まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

危機意識を持つ事の大事さ…


スポンサーリンク

自分の行動がとんでもない事態を招くことも…!?

f:id:marukudo:20180503175017j:plain

こんばんは!まるく堂です!

 

2018年もあっと言う間に5月ですね!

時が経つのが早いです…

 

そんな中、最近注目してるのがこのニュース…

news.nifty.com

国民的人気アイドルグループ「TOKIO(トキオ)」のメンバーである、

山口達也さんが番組内で知り合った女子高生を自宅に呼び、

酔った挙げ句に無理矢理キスをしたと言う事で、

強制わいせつ容疑で書類送検された事件です…

 

個人的には特にファンというワケではないのですが、

大震災以降、彼らが福島復興へ向けて積極的に活動してきたのは知ってますし、

日テレの番組「ザ!鉄腕!DASH!!」での農業を中心とした、

およそアイドルらしからぬユニークな番組内容から、

彼らに対し、好感は持ってたんですよね…

 

ほんの一週間前までは山口さんも日テレの番組「ZIP!」に出演していて、

明るい笑顔を振りまいていましたが、

事件が発覚するやいなや、一夜にしてどん底まで叩き付けられる結果と

なってしまいました…

 

たまったモノではなかったのは他のメンバーの皆さんで、

同じくTOKIOの国分太一さんは、自分の番組を持っていることから、

事の経緯の説明や謝罪を誰よりも早くせざるを得ない状況になってしまいましたし、

昨日、5月2日に行われた他のメンバーによる記者会見では、

松岡昌宏さんが涙ながらに謝罪をされてました。

 

本来であれば、一人の不祥事は本人のみが責任を取るべきではありますが、

グループで活動してきた場合は、自ずと連帯責任となってしまう様です。

 

「KAT-TUN」のメンバーである中丸雄一さんは、

日テレの情報番組「シューイチ」でこの様に語っていました。

以下抜粋

今回、TOKIOの他のメンバー4人の方は「何があっても連帯責任だ」と言う風におっしゃっていましたが、僕もそう思います。

何故かと言うと、こういうことが起きると自ずとグループ仕事は見直されるので、自然と連帯責任になってしまうことが(理由の)一つ、

もう一つは、グループに所属して常に利益を受けているのであれば、こういったことがあった時に、マイナス面は僕は知らないというのはちょっと筋が違うのかなと思う。

良いことも悪い事も含めてグループ活動だと思うので…

中丸さんの所属するグループ「KAT-TUN」も

メンバーの脱退や不祥事等があったりしたので、言葉に深みがありますね。

先輩に対して配慮しつつも、視聴者も納得させられるような

非常に素晴らしいコメントだったと思います。

 

40代男性が未成年を自宅に呼ぶ異常…

そもそもの発端は、山口さんが未成年の女子高生を自宅マンションに呼び、

強制的にキスをした事から始まっていますが、

その女性の方は芸能関係の仕事をしており、

山口さんとも同じ番組で共演していたとの話もあります。

 

ネットでは「深夜に出歩く女性も悪い」、「親は何をしてたんだ」との意見も見られます。

確かに、一般的には夜に女性が出歩くのは、

昼間よりも危険を伴う可能性が必然的に高くなります。

 

ましてや未成年ともなると、その危険度も格段に上がっていきますし、

親の管理責任を問う声が聞こえてくるのも無理はない気もします。

 

ただ、今回の場合は山口さんが番組の共演者であり、

「誘いを断ったら二度と番組に呼ばれないかも知れない」という

心理が女性側に働いてしまったとしたら、話がちょっと違って来るんですよね。

誘ったのは有名人であり、権威もある山口さん。

彼の機嫌を損ねてしまったら…と女性が考えてしまうのは自然な事です。

 

もうすぐアラフィフ世代にも到達しようとする男性が、

未成年を自宅に呼ぶ事自体が異常だし、個人的にはパワハラの一種だとも思います。

女性の方も、将来への不安が先走ってしまい、

親の目を盗み、こっそりと出掛けてしまった…という事も考えられます。

 

もしも、こうしたパワハラも発生していた場合は、

「女性にも非があった」と責めるのもちょっと違うと思います。

そこらへんはもっと情報がないと判断し難い部分なのですが、

今以上の詳しい情報が入ってくるかどうかはアヤシイところですね。

 

大いなる力には大いなる責任が伴う

ここで私が個人的に思ったのは…

「こんな事をすると大変な事になってしまい、

TOKIOというグループ全体にも大変な迷惑をかけるのでは?」

という意識が山口さんには無かったのかな?

という事です…

 

まあ、実際に欠けていたからこそ、

現在、他のメンバーの方々が大変な迷惑を被っているワケですが…

 

こうした事件があるといつも思う言葉があって、

アメコミの「スパイダーマン」に出てくるセリフ、

「大いなる力には大いなる責任が伴う(With great power comes great responsibility.)」

これって本当なんだと思います。

 

山口さんはTOKIOとして活動していて、

その影響力はもはや絶対的なところまで来ていました。

それこそが彼にとっての「大いなる力」ではなかったのでしょうか?

今回の事はその力に溺れてしまった事も原因の一つである気がするんです。

 

自分が今している行動が後に重大な失敗につながるかも?

この意識を持つ事は非常に重要な事です。

 

もちろん、どんなに注意したって避けられない事態に陥ってしまう事もありますが、

今回の事は、このちょっとした「危機意識」を持つ事で、

簡単に避けられた事態だったハズなんです。

 

ずっと順調に活動を続けて、老若男女問わず人気を獲得してきた

TOKIOと言うグループだからこそ、

山口さんには、謙虚な気持ちでいて欲しかったですね。

 

まとめ:覆水盆に返らずではありますが…

今回の事は、ファンではない私にとっても非常にショッキングな事件でした。

残念ながら、山口さんがまたアイドルとしてお茶の間に現れる可能性は

限りなく低い事だと思います。

 

例え、また復帰したとしても、事件の事が頭を離れることはまずないからです。

不祥事を起こしたアイドルが謹慎期間を経て復帰する事は多々ありますが、

今回はちょっと前代未聞に衝撃的すぎて…

 

とは言え、山口さんが芸能人以外で…例えば中小企業やどこかのバーで働く、

なんて事は考えにくいので…

なので、個人的にはいつかは批判を受けつつも復帰するのかな?

と、思うんですけどね…

その時、世間の方々はどう受け止めるのでしょうか?

 

以上です…

 

32GBの大容量でマンガ約700冊を持ち歩けます!Kindle Paperwhiteマンガモデル!

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック