読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

列に並んでる途中に整理券を受け取るのを忘れていた時はどうすればいいのか?

個人的に思うこと

スポンサーリンク

目次(文字数:2730文字前後)

 

もしも整理券を受け取り忘れていたら…?

友人から聞いた話なのですが、

ちょっと個人的に腑に落ちない話だったのでシェアさせて下さい…

 

ある病院の待合室にて…

f:id:marukudo:20160801070920j:plain

ちょっと大きな病院になると通常、受付あたりに整理券を配る機械がおいてありますよね?

診察を受ける人は、そのボタンを押して番号が書かれた紙を受け取り、順番通りに並びます。

 

友人が行った時は、健康診断か何かの用事だったそうです。

そして整理券を受け取り待っていました。(仮に番号を「37」とします。)

f:id:marukudo:20160801070901j:plain

しばらくすると、後ろの方に一人のオバチャンが並びました。その日は健康診断を受ける人がかなり多く、次々に人がやってきて、あっという間に10人くらい続きました。

 

友人は呼ばれるまで読書をしながら時間をつぶしていた様です。

すると、その後ろのオバチャンが

「あ!」

って言い出したんです…

f:id:marukudo:20160801070944j:plain

そして、ちょっとオロオロした様子で立ち上がり、後ろの人に聞こえるように、

「あら、私…

整理券番号を取るの忘れてたみたい…

すみませんけど、番号をズラしてもらえますか?」

 

と、言うが早いか…

後ろの人が持っていた「38」番の整理券番号を、

スッと引き抜いたんです。

 

その後ろの人は呆気にとられたものの…

自分の整理券番号がなくなっちゃったので後ろの人から受け取る形となり、

次々と整理券番号のバトンタッチが行われたんです!!

 

ただ、そのまま順調にいくかに思われたバトンタッチですが…

ある親子連れの方(老人とその娘っぽい?)が大きな声で、

「ハア?何で渡さないとダメなの?順番が遅れちゃうじゃない!!」

と超激怒…

f:id:marukudo:20160801071010j:plain

それでも渋々整理券番号を渡したようですが、

「自分が後ろに並べよ!」とか「何考えてるの?」とか、

オバチャンにも聞こえるようにブツブツと文句を言い続け、

それがあまりにも延々と続いたので、さすがにオバチャンの耳にも届き、かなり恐縮していたようです…

 

オバチャンはその病院の常連さんの様で、その後、知り合いの看護婦さんに

「私のせいで後ろの人にご迷惑をかけてしまってねえ…」等と言ってた様です…

その親子の文句はそれでも延々と続いていたため、

逆に彼らの方が白い目で見られていた…

 

という話です…

 

整理券番号を受け取るのを忘れた人は助けるべきなのか?

私はその話を聞いて、妙に納得できない何かがあったんですよね…

何でその親子が白い目で見られないといけなかったのか?

と…

 

まあ…その親子の方々も何かあったら

ずっとブツブツと文句を言い続け、引きずり執着するタイプなのでしょう…

私も個人的にはお付き合いしたくはないとは思います…

 

ただ、いくら性格が悪かったとしても、その人間性を露呈させてしまった原因は、

オバチャンが整理券番号を後ろの人から取ってしまった

事にあると思うんですよね…

 

自分だったらどうするかなあ…?

もしも私が列に並んでて、途中で整理券を受け取るのを忘れたとしたら、

機械の所で整理券番号を受け取り、再び列の後ろに並び直すと思うんですよ…

 

今まで並んでた時間は確かにもったいないですし悲しいですが、

自分のミスですから…

それでもなお、自分がいたところに居座ろうとは思わないなあ…

 

例えば、最後尾の人はたった今整理券を取ってきたばかりなのに、

再度、整理券を受け取りにいくハメになります…

その間に誰かがやってきたら順番もさらに後ろになり、

ちょっと優しい人なら、そのまま最後尾になっちゃう人もいると思うんですよね…

 

そう、オバチャンのした行為は、

自分が受けなければいけない煩わしさを、他人に尻ぬぐいさせてるのと一緒なんですよね。

とんだとばっちりなワケです…

 

個人的には、そのオバチャンが看護婦を通して

〈私も申し訳ないと思ってるんですよ…〉

というアピールをかもし出してるのが、ちょっと腹が立つんです。

だったら後ろに並び直しなさいよ…

と、私なら思っちゃいます…

 

というわけで…

その親子があまりに文句を言いすぎたために白い目で見られたみたいですけど、

私はその親子、全然悪くないと思うんですよね…

 

もしも整理券を譲れと頼まれちゃったら…?

ただ…もし自分が、

そのオバチャンに「整理券をズラして下さい」と言われたら、

自分だったらどうすればいいのか、ちょっとわからないんですよね…

 

理想的なのは、

「あなたに整理券を渡してしまうと、他の方々がどんどん整理券をズラす事になります。

一番後ろの人は、二回整理券を受け取りに行かなければなりません。

あなたの失敗を誰かが尻ぬぐいする形となりますけど、それでいいのですか?

すみませんけど、もう一度後ろにお並び下さい。」

と、ピシっと言える事だと思いますが…

 

今だから落ち着いて言える事であって、

その時、とっさに判断して上のような事は言えない自信があります。

たぶん、よく考えないで渡しちゃうと思います…

 

また、もしも頼んできたのが、

高齢のおじいちゃん、おばあちゃんなら上の様に断ると、

こっちが悪者になってしまうので、これも判断に困るところです…

 

一番イイのは、病院の方でちゃんと整理券を配布する係の人を用意して、
一人一人、来た順で渡してくれるのがベストなんですけどね。

それも人件費なので、経費削減という意味では仕方ないのかなあ…?

 

まとめ:お願いだから私には頼まないで…と願う…

「人は助け合って生きている」とよく言いますけど、

整理券を受け取るのを忘れた人も助けるべきなのかなあ?

 

友人から話を聞いてるウチにモヤモヤしてしまって

個人的によくわからなくなってしまったんですよね…

 

ひょっとしたら、私の方が単に冷酷なだけで

世間では整理券番号のバトンタッチも快く引き受けているのかなあ…?

と…

 

上の例にもありましたように、

もしも、再び後ろに並ばせるのが酷な感じのお年寄りの方に頼まれちゃったりしたら、仕方無い…って思いがちですよね…?

 

ただ、そうなると

おばちゃんはダメで、おばあちゃんならいいのか?

という「ダブルスタンダード」という状況も生まれちゃいます。

大げさですけど…

 

その人に整理券を渡して、自分が最後尾に並ぶという事もできそうですが、

私、そこまで聖人じゃないしなあ…

 

なので…

頼むから私には頼まないでくれええええ!!

と切に願います…

 

みなさんなら、こんな時どうしますか?

 

以上です…

 

本日見つけた無料キャンペーン中のKindle書籍です…(終了してる場合もございます) 

グレートサージョン?最高の外科医?第1巻 (BUYMA Books)

グレートサージョン?最高の外科医?第1巻 (BUYMA Books)