まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

漫画「紫檀色(したんいろ)の魔法使い: エピソード1」(ラ・ピエール著)を読む

スポンサーリンク

こんばんは!まるく堂です!

 

たまに個人作家さんの紹介をしたいと思います!

今回読ませて頂いたのは「ラ・ピエール」さんと言う方(恐らくは個人作家さん)が描いた

「紫檀色(したんいろ)の魔法使い: エピソード1」という漫画です。

(現在は無料で読むことができます。)

紫檀色の魔法使い: エピソード1

紫檀色の魔法使い: エピソード1

 

内容紹介

かつて邪悪の象徴として疎み嫌われ、そして迫害されていった魔法使い、
今では姿を見ない途絶えた一族…
村のハズレにひっそり暮らしている紫の瞳の青年レミーは、
薬草を煎じる程度の下級魔法使いのはずだが…

 

主人公は、

f:id:marukudo:20190221204210j:plain

この青年「レミー」です。

ある町外れの家で、愛犬のアミラと暮らしています。

彼は薬草を作る程度の下級魔法使いなのですが、

どうやら秘密があるみたいです。

街の人達とはつかず離れずの付き合いで、

下級魔法使いという事から彼を見下してる人もいますが、

逆に、彼を慕う人達も少なからずいる様です。

 

Kindle版の書籍では「エピソード1」と言う事で、

序章にあたる第一話しか収録されていません。

なので、5、6分で読み終える話ではあります。

 

ただ、これから壮大なスケールで話が始まる事が予想されて、

ちょっと続きが楽しみな、私好みの展開だったんですよね。

 

話自体はいろいろと広がりそうな感じです。

もしも続編が描かれるとしたら、

主人公レミーの過去にも焦点が当てられるだろうし

敵の存在なんかも明らかになっていくかも知れません。

 

絵の方は、個人作家さんとしてはかなりハイレベルだと思います。

ただ商業コミック誌等のプロの漫画家さんと比べてしまうと、

多少、ぎこちなさを感じるのは事実だと思います。

そこらへんはどんどん描くと良くなっていきそうですし、

ストーリー自体も個人的には惹きつけられたので、

今後、どうなっていくかですね…

 

実は「紫檀色(したんいろ)の魔法使い: エピソード1」は

↓コチラのサイトでも無料で読むことができます。

mangahack.com

この漫画って実は1年くらい前に描かれた漫画なんですね…

未だに続編が無いって事は…

これで打ち切り!?

え~!そうなのかなあ…?

話の最後に「fin」って書いてたしなあ…

 

それはさておき…

 作者の「ラ・ピエール」さんは、かなり手広く漫画を描かれてる様です。  

lapierre69.therestaurant.jp

↑こちらのサイトではラ・ピエールさんが描かれた

漫画やイラストを見ることができます。

 

↓ツイッターもされてる様ですね。

twitter.com

 

漫画を描くって本当に大変な事ですよね。

ストーリーはおろか、それを絵に描かなければいけないんですから、

でもその分、視覚から入る情報量は文章よりも格段に多いので、

情景とか人物の表情とか、即座にわかるのは良いですよね!

 

ラ・ピエールさんにはこれからもガンバって欲しいですね!

特に「紫檀色(したんいろ)の魔法使い」は

ぜひぜひ最後まで描き切って欲しいです!!

 

以上です… 

「紫檀色(したんいろ)の魔法使い: エピソード1」はKindleその他で読む事ができます!