まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

複数人と交際する「ポリアモリー」アナタは賛成派?反対派?


スポンサーリンク

目次(文字数:3280字前後)

 

新しい愛の形「ポリアモリー」是か非か?

こんばんは!まるく堂です!

今回はちょっと大人な感じの話題です。

と言っても、あまりドギツイ感じにはしませんけど…

 

こんな記事を見つけました…

headlines.yahoo.co.jp

最近、「ポリアモリー(polyamory)」という言葉が話題になってる様です。

意味的には「複数交際」って感じですかね?

簡単に言うと「1人の人が複数の人と交際する事」ですね。

 

それって「二股」とか「不倫」じゃん!

って思われがちですが…

「ポリアモリー」に関しては驚くべき事に…

交際相手も合意している

という点が違うのです。

 

お互い容認ってスゴくね?

そう、つまり自分一人が複数人と付き合うわけじゃなくて、

相手の人も同様に誰かと付き合ってるって事です。

そして、それをお互いに容認している。

って事なんですね…

 

いやはや…

今って、もうそんなトコまで来てるの?

って、記事を読んだ時は度肝を抜かれました。

昨年は「ゲス不倫」なんて騒がれてましたが、

もう、それすら時代遅れなんだそうですよ…

 

発端は、タレントのSHELLYさんがMCを務める

Abema TVの「Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~」という番組で

実際に「ポリアモリー」を実践している女性数名が

自分の体験を赤裸々に語った事の様ですね。

 

それに出演したある女性の方は、現在3人の男性と同時に交際している様で、

交際相手全員に「複数交際」であることを了承させているそうです。

そして交際相手の男性も、自分とは違う女性と付き合っていて、

その彼女もまた複数交際であることを知ってる様です。

 

もう一人の方はなんと、ご結婚されていて、

二人のお子さんもいる、との事です。

その方は夫とは別に彼氏がいて、自宅にも遊びに来たりもするそうです。

 

なんか…いろいろと…

スゴいですね…

 

「愛」にもいろいろあるんだね…ただ…

「愛の形」っていろいろありますし、

昔に比べたら、異端とされて迫害すら受けていた「同性愛」に関しても、

だいぶ寛容になって来た世の中を思えば、

この「ポリアモリー」というのも理解していかなきゃいけないのかなあ?

なんて思いますけど…

 

正直な話…

私個人の常識観念とか道徳観で言うと

完全に「ダメだろ…」って思っちゃうんですよね…

何でだろ…?理屈よりも先に直感がそう判断しちゃったので、

少し落ち着いてその理由を考えてみたいと思います。

 

百歩ゆずって結婚前だったらまだ許せる…かも?

複数人と付き合って、相手も複数人と付き合っていて、

それをお互い合意している、と…

そうなってくると、自分という存在は

「相手にとって特別な人」ではなくて、

「交際相手の内の一人」という立ち位置なんですよね…

それってもしも私だったら、なんか耐えられないなあ。

 

もちろんその場合は、自分も複数人を相手にしてるので、

その交際相手に対しても「複数の内の一人」という扱いをしてるワケだし、

そこはお互い様なんですけど、

この部分を特に気にしないならば、この恋愛の仕方もとりあえずはイイのかな?

とは思います。

ただ、相手に対しては絶対に説明は必要ですよね?

説明がない時点では「ポリアモリー」は成立してることになりませんから…

 

でも、結婚後はアウトじゃないかな?

結婚後に「ポリアモリー」を実施することは、

個人的には悲劇しか生まない気もします。

 

例えばなんですけど…

↓こんな話を想像してみました。

「ポリアモリー」物語

f:id:marukudo:20170708142713j:plain

妻代「ねえ、一夫くん!聞いて!今日ね、とっても良いニュースがあるの!」

一夫「え?なんだい、妻代、藪から棒に。何かあったの?

妻代「じ・つ・は…

妊娠しちゃいました~!キャハ!!

ヒューヒュー!パフパフ!!!」

一夫「ハ?

妻代「もう~ヤダなあ、一夫くんは、だ・か・ら!

妊娠したの~!!しかも今日は私達の結婚記念日よ!

今、二ヶ月目だって~!超嬉しい~!」

一夫「ちょ、ちょ、ちょっと待ってくれ!!妻代…

オレ達、1年以上…その…ご無沙汰だったよね?

妻代「え?そうだけど…」

一夫「じゃ、じゃあ、その子…誰の子なの…?」

妻代「彼男くん」

一夫「ハ?

妻代「もう~!忘れたの~?私、あなたの他に男の人と付き合ってるって

言ったでしょ~!!この前紹介したじゃない!あの彼男くんよ」

一夫「あ…あのチャラそうな彼か…で、でも妊娠て、そんな勝手に…」

彼男「チワ~す!!妻代ちゃん、いるっスか~?

妻代「あっ!ウワサをすれば!彼男く~ん!!」

彼男「オッス!妻代ちゃん!今日もカワウィ~ね~!!

あ、旦那さん、いたんスか。チワっす!妻代ちゃん、こっち来いよ、いつものチュっ!」

妻代「まあ!彼男くん、ちょっと~!一夫くんが見てるよ~!強引なんだから、

でもチュっ!」

一夫「(コイツら、夫の前で堂々と…)ま、まあいい、それで彼男くん…

君は…この責任をどう取るつもりなんだね?

彼男「はあ?何がっスか?」

一夫「何がじゃないよ!!妻代が妊娠したんだよ!!!

彼男「え!マジっすか?妻代ちゃん!おめでと~!!なんだよ!

旦那さんともよろしくやってんじゃん!!焼けるぜ~、チェ!」

一夫「お前の子だよっ!!!

彼男「は…?何言ってんスか?いやいや、違うでしょ!なあ?妻代ちゃん?」

妻代「ううん、彼男くんとの子だよ。

彼男「ちょ…ありえねえって!マジヤベーって!」

一夫「妻代が妊娠したのは事実だ、これからは君も父親として責任をとってもらうよ。」

彼男「いやいや、無理っしょ!だってオレ、フリーターだし~!

それにオレ、ガキ嫌いだし~!!

一夫「何だ貴様あああ!人の嫁を孕ませておいて

何無責任な事言ってんだあああ!!

彼男「痛っ!な、何すんスかああ!!」

妻代「きゃあ!やめて!一夫くん!!暴力はやめて~!!」

彼男「ちょ、旦那さん、やめて下さいよ!それに、

その子オレの子じゃないんだって!!

妻代「え…?彼男くん、なんて事言うの?ヒドい~!」

一夫「貴様!何だその態度はーーー!!ブッ殺してやる~!!!」

彼男「落ち着いて下さいって!!ちゃんと証拠があるッス!!

実はオレ…無精子症なんスよ。だから子供、作れない体なんス

妻代「え?」

一夫「む…無精子症?」

彼男「証拠の証明書もあるッス。ホラ…コレ!」

一夫「ほ…本当だ。つ、妻代?その子の父親は…誰なんだ!?」

妻代「あれ~?私の勘違いだったみたい~!テヘ!

思い出した!3丁目の洗濯屋のケンちゃんだ!

きっとそうよ!」

一夫「せ…洗濯屋?」

妻代「それかヤクザのヒロくん!

一夫「何人いるんだよ!!

 

おわり

 

と、ちょっとオーバーに表現してみましたが、

女性の場合は、旦那さん以外の相手による妊娠も

充分に考えられるワケで、そうなった場合はもはや目も当てられません…

生まれてくる子がカワイソウです…

 

まとめ:「ポリアモリー」…流行る…のか?

 

と言うワケで「ポリアモリー」を紹介させていただきました。

これ…流行るんですかね?

 

子供の件もそうですけど、性病等の病気の感染率もかなり高くなりそうです。

もう考えるだけで、ヤバイ事態になるのは目に見えているので、

個人的には賛同しかねますね…

でも、小説のネタとしてはかなり良さげなテーマではありそう…

 

そりゃあ私だって、

毎日たくさんのカワイイ女の子に囲まれて暮らしたい!

みたいな妄想も無いワケではないですが…

(↑あるんかい…)

でも、コレを現実にしちゃったらホントヤバイですって…

 

こうした考えってもう古いのかなあ…?

本能の赴くまま生きてった方がいいんですかね?

なんか自分の考えに自信が持てなくなりそうです…

皆さんの考えはいかがでしょうか?

 

以上です…

【プライム会員限定】Kindle、Kindle Paperwhiteがクーポンコードで4,000円OFF