読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

米Amazonで始まった電子書籍読み放題サービス「Prime Reading」とは?

Amazon サービス

スポンサーリンク

目次(文字数:2245字前後)

Prime Readingも読み放題サービスなの?Kindle Unlimitedとの違いは?

f:id:marukudo:20161006095945j:plain

 

こんな記事を見つけました…

Amazonの新しいサービス「Prime Reading」とは?

techcrunch.com

 

海外でのお話になりますが、アメリカのAmazonではこの度、

「Prime Reading」なるサービスを開始いたしました!!

 

これはどういうサービスかと言うと、

Amazonの電子書籍が読み放題になるんです!!

 

おお!!これはスゴい!!!

って…コレ…

どこかで聞いた事あるサービスなんですけどおおおおおおお!!!!

 

そうだ!

Kindle Unlimitedです!!!

Kindle Unlimitedとどう違うのおおおおおお!!!

どちらも電子書籍読み放題サービスですよね?

全く同じサービスなのでしょうか?

 

Prime Readingはプライム会員に向けたサービスです。

実は、今回の「Prime Reading」はAmazonのプライム会員への新たな特典として

設けられたサービスとなります。

 

すでにプライム会員に入っているメンバーは、特に追加料金もなく

今からでも楽しめる様です。

 

Kindle Unlimitedとの違いは本の数! 

では、同内容で先行して行われている「Kindle Unlimited」とは何が違うのでしょうか?

それは対象となる本の総数です。

 

アメリカでのKindle Unlimitedの対象となる電子書籍は

約100万冊にものぼります。

 

一方でPrime Readingで対象となる電子書籍は

およそ1000冊と言うことです。

なので、規模としてはあくまでもプライム会員の特典以外の何物でもない

という感じですね。

 

また海外では、Kindle Unlimitedが月額9.99ドルに対して

プライム会員は年会費99ドルと、約1万円くらいかかるんですよね。

日本は年会費3900円なので、2倍以上です。

 

なので、どちらがお得かは一概には言えないです。

 

Prime Readingはあくまでもオマケか?それともガチなのか?

Prime Readingは言わば、プライムの会員のオマケの一つとも思われそうですが、

個人的には、実はKindle Unlimitedよりも力を入れるのではないか?

と、思ってます。

 

と言うのも、Kindle Unlimitedは他社との競合もあるためか、

月額9.99ドルと比較的低めの価格設定となってます。

また、Amazonは著作権者に対して、利用者が読んだページ数でロイヤリティを支払うために、薄利多売で採算を取ってる感じです。

 

一方で、Prime Readingのプライム会員年会費は99ドル。

1000冊程度が対象なので、支払うロイヤリティもある程度予測しやすいですし、1人あたりの客単価もかなり高くなります。

 

もちろん、配送料無料、ビデオ見放題、音楽聴き放題等で、様々な経費もかかってくるとは思いますが、

同じく利用者が増えるならば、

Kindle Unlimitedよりもプライム会員が増えたほうがAmazonとしては好ましいのではないか?と予想できます。

 

Prime Readingのラインナップとしては「ホビット」、「ハリー・ポッターと賢者の石」等がある様です。雑誌も「National Geographic」や、「People」等、メジャーどころを押さえているみたいなので、この予測もあながち間違いとは言えないかも知れません。

 

日本でのサービス開始はあるのか?

Prime Reading、日本でのサービス開始はどうなんでしょうね?

日本では「Kindle Unlimited」が今年の8月に始まったばかりですし、

最近はこんな騒動もあるので…

nlab.itmedia.co.jp

 

日本で今サービスを始めると、

ふざけんなコノヤロー!!

と、反発されそうなので当面は無い、と思います。

個人的にはやって欲しいですけどね。

 

また、少なからず「Kindle Unlimited」の利用者数にも影響があるのは必至ですよね。

「ヒマつぶしができればいいや」くらいのスタンスの方は

Prime Readingの対象数くらいで満足するでしょうし、

そうなるとKindle Unlimitedの解約の増加にもつながります。

 

ただ、あまりKindle Unlimitedをおろそかにすると、それはそれで困りそうです。

ここはバランス調整が難しいかも?

 

ひょっとしたら、かねてからウワサされている

プライム会員年会費の値上げと共にサービス開始されたりとか?

だったら、サービスしなくていいから値段そのままにして、

とも思いますけど…

 

まとめ:少なからずKindle Unlimitedには影響があると思う…

今回は「Prime Reading」を紹介させていただきました。

「Kindle Unlimited」にもいろいろと影響ありそうな感じですね。

ただ、Amazonはプライム会員獲得の方を重視してるんじゃないか?

とも感じました。

もしかしたら、米国でも「Kindle Unlimited」、あまりうまく行ってないんですかね?

 

先日の講談社、小学館の削除騒動なんかも、

アメリカだともっとヒドい事になってるんじゃないか?と…

表沙汰になってないだけで…

 

と、いろいろ勘ぐってしまいますが、

個人的には「Prime Reading」始めて欲しいなと思いました。

プライム会員費さえそのままならば…

 

以上です…