まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

今月発売予定のPS VITA用ソフト「マンガ・カ・ケール」は個人作家にとって最高の「素材ツール」になり得るのではないか?


スポンサーリンク

目次(文字数:3900字前後)

 

今月発売のソフトに超絶期待してるボク…

こんにちは!まるく堂です!

 

今、密かに注目してるソフトがあるのですが、

それが今月、PS Vitaで発売予定の「マンガ・カ・ケール」です。

www.manga-kakeru.com

「ゲーム」と言うよりは「ツール」と言った方がいいのかも知れませんが、

これは、今まで絵が上手に描けなかった人でも

あらかじめ用意された素材をペタペタ貼っていく事で

誰でも簡単にマンガが描けるようになる!!

と言う、絵の下手な私の様な人にとってはかなり画期的なソフトで、

非常に期待しているタイトルです。

 

実際にどんな感じなのか、動画を見た方が早いと思いますので

ご覧下さい!!

いかがでしょうか?

実はこのソフト、youtubeではかなり以前から紹介されていて、

当初は2014年に発売予定だったそうです。

どんな事情があったのかはわかりませんが、開発が遅れに遅れ

実に4年越しでの発売決定となった様です。

(↑でも今月ってあと10日くらいしかないけど、発売…しますよね?」)

 

「マンガ・カ・ケール」の特徴

このソフトには注目すべき、数多くの特徴があるのですが、

その中から、私、まるく堂が「これは!」と思った部分を、

紹介したいと思います!

 

キャラクターが3Dなので構図が自由!

f:id:marukudo:20180121062853j:plain

「マンガ・カ・ケール」では、あらかじめキャラクターが用意されています。

キャラクターは自分の意志で回転させたり拡大したり、

アングルから構図から自由に配置できるんですね!

PS Vitaなのでタッチによる直感的な操作もできる(ハズ)です!!

 

なので「描く」というよりは「置く」感覚なのです!

マンガを描くのも、かなり敷居が低くなりますね!

 

表情など細かい部分も変更可能!

f:id:marukudo:20180121062912j:plain

マンガに求められるキャラクターの微妙な感情の動きも、

かなり細かい部分まで変更を加えられ、表現できる様です。

 

構図に困った時はテンプレもあるよ!

f:id:marukudo:20180121062932j:plain

マンガが簡単に描けるのはいいけれど、

一コマ一コマをどんなアングルにすればいいのかわからない…

そんな時も、様々なシチュエーションに対応したテンプレート(ひな形)が、

100種類以上用意されているので、迷うことも少なくなりますね!

 

実はカラーもOK!

f:id:marukudo:20180121062947j:plain

マンガと言うと、モノトーンしかできないのかな?と想像してしまいますが、

実はカラーもOKみたいです!

どこまで細かくカラー設定できるのかは不明ですが、

髪の色とか、服装くらいは変更させて欲しいですが、果たして…?

 

豊富な素材!

下の画像は2014年当時のものなのですが…

製品版に特に変更が加えられていなければ、

かなり多くの素材が全て3Dとして用意されているみたいなので、

これまでイラスト素材を探し回ってきた様な個人作家さんには、

かなりありがたいのではないでしょうか?

 

作ったマンガが商用OK!コレ、個人作家さんにはかなり重要!!

↓こちらのFAQ(よくある質問)の中に、嬉しい一言がございます!

www.manga-kakeru.com

作ったマンガで同人誌を出版しても良いですか?

 

問題ありません。
また、出版の際に申告も不要です。
有料・無料問わず、マンガ・カ・ケールで作成したマンガやイラストを、同人誌として発行することは問題ありません。
創作活動にぜひお役立てください。
※販売元である㈱グランゼーラは、マンガ・カ・ケールで作成されたあらゆる作品について、 権利を主張することはありません。
※他社様の商品などが写っている写真、または権利物そのものの画像を取り込んで作成した作品については、その権利物の規定に準拠します。

(上記サイトより引用)

 

そう!

作ったマンガは「商用利用もOK」なんですね!

これはデカい!!

 

もしもこのツールを使って、作品が大ヒットしたとしても、

急にこのメーカーさんから権利を主張される事もないので、

堂々と自分が著作権者であることを公表できるのです!!

(↑ただし、他人様が権利を持つ著作物をマンガに入れてはダメですよ!)

 

電子書籍とかブログ等でも応用できるのでは?

この「マンガ・カ・ケール」で、特に私が注目したいのは、

個人作家さんの製作した電子書籍の

表紙絵とか挿絵等にも使えるのではないか?

という事ですね!!

素材のパターンも豊富そうだし、カラーもOKみたいだし、

個人作家さんの世界観にも、ある程度は対応できるのではないかと…

 

作ったデータはJPEG形式で画像解像度1920x1088ピクセルと言う事なので、

もしも作品がヒットして紙書籍として印刷することになっても、

たぶん普通の単行本サイズくらいなら大丈夫ではないかな?と思います。

 

ただし、不安な点もあるにはある…

と、個人的にはかなり期待できるツールの「マンガ・カ・ケール」ですが、

まだ、判明されていない点もございます。

 

コマのサイズって縦長は無理なのかな?

不安点の一つは…

サイズって1920x1088ピクセル固定なのかな?

と言う事ですね。

 

サイトを見た感じだと、一コマのフレームの形が

横長の長方形オンリーなので、

電子書籍の表紙絵に使うにしても、比率が合わないかも知れない…

という懸念はあるんです。

挿絵に使うなら縮小して、その下に文章を流したりできるので良いのですが、

できれば表紙絵にも使えるくらいサイズに自由度が欲しいですね。

 

オリジナルキャラクターは使えるのか?

いくらキャラクターが用意されているとしても、

自分が考えたオリジナルキャラクターを使いたい!

という熱い思いを持ってる方も多いと思います。

 

そこに対応できるのかどうかも今はわかりません。

Nintendo Switchとか3DSで使われてる「Mii」みたいな、

自由な感じでアバターを作れる様なシステムが搭載してあれば、

ひょっとしたら…という思いはありますが、

答えは、製品版を待つしかないですね…

 

絵のタッチは変えられないのか?

既に3Dキャラクターが用意されているのは、大変ありがたい事ではあるのですが、

逆に言えば、

誰が使っても同じ絵のタッチ

なんだと思います。

そこに若干の味気無さを感じる事があるかも知れません。

 

まあ、絵の下手な私にとっては充分ありがたい事ですし、

「そんなに文句があるなら自分で描けよ!」

とか言われたら何も言えませんけど…

 

もともとはPC用ソフトの影響を受けて製作されたらしい…

「マンガ・カ・ケール」はもともとPC版で発売されている

「コミPro!」というソフトに影響を受けて製作されたらしいです。

www.comipo.com

コチラも商用利用OKみたいですし、

Amazonでもダウンロード版、パッケージ版を取り扱っていました!

コミPo! [ダウンロード]

コミPo! [ダウンロード]

 
コミPo!

コミPo!

 

お値段的には、

ダウンロード版:6,891円

パッケージ版:9,978円

と、決して安くはないですね。

 

価格の点では

「マンガ・カ・ケール」は、税込600円!

と、格段に安く感じますね。

この価格差をどう受け取るか…ですね!

 

コミPro!サイトには無料体験版が用意されているので、

ご興味のある方は試してみても良いと思います!

(↑ただし無料体験版は商用利用はできませんのでご注意を!!)

 

まとめ:発売が楽しみ!600円もお手頃価格!

と言うわけで、「マンガ・カ・ケール」を紹介いたしました!

正直な話、youtubeの紹介動画の再生回数を見ても

あまり注目されてないな…orz

という感じはしてるんです…

 

なんか…

私だけ騒いでるのか?

みたいな…

 

まあ、実際に発売されてみないとなんとも言えませんけど、

個人作家さんにも絶対にメリットのあるツールだと思うんですよね~!

 

個人的にはブログ記事にも使ってみたいです。

これまでは記事のテーマに合った画像を無料素材サイトから探してましたけど、

なかなかイメージに合致する画像を探すのも一苦労なんですよね…

 

なので、素材も豊富な「マンガ・カ・ケール」なら、

より短時間で、より自分のテーマに沿うイラストを作れるハズですし、

読者さんにとっても、かなりわかりやすくなるのではないかな?

と、超期待しています。

 

発売はまだですけど、

売れてくれるといいなあ…

 

でも…

なぜPS Vitaで発売?

という疑問はございます…

いくらPS Vita版を買えばPS4でも無料で出来るとは言え…

 

個人的には、

iPad等のタブレットPCで

出した方が良かったのでは!?

なんて思います…

 

こんなにポテンシャルのあるツールなのですから

無料版として広告バナー入れたりとか、

そちらで発売した方が絶対に需要があったと思います…

 

開発期間が長すぎて、ちょっと時世を読み間違えたのかなあ…?

今だとNintendo Switchの方がまだ可能性がある気もしますし、

移植できるなら、すぐに取りかかって欲しいですけど…

 

でも600円はかなり安いと思いますし、

願わくは「マンガ・カ・ケール」の登場で、

PS Vita奇跡の復活!!

なんて事になってくれたらいいですね!!

 

購入した際にはあらためて報告したいと思います!

 

以上です…