読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

Amazonが発表したKindle「Page Flip」機能でページ移動がもっと楽になる?


スポンサーリンク

目次

操作性が劇的に改善される?注目の「Page Flip」!!

f:id:marukudo:20160701090142j:plain

海外記事ですが、こんなのを見つけました…

Kindle端末、アプリ、Fireシリーズに「Page Flip」機能が追加

blog.the-ebook-reader.com

Amazonは現地時間の6月28日、

Kindle端末、Kindleアプリ、Fire端末において、

新しい機能「Page Flip」を追加することを発表いたしました!!

海外の方では既に対応している端末もあるようです。

 

これは簡単に言いますと、

読みたいページに即座に移動することができる機能

なんですね…

 

そのコンセプトが簡単に理解できる動画がありましたので

まずはそちらをご覧頂いた方が早いかも知れません…

「Page Flip」機能紹介 

いかがでしょうか?

少年とその祖母とみられる女性の方が、紙書籍とタブレット端末で読書しています。

少年の方はパラパラと紙書籍のページをめくり、

読みたいページにすぐにたどり着きます。

 

しかし負けじと、女性は「Page Flip」の新しい機能を使って、

同じように好きなページへ!

むしろ、紙書籍よりも見つけるのが早くて快適!とでも言うかのように

自慢げな表情ですね!!

 

こうしたプロモーションだと通常、少年の方がKindleを持っていて、

ご年輩の方に紙書籍を持たせがちですが、あえて逆にすることで、

どなたでも簡単に使いこなせますよ!!

というアピールを示しているんですね、上手いです!!

 

確かにタブレットの方も簡単な操作で流れる様にサクサクと反応してるし、

ページにたどり着くのも早い感じがしますね!

 

「Page Flip」機能はKindle端末でも有効!

f:id:marukudo:20160701055702g:plain

こちらは、Kindle端末での操作をイメージしたGIF画像ですね。

Kindle端末は正直なところ、「もたつき感」がありますので、

タブレットほどにはスムーズにはいかないかと思われますが、

それでも、ページ検索がこれまでよりも、グッと楽になるのは確実です。

 

もともと「Page Flip」機能自体はKindleに存在していたのですが…

f:id:marukudo:20160701061236p:plain

kindle paperwhite PageFlip機能が便利です。 | さぺログより

写真は旧Page Flipと呼ぶべきモノですが、

画面の下部をタップすると、上の様な画面が表われて

下部にあるバーをスワイプする形で、ページに飛ぶことができます。

 

ただ、自分がちょうど読みたいページに

ドンピシャで飛ぶのは少々難しかったんですよね…

 

今回新たに改良された部分としては、

サムネイル画像が複数表示されていること

一瞬で、今読んでたページに戻ることが出来ること

これが大きな違いになるかと思われます。

 

複数サムネイルは非常に助かりますね!

飛びたいページをとても見つけやすいですし!!

 

日本での対応はいつになるのか? 

ハイ、ここが問題なんですけど…

現時点ではわかりません。

 

もしかしたら日本でも、もう使えるのかな?と思って、

iPhoneのKindleアプリ、Fire端末、Paperwhiteと、

自分の持ってるモノをチェックしてみましたが、

まだ使えないみたいです…

 

便利な機能なので、一刻も早く対応して欲しいですよね!!

 

まとめ:個人的な勘では、あともう少しで来る?かも!?

ページジャンプ関連の機能は、ぶっちゃけ地味な感じではありますが、

操作性にも直結する非常に大事な部分なんですよね!!

 

特にPaperwhiteなど、電子インクを使っている端末は

表示速度や反応にもたつき感があるのが実情です。

 

なので、少しでもページ検索時間が短縮できる

この「Page Flip」機能は大いに期待したいところです!!

f:id:marukudo:20160701084959j:plain

と、

今は悟空を待ちわびるクリリンの様な気持ちで

続報を待ってる感じです…

 

以上です…

 

本日見つけた無料キャンペーン中のKindle書籍です…(終了してる場合もございます)

ダイビングの楽しさは、海の中のことだけとは限りません。
同じ趣味を共有するダイビング仲間との交流も、大きな楽しみのひとつです。

海外のダイビングサイトに出かけた際は、
せっかくであれば、日本人以外のダイバーとも交流をしてみたいものです。

本書は、外国人ダイバーや現地のガイドと英語で話をする際に必要となる、
ダイビング中に見られる魚を中心とした「海の生き物の英語名」を、
名前の由来などを解説しながらご紹介しております。

 (内容紹介より一部抜粋)

 

ダイビングと海をこよなく愛する個人作家、海河童さんの電子書籍です!!

本日2016年7月1日から5日間、無料となっておりますので、

ぜひ、彼の世界観へ飛び込んでみて下さい!!!

 

究極の「快適読書」をお求めなら、Kindle Oasis一択です!

↑人間工学に基づいた持ちやすさ!端末本体は驚きの軽さ113g!

ページ送り、ページ戻しも片手でラクラク!!

バッテリー内蔵カバー付で、一回の充電で数ヶ月の長寿命!!

かつて無い読書体験が味わえます!!