読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

普通の家には置いてなさそうな15台の珍しいテーブル


スポンサーリンク

そんじょそこらのテーブルじゃ物足りないアナタに!!

 

こんな記事を見つけました…

超クールなテーブル!!

www.oddee.com

www.oddee.com

「自分の生活スタイル」にこだわりがあればあるほど、

人とは違ったモノを持ちたくなりますよね?

 

特に家具においては、長期間使うモノですから、

自分の好みを反映して購入されることも多いかと思います…

 

今回は、そうしたインテリアにご興味のある方に向けて

上記サイトより

世にも変わったテーブル15台

紹介したいと思います…

 

なお、画像は全て上記サイトより参照しております…

 

それではまいります…

 

絶対に人とカブらない!!奇想天外なテーブル!!

 

自然に囲まれて…

f:id:marukudo:20160608230020j:plain

草生えるううううううwwwwww

と、笑っちゃうほど、ホント…草、生えてますね…

 

これを作られた方は自然への憧れが強いのかも?

もしも田舎だったら、こんなテーブルいらないと思いますし、

都会に住んでる方が好みそう…

 

食器とワイングラスが置かれてて普通に食事もできるようですね!

なかなか面白いアイデアだと思いますが…

衛生面だけがちょっと心配です…

 

ポストイット型

f:id:marukudo:20160608230041j:plain

私もかなりお世話になってるポストイット、

メモ代わりにしたり、しおりとして使ったり、

とにかく便利ですよね!!!

 

そんなポストイット好きな方にはたまらない一品です!

ちょっとめくれてる感じも素敵ですよね!

 

アレ?ひょっとして…

本当に紙でできてる?

まさか…ですよね…?

 

それはそれで面白いですけど、

もしも本当にポストイットそのもので作られてたら…

最後、車輪だけになっちゃいますね…

 

曲線美の追求

f:id:marukudo:20160608230055j:plain

これまで、テーブルと言えば、直線のカクカクしたモノが大半でしたが、

こんなにも丸みを帯びたモノも作られてるんですね!!

 

曲線があると、見る人にも安らぎを感じさせます…

 

不思議系

f:id:marukudo:20160608230105j:plain

こちらも面白い曲線を使ったテーブルですね…

硬い材質のもので、ここまで柔らかさを感じさせるのは

スゴいです!!

 

テーブルとしてはどうやって使うか

ちょっと迷いそう…

 

拡張型 

f:id:marukudo:20160608225925j:plain

 

コレ!感動です!

特にテーブルが広がる様子がスゴスギです!!

まるで何のスキマもないくらい、

パーツの一つ一つがピッタリとくっついてます…

こんなに複雑なのに、きっと0.1ミリの誤差もなく、

もの凄く精密に作られてるんでしょうね!!

 

匠の技を感じます…

 

テーブルの機能としても、少人数でも大人数でも

対応できちゃうのは素晴らしい!!

 

木の根っこ?

f:id:marukudo:20160608230144j:plain

木の根を模した感じのテーブルですが…

上手くバランスを取れるモンなんですね…

意外と安定してます…

 

でも、コーヒーを置いたらすぐ傾いたりしませんかね?

ちょっと疑心暗鬼…

 

シーソー?

f:id:marukudo:20160608230200j:plain

テーブル自体は特に珍しくもないですが…

彼らが座っているイスに注目です!!

 

なんか…

シーソーみたいになってませんか?

これ、上手く二人の呼吸を合わせて

同時に座らないと、食器やらグラスやらを

派手にひっくり返しかねません…

 

1回くらいならいいけど、

毎日は使いたくないなあ…ストレスたまりそう…

 

ホラー系 

f:id:marukudo:20160608230216j:plain

妙におどろおどろしい形のテーブルですが、

感心するのは、血(?)のしたたる部分がちょうど

テーブルの脚だということですね…

 

スゴいアイデアです!!

 

問題は…

誰がコレを欲しがるのか?

ってトコです…

 

インセプション系

f:id:marukudo:20160608230236j:plain

レオナルド・ディカプリオ主演の「インセプション」という

映画でこんな風に街がひっくり返るシーンがあったなあ…

なんて思い出しました…

 

実際に使うところを想像してみましたが、

ビルの先端が太ももあたりを刺しそう…

 

足?

f:id:marukudo:20160608230254j:plain

足です…紛れもなく…テーブルの足ですが…

コンセプトがわからない…

 

もしも友人宅でこのテーブルを発見したら

ローキックでこのテーブルの足を折ってやりたい

衝動に駆られそう…

 

力士?

f:id:marukudo:20160608200423j:plain

これは海外の人の方が喜びそうな形ですね… 

 

あ、ひょっとしたら上の足だけのテーブルが進化し、

さらには私のローキックにも耐え抜いて、

晴れて力士へとパワーアップしたのかも知れません!!

(↑ねーよ…)

 

なぜ作った?

f:id:marukudo:20160608230306j:plain

骸骨です…どこからどうみても骸骨です…

 

ハッ!

ひょ、ひょっとして…

上の力士のテーブルが長い年月が経ったことで…

なんとも変わり果てたお姿に!!

(↑何でもつなげてんじゃねーよ…)

 

でも、このテーブル使うのヤダなあ…

コーヒー飲んでてもガラス越しに

ドクロと目が合いそう…

 

移動は便利かも?

f:id:marukudo:20160608230540j:plain

車輪を4つくっつけることで

非常に安定した感じで、移動も楽そうです…

 

なんならそのまま外に出てサイクリングもできるかも!?

あ、マジでちょっとやってみたい…

 

狂気を感じる…

f:id:marukudo:20160608230327j:plain

何だろう…

かなりサイコ的な執念を感じる…

絶対近づいちゃイケない、ヤバイヤツです、コレ…

 

そもそもフォークがむき出しで使われてる時点で

ケガしちゃいそうですね…

 

幻想的! 

f:id:marukudo:20160608225958j:plain

自分の手の触れたところがパッと光るのは面白いです!

もうちょっと進化させて、バーのカウンターテーブルが

テレビ画面だったらもっと面白いかも?

 

手が触れた部分に小鳥がやってくるとか、淡水魚がやってくるとか

いろいろと楽しめそう…

 

まとめ…テーブル一つにも様々なアイデアがあるね!!

 

かなり個性的なテーブルが目白押しでしたね!!

個人的には円形の拡張できるテーブルが素晴らしいと思いました…

 

仕掛けも複雑だし、ちょっとでもサイズが合わないとスキマが出来ちゃうし

あんなに切れ目が見えないくらいにピタリとくっつくのは

職人技以外の何物でも無いですね!!

 

ただ、自分の家に置いてあったら

ジャマなだけではあるんですけどね…

 

家具も奥深いです…

 

以上です…

 

本日見つけた無料キャンペーン中のKindle書籍です…(終了してる場合もございます) 

壁色のパステル

壁色のパステル