まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

よしもとが優秀な原作を求めているらしい…「原作開発プロジェクト」とは?


スポンサーリンク

目次(文字数:2300字前後)

よしもとならば、受賞したらドラマ化、映画化も期待できる!?

f:id:marukudo:20161019172401j:plain

 

こんな記事を見つけました…

第二の「火花」を発掘?

headlines.yahoo.co.jp

よしもとクリエイティブ・エージェンシーでは、

優秀な原作を発掘するために「原作開発プロジェクト」と銘打って、

来月より作品を募集開始します。

 

プロジェクトは3つの企業と提携を結んで行われるらしく、

Kindleダイレクト・パブリッシング」ではフィクション小説を

STORYS.JP」でノンフィクション小説を

MediBang!」では漫画やイラストと、

企業ごとに別ジャンルを募集する模様です。

(↑ただしMediBang!については来年春からの募集予定です。)

 

Kindleダイレクト・パブリッシングでは、未確定な部分もありますが、

既に応募要項が公開されています。

www.amazon.co.jp

一部を引用いたしますと…

【実施期間】
2016年11月以降に正式な応募開始を予定しています。詳細が決まり次第、こちらで告知いたします。
【結果発表】
2017年4月を予定しています。詳細が決まり次第、こちらで告知いたします。【受賞作について】

大賞作品には、賞金30万円の付与、および、よしもとのサポートによる再出版・映像化、Amazonを通した書籍・電子書籍販売、Amazonプライム・ビデオでの映像配信化が作品に応じて検討されます。
【作品の募集規定(予定・抜粋)】
・現代の実在する場所を舞台としたエンターテイメント小説(テーマ、ジャンルは問いません)
・本文が1万文字以上
・オリジナル作品 (二次創作はNG)
・紙・電子いずれの形式でも応募期間以前に出版されていないこと(ただし他のコンテスト落選作品やブログ等で公開していたものは可能)
・完結した作品 (長い作品の一部を抜き出したものではないこと)
・応募期間中KDP Selectプログラムに登録し販売しているもので、所定のキーワード設定をしたもの
・いずれかのWebサイトで全文が応募期間中に公開されていないこと
詳細は11月に公開を予定している正式な募集案内をご覧ください。

という事です…

 

大賞は賞金30万円、本文1万文字以上。

ブログで公開してたモノも可能というのも嬉しいですね。

 

気になるのが、

応募期間中KDP Selectプログラムに登録し販売しているもので、所定のキーワード設定をしたもの

この「所定のキーワード設定」というのが、ちょっとまだ謎ですけど、

来月になると、もっと詳しい情報が分かると思います。

 

また、フィクションではありつつも「現代の実在する場所を舞台」としなければならないのは、今後のドラマ、映画化等のためでしょうか?

 

吉本芸人発のベストセラーは結構存在する…

よしもとは書籍方面でも力を入れている様で、

所属芸人の中にはベストセラーを生み出した方も

少なくないんですよね!

遺書

遺書

 

↑例えばこちらは、ダウンタウン松本人志さんの作品「遺書」。

これは1990年代、250万部を売り上げたモンスター級の書籍です。

当時30代のかなりトゲトゲしかった頃の松本さんの作品なので、

その言動もかなり挑戦的でした。

 

私も購入して読んでました。今でも覚えているのは、

もしも自分に子供ができたら何千万円かをその子に渡して

大人になるまでこのお金でやりくりして行け、それ以外はビタ一文渡さない、と…

使い果たしてしまうのか、計画的に使うのかはその子次第、という

ものすごい子育て論を展開してた事ですね。

 

実際に1児の親となった松本さんですが、言動通りの子育てをされてるのか、

ちょっと気になっています…

まあ、当時と比べてかなり丸くなっているし、考え方も変わってるでしょうけど…

  

ホームレス中学生 (幻冬舎よしもと文庫)

ホームレス中学生 (幻冬舎よしもと文庫)

 

これも10年くらいになりますが、ヒットしましたね!

「ホームレス中学生」

お笑いコンビ「麒麟」の田村裕さん原作ですが、自分の実体験がベースとなっていて、

その壮絶な少年期がコミカルに描かれています。

 

ただ、今となってはテレビでは川島さんしか見る機会がないのが

少し残念です…

 

火花 (文春e-book)

火花 (文春e-book)

 

よしもとがここまで大規模に優秀な作品を求めるのは、

又吉 直樹さんの作品「火花 」に起因するモノではないでしょうか?

 

昨年は「吉本の芸人が芥川賞を獲得した」という、

このニュースで持ちきりでしたもんね。

その発行部数もさることながら、Netflixではドラマ化したり…と、

よしもとの方でもかなり収益を得ることができたのでしょう。

 

こうしたベストセラーは当たるとモノスゴイ収入源に

なるのかも知れません。

 

まとめ:興味を持ったらチャレンジあるのみ!!

いかがでしたでしょうか?

あの、よしもとが選出するという事なので、

上手く作品が選ばれれば、映画化、ドラマ化も夢ではないですね!

ただ、必然的に所属の吉本芸人が出演する事になるでしょうけど…

 

応募は来月からと言うことで、時間はまだまだございます。

今のウチにアイデアを温めておくのもいいですね!!

 

以上です…