まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

オレが来ると席を離れる郵便局員のオッサン…


スポンサーリンク

今回は愚痴だけ…ホント愚痴だけです…

f:id:marukudo:20170809215634j:plain

こんばんは!まるく堂です!

今回はちょっとした愚痴です…

 

私は仕事柄、海外への荷物の発送がかなり多いため、

よく郵便局へと足を運びます。

 

海外への発送は「航空便」とか「SAL便」とか、いくつか種類があるんですけど、

基本的には日本最速の「EMS」か、「国際eパケット(またはライト)」を

使ってます。

 

ただ、この発送方法は普通の国内郵便より手続きに時間がかかる様で、よく待たされます。

郵便局員さんにとってもパソコンに入力する項目が多いらしく、割と手間が掛かります。

 

何度も発送してるので、慣れてる局員さんはかなりスムーズにテキパキやってくれるのですが、

初見の方だとどうしても戸惑ったり、他のベテランの方にやり方を聞いたりして

なおさら時間が取られます。

  

都会の方だと海外へ発送する人も多いのでしょうが、

こんな田舎だと、たぶん私くらいしかいないのかも知れません…

 

何回も足を運ぶので郵便局の人達の方でも、

私が「海外へ発送する人」と認識してるみたいです…

 

で、受付局員の一人に50代くらいのオジサンが受付をしているのですが

私が受付カウンターに近づくと、

いつも途端に忙しそうにして席を立つんですよ!!

 

その郵便局では床に線が引かれてあって、

「次の方どうぞ」と呼ばれるまで、そこで待ってないといけません。

 

私が線の前に並んで立っていると、

今まで明らかにヒマそうにしていたそのオッサンが、

急にせわしなくなって席を立って、近くに居た新人ぽい女性の局員を

代わりに受付に促すんです…

 

最初の1、2回はたまたまかな…と思ってたのですが、

さすがに3回目だと、

ワザとだろ!コレ!!!

と思うようになりました…

 

以前に1回だけ、そのオッサンが担当した事があったのですが、

初めて海外発送の受付をした感じでかなり戸惑っていて、

しかもしばらく考え込んだ後、結局上司らしきオッサンに聞いたりしてて、

やたら時間がかかってたんですよね…

たぶん、それがトラウマになったのかと…

 

それからは、そのオッサンが受付にいる時だって多々あるのに、

私の荷物の担当になった事はありません…

あ…コイツ逃げてんな…

とは思うのですが、今では代わりにあてがわれた新人の女性局員の方が慣れてきて、

スムーズに対応してくれるので、

逆にそのオッサンにだけは私の荷物を扱って欲しくない

と心の底から思うようになりました…

 

なんと言うか…

いくら発送の手続きが面倒くさいって言っても、

私は郵便局が提供しているサービスを

ただ利用してるだけなんですけどね…

 

むしろ郵便局の受付を仕事としているなら

サービスの手続き方法を

全部覚えてなきゃダメだろ!!

って思うんです…

 

以前もオバチャンの受付局員に

海外行きの荷物を渡した時があったのですが、

「あ、それ私わかんないんですよね~

〇〇さん、この荷物やって~!!」

と、後輩らしき男性局員に任せっきりにして、

自分はさっさと席を離れちゃった時には

さすがに怒りを覚えましたね…

 

そりゃあね…郵便局の提供するサービスなんて無数にありますから、

全部覚えろなんて無理な話かも知れません…

でも覚えようとする努力だけはしましょうよ!!

次に私が持って行った時、局員が自分一人だけだった場合はどうするんでしょうか?

 

今のご時世、郵便局員になるのだって大変なんですよ。

やる気はあるのに、なれない若い人たちだっていっぱいいるんですから…

 

そういう人達を尻目に、クビになる危機感もなく生涯安泰とでも言うかのように、

自分のできる範囲でしか仕事をしないヤツらはホント嫌いです。

自分の仕事を覚える気もないヤツなんて

今すぐ辞めちまええええええええ!!!!!!!!!!

やる気のある若者と交代して二度と来るなあああ!!!!!!!!!

と、心の中で思ってます…

 

以上、ただの愚痴でした… 

郵便局のヒミツ―はじめて明かされた30万人組織の内部 (別冊宝島M)

郵便局のヒミツ―はじめて明かされた30万人組織の内部 (別冊宝島M)