まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

日本の作品がハリウッド映画化決定って聞くと、一抹の不安を感じませんか?


スポンサーリンク

目次

こんな作品もハリウッド実写化が決まっているらしい…

f:id:marukudo:20160714193304j:plain

日本の漫画やゲーム等で、ハリウッド映画化が決定するというのは

割と聞くニュースになってきました。

 

私も何度かはそんなニュースを聞いたりします。

興味のない作品だと「あっそ…」という感じで、

ほぼ無関心なのですが、好きな作品となると

「何だとおおお!!マジであの世界観を映像化できるのかあああ??

監督誰だ!マジで誰だ!!!堤〇彦じゃないよなああ!!??

俳優誰だああああ!!!トレーラーPVどこだあああ!!!」

と、自分の中でちょっとしたお祭り騒ぎになってしまいます…

 

で、実際にトレーラーをyoutubeで見たりすると…

f:id:marukudo:20160714165609j:plain

ちょっとしたお通夜状態になってしまいます…orz

まあ、あえて作品名は伏せさせて頂きますけど…

(↑見せてるじゃん…)

 

今回は、ハリウッド映画化決定という、おめでたい話題になりつつも

どこか不安な日本発の作品を紹介したいと思います!!

 

それではまいります…

 

「ポケモン」

www.gizmodo.jp

つい先日海外で配信されたアプリ「ポケモンGO」が

世界中で爆発的人気なのだそうです…

日本でも配信されたら、そこらへんをうろうろする不審者が続出しそうな気がします。

そして…私もその一人になりそう…

 

そんなポケモンですが、実写映画化の話もあるそうです。

やはり気になるのはサトシ役ですが、日本人はありえないだろうなあ…

偏見かも知れませんが、向こうのティーンはタトゥーがデフォみたいなとこありますから、そうなったらちょっと受け付けないなあ…

ピカチュウなんかはCGなんですかね?

 

「NARUTO」

nyaasokuvip.net

NARUTOも世界的に人気ですもんね。映画化の話があっても不思議じゃないですが、

パッと思い浮かぶ人がいないなあ…

誰がやっても失敗しそうな気がします…

 

「BLEACH」

shirouto.seesaa.net

このニュースはもう6年も前のモノなので、

さすがに中止なのだと思いますが…

海外ドラマの「ヒーローズ」でブレイクしたマシ・オカさんが

プロデューサーの様なのですが…果たして?

 

「銃夢」

www.newsweekjapan.jp

この漫画も、映画化の話が出ては消えていくイメージが強いです。

本格始動ということで、あと2,3年の内には

見られる日がくるのでしょうか? 

 

「TIGER&BUNNY」

www.oricon.co.jp

こちらも実写化の話があるんですね…

ヒーローモノの様なので、ハリウッドとは肌が合いそう。

 

「攻殻機動隊」

www.buzzfeed.com

主人公の草薙素子役がスカーレット・ヨハンソンということで

賛否両論あるようですが、こちらは撮影も着々と進んでいるようです。

 

「AKIRA」

news.aol.jp

これは本当に何回映画化の噂が流れてきたのかわかりません…

でも結局は一度もされてません。

もし監督がクリストファー・ノーラン監督ならば、

かなり骨太な感じに仕上げてきそうですが…

 

「レンタヒーロー」

www.gamespark.jp

こちらは昔のセガのゲームですね…

名前しか聞いたことがなかったので、映画化と聞いてもピンときません…

でも「バイオハザード」みたいにゲーム原作のモノが映画化して

大ヒットした例もありますので、頑張ってほしいですね!

 

「メタルギアソリッド」

www.cinematoday.jp

小島秀夫監督の代表作で、世界的にも人気のゲームが映画化とは!!

このゲーム自体、もはや映画みたいな感じもしますが、 

いつごろ見られるんでしょうか?

 

「東京喰種」、「ワンパンマン」、「ONE PIECE」

yusaani.com

もう何でもありだな、オイ!!

とにかく日本の漫画ならなんでも、映画化しそうな勢いですね…

でも、「ワンパンマン」だったら見たいかも…?

「ワンピース」は誰がルフィをやっても批判しかないと思います…

 

まとめ:結局…批判はしてても見ちゃうんだよね…

漫画でも小説でもゲームでも、日本発のモノが映画になる時は、

楽しみというよりも、どこか不安を感じる事も多いですよね?

これってどういう心境なんでしょうか?

自分でも上手く説明がつかないんです…

 

そもそも人気漫画や小説などはストーリー自体も長いですし、

その世界観を2時間やそこらの映画にそのまま詰め込む等は

不可能に近いんです。いや、不可能です…

 

なので映画製作においては、最初から「何かを省く」ことから始まるんですよね。

長年続いてるような人気漫画ならば、ストーリーも一部分になるでしょうし、

登場人物も重要キャラなのに出さない、という事もあるでしょう。

 

どうしても消去法で作らざるをえないので

お客さんを満足させるのも至難の業です…

 

ただ、そうは言っても…

ファンだからこそ見ちゃう!

ってのはありますね、

制作側もそれを見越しているのが、悔しいですけど…

 

上記で紹介した作品は果たして

満足のいくものに仕上がるのでしょうか?

 

以上です…

 

Amazonプライム会員だと無料でレンタルできる書籍です! 

レンタルにはKindleまたはFireシリーズの本体から直接操作する必要がございます。