まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

Kindle Unlimitedで読まれる1ページ単位のロイヤリティを調べた結果…


スポンサーリンク

目次(文字数:3000字前後)

ようやく「Kindle Unlimited」での1ページの印税がわかった!!

f:id:marukudo:20160916193220j:plain

こんばんは!まるく堂です!!

 

AmazonのKDP(Kindle Direct Publishing)で、

電子書籍を1冊でも出版されている方はご存じだと思いますが、

毎月15日を過ぎると、その前月分のロイヤリティの詳細が

エクセルデータとして閲覧することが出来る様になります。

 

レポートを見るには…?

f:id:marukudo:20160916174118j:plain

KDPの本棚画面を開いて、

1.「レポート」をクリック。

2.「月別のロイヤリティ」をクリック。

3.「KDP取引レポート」をクリックすると、その月のロイヤリティが見られます。

 

私も普段はそんなに見ることもないのですが、

先月の8月分のレポートはかなり気になってて、今か今かと待ちわびていたんですよ。

 

それは何故かと言いますと、

8月がAmazonの読み放題サービス

「Kindle Unlimited」の開始月だったからです!!

 

「Kindle Unlimited」では、

読まれたページ分だけロイヤリティ(印税)が支払われる

という仕組みになっています。

なので、読まれれば読まれる程、多くの金額を受け取れる、というワケです。

 

ただ、Amazonはあまりおおっぴらに自社のデータを公開しないことでも有名なので、

1ページ単位で、一体いくらの印税がつくのかわからなかったんですね…

 

それまで「Kindleオーナーライブラリー」というレンタル制度もあるにはあるのですが、

これはプライム会員じゃないと使えませんし、お一人様月一冊までという制限もあるので、

個人的な経験からしても、ほとんど利用される人も無く、あまりお目に掛かる機会はありませんでした…

 

なので、ページ単位のロイヤリティを調べるには

実際に自分のデータから推測するしかないだろう…

ということで、15日が過ぎるのを待ってたのです。

 

そして昨日、データを閲覧できるようになり、

ようやくロイヤリティが判明いたしました!!

 

それでは発表いたします…

ロイヤリティは…

1ページにつき約0.5円

ではないかと思われます。

 

これが実際に正しいかどうかはわかりませんし

人によっては、またはカテゴリー等でも、もしかしたら異なってくるのかも知れません。

ただ、あくまでも個人的な見解からはそういう結論にたどり着いた、ということです。

 

この0.5円という数字は、個人的に「思ったよりも良かった」と思ってます。

以前は0.3円とか0.1円を予想してましたから…

もし0.1円だったとしたら、100ページ読まれてもたったの10円ですよ!!

その5倍と考えれば、まずまずの数字ではないでしょうか?

って、あまり変わらない気もしますが…

読まれるページが多くなればなるほど、この差が効いてくるんですよね。

 

これまで100円の書籍を一冊販売すると、35円の収入が作者さんに渡りました。

これと同じ額をKindle Unlimitedで稼ぐには、

35円÷0.5円=70ページ

およそ70ページをKindle Unlimited利用者の方に読んで頂ければ良いことになります。

 

これは、ハードルとしてはまあまあ低いのではないでしょうか?

 

Unlimited利用者を対象にするメリット

これまで個人作家さんは、自分の電子書籍を実際に購入して下さる方だけに対し、

様々な宣伝やアプローチを試みてきましたが、

このロイヤリティを見る限りは、

「Kindle Unlimited」利用者のみを対象としてみるのもアリではないか?と思います。

 

個人作家さんの中には、電子書籍を販売するために最低価格の99円(または100円)に設定している方も多いと思います。

もちろん、作者としては定価は高ければ高いほど良いに決まってます。

その分、自分が得る収入も大きくなるのですから…

 

ただ、それがなかなか出来なかったのは自分の知名度の低さというのもあるでしょうし、なかなか売れずに低く設定せざるを得なかった、という方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、Kindle Unllimited利用者を対象とするならば、

電子書籍の金額があまり関係なくなる、

というメリットが生まれて来ます。

 

例えば、皆さんがKindle Unlimited利用者の立場だったとして考えてみて欲しいのですが…

ほぼ同内容で、100円の書籍と500円の書籍があった場合、どちらの書籍をダウンロードしたくなりますか?

 

私ならば断然500円の書籍をダウンロードしたくなります。

実際に購入しろ、と言われたらもちろん100円の書籍を購入しますが、

「Kindle Unlimited」ではどんなに読んでも月額980円なんですね。

 

なので、読み放題サービスに関しては、

元を取りたいという心理が働き、高い値段でも躊躇なくダウンロードしてくれる可能性が非常に高いです。

 

Unlimited利用者を対象にするならば、100円という安さは逆に

「安かろう悪かろう」というイメージダウンにもなりかねず、

敬遠されてしまう可能性もあるかも知れません。

むしろ、ここは強気で500円以上にしてみるのも良いですね!

 

一般の購入者には、お値段的に見向きもされなくなりますが、

少なくとも、Unlimited利用者からは注目を浴びる可能性は大です!

 

それで万が一、実際に購入された場合は70%の印税が入りますので。

それはそれでラッキーとなります。

 

ただし、デメリットも…

お客様としては、良いことだらけの様に思える「Kindle Unlimited」利用者ですが、

残念ながらデメリットもございます。

 

それは…

作品に対する執着心が非常に薄い

という事です。

 

結局、定額料金としてお金は払っているモノの、

作品そのものに対して払ったワケではありません。

なので、面白くない部分が少しでもあった場合は、即削除されてしまいます。

これは私の「Kindle Unlimited」利用者としての経験でもあるので、

間違いありません。

 

結局は、

「その作品が面白いかどうか」

ここにつながっては来るのですが、

金額があまり関わってこない分、読んでもらえる可能性の高い

「Kindle Unlimited」利用者に対してアピールするのも良いと思います!!

 

まとめ:とにかく…出版してみようぜ!!

そういえば、ツイッターで「トータル40万ページ達成」とか

書かれていた方を見ましたけど、

そうなると…ロイヤリティー、ハンパないですね…

うらやましい…

 

漫画なんかだと、読む方も多いですし、かなりの閲覧数を期待できそうです…

もしも画力とストーリーに自信がある方ならば、

漫画にチャレンジしてみるのもイイかもですね!!

 

あとは、写真集とかイラスト集なんかもUnlimitedと相性が良さそう。

無料書籍ランキングでは、必ずといってイイほどセクシー系の書籍がランクインしてますし…

 

オレも……

……

……

脱ぐか…!!

  ( ゚д゚) ガタッ
  /   ヾ
__L| / ̄ ̄ ̄/_
  \/   /

(↑売れねーよ…)

 

と、とにかく何でもチャレンジです!!

ネタがある方はぜひKDPで出版してみましょう!!!

 

以上です… 

KDP クイック スタート ガイド

KDP クイック スタート ガイド