読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

芥川賞・直木賞受賞の電子書籍が40%ポイント還元!!9/1まで!!

書籍紹介 セール

スポンサーリンク

芥川賞・直木賞受賞作品がお安く読めちゃうチャンス!!

f:id:marukudo:20160831175234j:plain

こんばんは!まるく堂です!!

Amazonでは9月1日まで、

芥川賞・直木賞受賞の電子書籍を

40%ポイント還元しております!!

 

例えば、1500円のKindle本を購入した場合は、40%の600円分が

Amazonポイントとして返ってくるんです。

ポイントはそのまま1ポイント=1円で他のAmazon商品を購入の際に使えますので、

実質、お安く買えちゃう計算になるのです!!

 

↓こちらのリンクから全ての対象本を見ることができます!!

芥川賞・直木賞受賞作40%ポイント還元対象本リンク

 

今回はその中から、近年の受賞作品を紹介したいと思います。

 

「コンビニ人間」:村田沙耶香

コンビニ人間 (文春e-book)

コンビニ人間 (文春e-book)

 

内容紹介
第155回(2016年上半期)芥川賞受賞作

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は
「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。

現代の実存を問い、
正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。
内容(「BOOK」データベースより)
36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。

作者の村田沙耶香(むらた さやか)さんは、今現在もコンビニで働いている様です。

コンビニの店員が芥川賞作家なんて、彼女目当てにコンビニに向かう人も多くなるかも知れませんね。

 

「死んでいない者」:滝口悠生

死んでいない者 (文春e-book)

死んでいない者 (文春e-book)

 

内容紹介
第154回芥川賞受賞作!

秋のある日、大往生を遂げた男の通夜に親類たちが集った。
子ども、孫、ひ孫まで。
一人ひとりが死に思いをめぐらせ、あるいは不在の人を思い、
ゆるやかに互いを思う連帯の中で、それぞれの記憶と時間が広がってゆく。
20人あまりの生の断片から永遠の時間が立ち上がる一晩の記録。
内容(「BOOK」データベースより)
秋のある日、大往生を遂げた男の通夜に親類たちが集った。子ども、孫、ひ孫たち30人あまり。一人ひとりが死に思いをはせ、互いを思い、家族の記憶が広がっていく。生の断片が重なり合って永遠の時間が立ち上がる奇跡の一夜。第154回芥川賞受賞。

作者の滝口悠生さんは、早稲田大学中退後、食品会社に勤めながら小説を書き続け、昨年念願の芥川賞を受賞した苦労人の様です。

 

「スクラップ・アンド・ビルド」:羽田圭介

スクラップ・アンド・ビルド (文春e-book)

スクラップ・アンド・ビルド (文春e-book)

 

内容紹介
「早う死にたか」
毎日のようにぼやく祖父の願いをかなえてあげようと、
ともに暮らす孫の健斗は、ある計画を思いつく。

日々の筋トレ、転職活動。
肉体も生活も再構築中の青年の心の内は、衰えゆく生
の隣で次第に変化して……。
閉塞感の中に可笑しみ漂う、新しい家族小説の誕生!
内容(「BOOK」データベースより)
「早う死にたか」毎日のようにぼやく祖父の願いをかなえてあげようと、ともに暮らす孫の健斗は、ある計画を思いつく。日々の筋トレ、転職活動。肉体も生活も再構築中の青年の心は、衰えゆく生の隣で次第に変化して…。閉塞感の中に可笑しみ漂う、新しい家族小説の誕生!第153回芥川賞受賞作。

又吉直樹さんの「火花」の影に隠れてしまった感がありましたが、今年の12月にコチラの作品がドラマ化される様です。

 

「鍵のない夢を見る」:辻村深月

鍵のない夢を見る (文春文庫)

鍵のない夢を見る (文春文庫)

 

内容紹介
望むことは、罪ですか? 誰もが顔見知りの小さな町で盗みを繰り返す友達のお母さん、結婚をせっつく田舎体質にうんざりしている女の周囲で続くボヤ、出会い系サイトで知り合ったDV男との逃避行──。普通の町に生きるありふれた人々に、ふと魔が差す瞬間、転がり落ちる奈落を見事にとらえる五篇。現代の地方の閉塞感を背景に、五人の女がささやかな夢を叶える鍵を求めてもがく様を、時に突き放し、時にそっと寄り添い描き出す。著者の巧みな筆が光る傑作。第147回直木賞受賞作!
内容(「BOOK」データベースより)
どうして私にはこんな男しか寄ってこないのだろう?放火現場で再会したのは合コンで知り合った冴えない男。彼は私と再会するために火を?(「石蕗南地区の放火」)。夢ばかり追う恋人に心をすり減らす女性教師を待つ破滅(「芹葉大学の夢と殺人」)他、地方の町でささやかな夢を見る女たちの暗転を描き絶賛を浴びた直木賞受賞作。

これまで、メフィスト賞、吉川英治文学新人賞等、

数々の名だたる文学賞を受賞した山梨県出身の作家さんです。

ペンネーム「辻村 深月」の「辻」はミステリー作家の綾辻行人さんから

取られたのだそうです。

 

「つまをめとらば」:青山文平

つまをめとらば (文春e-book)

つまをめとらば (文春e-book)

 

内容紹介
第154回直木賞受賞作

女が映し出す男の無様、そして、真価――。
太平の世に行き場を失い、人生に惑う武家の男たち。
身ひとつで生きる女ならば、答えを知っていようか――。
時代小説の新旗手が贈る傑作武家小説集。
「ひともうらやむ」「つゆかせぎ」「乳付」「ひと夏」「逢対」「つまをめとらば」
男の心に巣食う弱さを包み込む、滋味あふれる物語、六篇を収録。
内容(「BOOK」データベースより)
太平の世に行き場を失い、人生に惑う武家の男たち。身ひとつで生きる女ならば、答えを知っていようか―。時代小説の新旗手が贈る傑作武家小説集。

青山さんは、1992年からライターとして活動していましたが、

1994年に作品を出版して依頼、実に20年近く創作活動を休止していました。

そして復帰後の2011年、松本清張賞を受賞。

そして2015年に直木賞を獲得したのです。

 

「火花」:又吉直樹

火花 (文春e-book)

火花 (文春e-book)

 

内容紹介
【第153回芥川賞受賞作】笑いとは何か、人間とは何かを描ききったデビュー小説

売れない芸人徳永は、師として仰ぐべき先輩神谷に出会った。そのお笑い哲学に心酔しつつ別の道を歩む徳永。二人の運命は。
内容(「BOOK」データベースより)
お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。

2015年は何と言っても、この人の年でしたね。又吉直樹さん。

お笑い芸人からの受賞というのは、話題的にはかなりのインパクトがあり、

240万部の大ヒットとなりました!

まだ読んでない方は、この機会に読んでみることをオススメします!!

 

まとめ:電子書籍はいろんなセールがあるので、ぜひ活用を!!

いかがでしたでしょうか?

芥川賞・直木賞を受賞した作品は、Kindle Unlimitedでも対象になっていないモノが多いので、

こうした機会に読んでみるのも良いかと思います。

 

ただし、このセールは9月1日までとなってますので、

ご購入はお早めにどうぞ!!!

 

以上です…

 

上記作品の電子書籍を読むには、Kindleリーダー、Fireタブレット、Kindleアプリ等が必要になります。 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック