まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

ブロガーはデマ記事を扱ったらアウトだけど、週刊誌は何でセーフなんだろ…?


スポンサーリンク

目次(文字数:2230字前後)

西田さんの一件で思った事…

f:id:marukudo:20170706221215j:plain

こんばんは!まるく堂です!

こんな記事を見つけました…

headlines.yahoo.co.jp

俳優の西田敏行さんに対してネット上で中傷したとして、

男女あわせて3人が、警視庁に書類送検されましたね…

 

3人は40~60代と結構年齢も割と高めで、

60代の人でもブログでガンガン稼いでるのかあ、

と、個人的にかなりビックリした次第です。

まあ、やり方はどうかとは思いますが…

 

人への中傷記事を作成する事自体、ゼッタイに良くない事ですが、

私がたまたま見たテレビのニュースでは、

そのブロガー達は他のブログで書かれていた西田さんの記事を読み、

自分のブログでも同様の記事を掲載した、

みたいな事が報道されていました。

 

そうなると…

元々のオリジナル中傷記事を作成した人は、果たしてこの3人なのか?

という疑問も個人的にはあります…

 

たぶん、この3人のブログはアクセス数が多くて、かなり目立ってたんだろうなあ…

という事が予想されます。

その記事がオリジナルか否かよりも、

その膨大なアクセス数と拡散スピードが問題視されてしまった、

ということなんでしょうね…

個人的には今回の逮捕は「見せしめ」の意味合いも強いと思います。

厳密に言えば3人どころじゃないハズですし…

 

炎上系記事の誘惑…

ブログでアクセス数を増やすには

「タイトルの付け方が大事」

と、アクセスアップ関連の記事を読むと共通してこういう事が言われます。

タイトルを変えただけで、同内容の記事なのにアクセスが数倍になった、

という話もよく聞きます。

 

タイトルが挑発的で過激であればあるほど、

人は興味を惹かれ、クリックをしてしまうんですね。

そのために、誰かが傷ついていたとしても構うことなく…

 

もしも誰かへの中傷記事を書くことで

仮に100万円もらえるとしたら…

アナタならどうしますか?

これはけっこう自分の良心が試されますね…

 

デマ記事ってブログだけ…?

今回の事で私は3人の方々を

決して擁護するワケではありません。

やはり自業自得であると思うし、

誰かを傷付けることで得た悪銭なんて

決して身につかないとも思います。

 

一つ思ったのですが…

週刊誌なんかも結構デマ記事飛ばしてませんか?

具体的にどの記事が…とか挙げてるとキリがありませんけど、

ただ、私が一つ覚えてるのは、かなり前になりますが、

1994年に起きた「松本サリン事件」で冤罪になったある方の事ですね。

 

当時は週刊誌もテレビもこぞって、

その方を犯人と決めつけるような報道をしていて、

いざ真犯人がオウム真理教であるとわかった後も、

マスコミがその方へ謝罪する事もなかった様ですし、

今回の様に「デマ記事を拡散した」という理由で逮捕された方もいないです。

この違いって何なんでしょうね?

 

今回のブロガーの件も、週刊誌でデマ記事を流した事も

やってる事は同じ様に見えるのですが…

やはり組織力とか、バックの強さ、なんですかね…? 

 

いざ何か起きたら個人って弱いな…

何度も言いますように…

今回の3人のブロガー達に関しては自業自得だと思います。

 

ただ、ちょっとだけ違う側面で今回の事件を見てみると、

その3人にかかわらず、個人で後ろ盾が無い人って

いざ問題が起きると、サンドバッグ状態なんだな…

ってあらためて思い知らされた感じがします。

 

以下は、私の疑問でしかないのですが…

もしも彼らが、どこかの事務所に所属とかしていたら

それでも逮捕されてたのかなあ?

この答えをめっちゃ知りたいです…

 

もしも彼らがどこかの事務所に所属してたら、

西田さんもいきなり警察に被害届じゃなくて、

その記事が書かれてる事務所にまず問い合わせてたかも知れません。

 

そこで事務所が

「この度は申し訳ございません。この一件で、

当事務所に所属するブロガーを解雇いたしました」

みたいな謝罪文を出して、社会的制裁を与えたということで、

執筆者の逮捕までは至らなかった様な気もします。

あくまでも推測ですが…

 

youtuberって事務所所属の人が多いよね?

有名なyoutuberさんって、ほとんどの方が事務所に所属していますよね?

理由については推測しかできませんが、

いざ何か問題が発生しても、稼ぎ頭の人であれば

後ろ盾になって守ってくれる可能性もありますもんね。

 

ブロガーだと事務所に所属してる人ってなかなかいません。

というか、ブログ専門の事務所ってのもあるかどうかも知りませんが…

その点ではyoutuberさん達の方が、ビジネス的には有利な感じがします。

成功するまでの道のりがブログよりもかなり大変そうですけどね…

 

まとめ:中傷、挑発系のブロガーさんは個人だと一発KOの危険が!?

中傷、挑発系の内容の記事って、

賛成派も反対派も大歓迎なんですよね。

炎上自体が目的みたいなところがありますから…

 

ただ、いろんな人達にどんどんジャブをかましてたら…

実は自分のボディーがガラ空きだった!!

という事が、今回の西田さんの一件で露呈されてしまったワケです…

 

中傷、挑発系の記事を書いてるブロガーさん達、

ひょっとしたら、方針を改めざるを得ない時期に来ているのかも知れませんね…

 

以上です…

【プライム会員限定】Kindle、Kindle Paperwhiteがクーポンコードで4,000円OFF