まるく堂の〇〇やろうぜ!

ニュースや日々の生活において思う事を綴っていくブログです。

世の中には、やってはいけない差別的なジェスチャーもあるらしい…

スポンサーリンク

こんばんは!まるく堂です!

 

個人的には人間って、誰しもが差別的な感情を持っていると思います。

 

自分より背が高いか低いか、自分より容姿が良いか悪いか、

自分より頭が良いか悪いか、自分よりも若いか年上か、

自分よりもお金持ちか貧乏か、そして男性か女性か…

 

その人を様々な状況から判断して、自分よりも劣っていると思ったら、

例えば背が低ければ「チビ」、太っていたら「デブ」、

年上だったら「ジジイ」とか「ババア」とか…

日本語って意外と差別的な表現がありますよね…

 

心で思ってしまった事は頭の中で消せませんし、どうしようもないとしても、

人は理性で判断して「思っても口に出さない」と言う事もできますし、

それが望ましい事だと思います。

 

でも中にはそれを言っちゃったり、

特に、ジェスチャーとして表現しちゃったりする人もいるんですよね…

f:id:marukudo:20181219220853j:plain

今回は、絶対にやっては行けないジェスチャーを

ちょっとだけ調べて見ました!!

 

それではまいります!

 

1.目をつり上げる行為

snjpn.net

イタリアのパラリンピック車椅子フェンシング選手が、

日本で開催された大会にゲストとして来日し、SNSにて、

「1週間寿司を食べ続けた後の気分がこちら、少なくともその価値はあったが」

というコメントと共に目をつり上げた写真を公開しました。

 

目をつり上げるという行為はアジア人に対する差別的表現として炎上してしまいました。

しかし、当の選手は沈黙を貫いたままです…

 

2.猿のマネ

nami55.xyz

東方神起のユンホさんがコンサート中に猿のモノマネをした件ですね。

猿のマネのジェスチャーは日本人を卑下する意味でも使われてると言う事で、

物議をかもし出してる様です。

 

ユンホさんが意図的だったのかどうかは知る術もありませんが、

 

個人的に思うのは、もともと人間の祖先って「猿」なんですよね

なので、「猿」のモノマネがなんで日本人限定で差別として使われるのか

不思議ですね…

いやいや、「猿」は私達人類全体の祖だから!!!

 

とは言え…自分が意図的にされたらやはり腹が立ちますけど…

 

3.会場にバナナを投げる

www.huffingtonpost.jp

サッカーにおいて、会場にバナナを投げることも

人種差別的な意味合いがあるために許されないことだそうです。

人間扱いをしていないと言う事だそうです。

 

4.中指を立てる

hypebeast.com

これはもはや世界中でダントツで有名な

やっちゃいけないジェスチャーですよね…

でも中には多用しちゃう方もいる様です。

 

サッカーで「神の子」の異名のあるマラドーナさんも、

中指が原因で、FIFA大使を解任されています…

 

5.黒い顔に大きな赤い唇を描いた、サルをイメージしたキャラクターを作ってしまう…

www.huffingtonpost.jp

これはジェスチャーと言うわけではないですが、

イタリアの高級ブランド「プラダ」が製作したキャラクターが

人種差別的だと批判を受け、販売中止に追い込まれました。

 

発売に関して…反対の意見って出なかったのでしょうかね?

 

6.顔の黒塗り

www.huffingtonpost.jp

昨年の大晦日に放送された番組「絶対に笑ってはいけない」で、

ダウンタウン浜田さんが、顔を黒く塗ってエディ・マーフィーに扮した事が、

海外メディアから「人種差別的」だとして大騒動になった事もありました…

 

日本国内だと、特に人種差別的な意味に受け取られなくても、

現代ではyoutube等ですぐに拡散しちゃいますもんね。

もはや、世界に広まる事を前提に製作していくしかないのかも知れません…

 

こんな感じですね…

日本にいると、あまり差別的なジェスチャーというのは感じにくいかも知れませんが、

海外に行った時なんかは、何気なくしてしまった動作が元で人を傷付け、

時には殺されてしまう…なんて最悪の事態も考えられます。

 

してはいけないジェスチャーは日頃から知っておいた方が良いかも知れません…

 

以上です…