私の逮捕時にも、マスコミがこぞって

「白昼堂々、ケチャップ魔現る!!」とか

「ケチャップをむさぼり喰らう恥知らず!」とか

煽りに煽って、一斉に私を叩いたりするのでしょう…

 

しまいには、全く会ったこともない友人を名乗る人物が

f:id:marukudo:20160602173618j:plain

「あいつはねえ…

いつかケチャップを喰うと思ってましたよ!」

なんてインタビューを受けてたりも…?

 

ナント恐るべし!ケチャップうううう!!!!!

(↑妄想し過ぎ…)

 

実際にフランス人に聞いてみた…

 

幸い、私は二年ほどメル友みたいな感じのフランスの方がいるので

直接彼に聞いてみました!!!

 

以下は、彼からの返事を翻訳したモノです…

 

ケチャップについての質問だけど、それはホントさ!

議会が2011年、学校の食堂からケチャップを根絶するために法案を通したんだ。

でもそれは学校の子供達だけの話だからね!!

というのも、子供達はケチャップがあるとどんな食事にでもかけちゃうんだ。

そして、その食材の本当の味を楽しむ味覚を失い、ケチャップ味しか受け付けなくなる。それを防ぐために僕はいい法案だと思うよ!

これはジャンク・フードに対する戦いであると言ってもいい。

大学では、親が生徒に給食を配給させるかどうかを選べるんだ。

もしも給食を頼めばケチャップは付いてこない。

そして君もケチャップは学校に持って来ちゃイケないよ!

生徒達は親の目を盗んで何にでも付けて食べちゃうからね!

~ここまで~

 

どうやら…

マジでした…

 

でも、大人である私は逮捕はされないみたいです…

それはホッとしました…

 

まとめ…理由は子供達の舌を守るためだった!!

 

ハイ!いかがでしたでしょうか?

なるほど!!子供達の味覚を守る、というのが理由だったようです…

 

日本でも似たような事、ありますね…

特に「マヨラー」と呼ばれる何にでもマヨネーズをかけちゃう方々もいますし…

 

調味料は本来、素材の味をより引き立てる名脇役なのだと思いますが

あまりにも頻繁にかけ過ぎて主役に抜擢されちゃうと、

大根役者に成り下がってしまうのかも知れません…

 

そう考えると、

お醤油なんかもきっとかけ過ぎない方がいいのかも?

私、濃い口なので、ついつい多めにかけちゃうこともあるので

これから注意していきたいと思います…

 

以上です…

 

本日見つけた無料キャンペーン中のKindle書籍です…(終了してる場合もございます)