まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

海外のAmazon KDPでは、他の作品への妨害工作をする作家もいるらしい…


スポンサーリンク

こんばんは!まるく堂です!

 

こんな記事を見つけました…

これが新手の電子書籍の嫌がらせだ!!

goodereader.com

f:id:marukudo:20171126111433j:plain

今や、電子書籍を執筆している作家さんは、

Amazonを利用している方が圧倒的です。

それはAmazonの超強力な集客力と、

これまで築き上げてきた信頼に基づいているものと思われます。

 

しかし、最近ではレビューを買収し、他の作家の作品に

被害をもたらす、とんでもない人達も出現している様です。

その作家たちは、人を1時間10ドルで雇い、

ターゲットにした作品に酷評を連投させるのです。

 

例え、その作品が5点中、4.8点の高評価を得ていたとしても、

消費者が一番最初に見るレビューは、一番最新のモノです。

それが低評価になると、必然的に興味も薄れて売上が下がってしまう…

という事の様です。

 

中国やバングラデシュ等では、そんな求人がネットでたくさん見つかるそうで、

レビュー合戦の攻防は、ますます広がりを見せそうです。

 

こうした事態が起こる理由の一つには、

星1レビューがもたらす悪影響がとんでもなく強い!!

という事が挙げられます。

私自身も、自分の電子書籍に☆1レビューをされたことがあるのでわかるのですが、

それまで割と好調だった売れ行きも、一瞬で滞ってしまうくらい、

破壊力があるんですよね。

ましてや、人を雇って☆1を連投されでもしたら、

それはもはや、作品の生命線を断ち切られたに等しくなります。

 

そしてもう一つには、

「作家いじめ」という背景もありそう…

と言う事です。

 

才能のある作家の作品や、立場や考え方の異なる作品など、

注目を浴びてたり、自分が嫌悪感を抱く作品には

その傾向が強く働いてしまう様ですね。

 

近年、悪意ある低評価レビューの数は非常に多くなって来てるそうです。

Amazonもこうした状況は把握しているとは思いますが、

表立って、問題の解決には取り組んで居ない様です。

果たして、この問題が解決される日は来るのでしょうか?

 

まとめ:悪意ある☆1レビューだけを選別するのは難しいかな…?

この低評価攻撃は由々しき事態ではあるのですが、

実際問題…

悪意ある低評価と、本当の低評価を見極める術はあるのか?

という事も考えないといけないですよね…

 

コメントを残さず、ただ☆1だけを押してるような評価は

削除しても良いと思いますが、それっぽいコメントが残されてたりすると、

なかなか見極めも難しくなります。

 

解決手段もあるのかどうかもわかりませんし、

Amazonさんも本腰を入れて解決に向かってるワケでもなさそうだし、

今のところはお手上げ…というのが現状の様です。

 

近いうちに画期的な方法が生まれるといいのですが…

 

以上です… 

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー