まるく堂の〇〇やろうぜ!

ニュースや日々の生活において思う事を綴っていくブログです。

3つの物語が複雑に絡み合うADVゲーム「Last Stop」が面白い!

スポンサーリンク

文字数:4300字前後

「Last Stop」めっちゃ面白いです!

こんばんは!まるく堂です!

 

今回は「Variable State」と言うメーカーが製作した

「Last Stop」(ラスト・ストップ)と言うゲームを紹介したいと思います!

f:id:marukudo:20210725100214j:plain

内容紹介

まずはトレーラーを紹介します。

動画はPlayStation版(PS4、PS5)のものですが、この「Last Stop」は他にも、PC(Steam)やNintendo Switchでも遊ぶことができます。

「Last Stop」は,イギリスのロンドンとアイルランドのダブリンにオフィスを構えるVariable Stateが手掛ける,三人称視点のシングルプレイ用アドベンチャーだ。現代のロンドンを舞台に,お互いを知らない3人の主人公のエピソードが,複雑に絡み合いながら1つのストーリーを作り上げていく。

現代のロンドンが舞台の新作アドベンチャー「Last Stop」は7月22日にリリース。“面識のない3人”のエピソードが絡み合って展開していくより引用

 

「Last Stop」は「終点、終着点」と言う意味の単語です。

このゲームは主人公が違う3つの物語を体験するアドベンチャーゲーム(ADV)となります。

 

3人は異なる境遇の中それぞれが問題を抱え、悩み、苦しみ、どうにか現在を生きています。

一人目の主人公は中年男性の「ジョン」。彼は若者「ジャック」となぜか体が交換されてしまい。それぞれの生活に対応しなければならなくなります。

二人目は上昇志向の強いキャリアウーマン「ミーナ」。仕事でも家庭でも行き詰まりを見せる彼女は不倫へと走っていきます。

三人目は「ドナ」、友人達とふと見かけたハンサムな男性を好奇心から尾行した結果、自身が誘拐事件を引き起こすきっかけを作ってしまいます。

 

交わることの無かった彼らの人生に起こった奇妙な出来事が、より不可解な展開を生み、複雑に絡まり合い、そして予想外の結末へと向かっていくのです。

 

登場人物紹介

ここではこのゲームにおいてメインとなる中心人物を紹介していきます。

ジョン・スミス

f:id:marukudo:20210725070609j:plain

人生に少し疲れ気味の中年男性。実直な性格。シングルファーザーで8歳の娘を育てている。

仕事では嫌な上司にいびられる毎日。イニシャルが似ているせいか、よく近所の若者ジャックの郵便物が迷い込む。時々渡しにいくが軽薄そうな彼のことは良く思っていない。

しかし駅で出くわしたある出来事により、彼の人生が一変してしまう…

 

ジャック

f:id:marukudo:20210725070628j:plain

ジョンの近所に住む若者。ゲームプログラマーで給料はジョンよりも高く、優雅なマンションで一人暮らしをしている。

駅で、とある老人とのいざこざが原因でジョンと体が入れ替わってしまう。 

ミーナ・ヒューズ

f:id:marukudo:20210725070659j:plain

秘密機関で働くエージェントで戦闘能力が高い。上昇志向も高く、とあるプロジェクトに採用されるために新進気鋭の同僚とその座をかけて争う事となるが、不利な状況に追いやられている。

夫と子がいるが、あまり家庭を顧みず医師との不倫を続けている。 

ドナ・アデレーク

f:id:marukudo:20210725070643j:plain

女子高生。日々の生活や過度に干渉してくる家族に窮屈さを感じている。

友人達とつるみ、夜遅くまで出歩いている。ある日、不審な動きをするハンサムな男性を見かけこっそり尾行する。その人物が入った建物に忍び込むも気づかれてしまう… 

謎の男

f:id:marukudo:20210725070723j:plain

ドナと友人達が見かけた謎の男性。ドナ達は、彼が自分の家に女性を連れ込む姿をたびたび見かけるが、女性がその家から出るのを見かけたことがない。

彼がある建物に入った際に、ドナ達を見つけ追いかけるが逆に抵抗されてしまい囚われの身に…

 

ゲームのシステム

章ごとに3人の物語を選択

f:id:marukudo:20210725102741j:plain

ゲームは章ごとに分かれていて、初めに3人の物語のどれかを選択します。

どれから初めても構いません。

1人の物語が終わったら、残りの物語を選択します。3人の物語を全て見終えたら、その章は終了となり、次の章へと移ります。

毎回、それぞれの物語がちょうど気になるところで終わってしまうので、どんどん次の話が気になってしまいます。

 

物語の各所で選択を迫られる

f:id:marukudo:20210725103243j:plain

物語の途中では、かなり頻繁に2つか3つの選択肢が出てきます。

選んだものによって、会話の内容が変わったりします。

 

時にはミニゲームも

f:id:marukudo:20210725103634j:plain

ゲームの途中にはボタンを押す様に指示されるQTE(クイックタイムイベント)が発生したり、上の画面の様にリズムゲームの様なものを楽しむこともできます。

こうした条件をクリアしながらゲームを進めていくのです。

 

ゲームをプレイした感想

一通り、最後までクリアしました。

クリアまでの時間を知る方法がないので、正確なところはわかりませんが、

個人的には7~10時間くらいでクリアできた様に思います。

 

良かった点

・ストーリーが面白い!

内容はかなり面白い部類に入ると思います。

3人のキャラクターの物語が章仕立てになっているのですが、それぞれの話がとても興味深く、小出し小出しにされてるので話の続きが気になって仕方なかったです。

海外ドラマにも似た中毒性と言いますか、熱中度が高かったです。

主人公3人が体験する物語は非現実的な部分もあるのですが、彼らが感じてる悩みはプレイする自分たちにも通じるものがあるので、感情移入しやすかったです。

 

・エンディングが考えさせられる

3人の物語にはそれぞれ2つのエンディングが用意されていますが、

そこにはバッドエンディングやグッドエンディングの概念が無いように感じます。

どちらを選んでも、少し考えさせられる部分があります。

詳しくはネタバレになるので言いませんが、かなり深い終わり方です。

どんな結末なのかは、ぜひ皆さん自身で体験していただきたいです。

 

ちょっと気になった点

・日本語字幕の「男性言葉」「女性言葉」がちぐはぐ

もともと海外のゲームなので、日本語訳がされてるだけありがたいのですが、

その字幕が、少し変なんです。

内容的には充分に理解が出来るのですが、「男性が言いそうな言葉」、「女性が言いそうな言葉」がちぐはぐになっている事が多々あります。

f:id:marukudo:20210725113844j:plain

↑例えば、この画像の様に男性医師フェリックスのセリフなのですが、

「思わなかったわね」と、主に女性が使いそうなセリフを割り当てられています。

このキャラクターは決してオネエ的な性格でも無いにもかかわらずです。

こうした性別の区別の付かない翻訳がところどころで使われています。

 

まあ今現在は、世界的にも男女の区別をする事を嫌う傾向にありますが、それでもこの違和感はちょっと直して欲しいところです。

 

・選択肢の数の割にエンディング分岐が少ない…

ゲームのストーリー自体はかなり面白いです。それだけでもこのゲームをやる価値はあります。

ただ、豊富な選択肢の割に本筋のストーリーに変化はありません。ほぼ一本道と言っていいと思います。

さらにエンディング分岐が一人のキャラクターに2つずつしかないので、なおさら選択肢の意味がわからなくなりがちです。

もう少し選択肢によるエンディングの数を増やしてくれたら、もっと面白いゲームになったのでは?と思います。

 

「Last Stop」をプレイするには?

PCやXboxをお持ちの方は、個人的には「Xbox Game Pass」をオススメします。

www.xbox.com

これはマイクロソフトが提供しているビデオゲームのサブスクリプション(定額サービス)の事です。

Xboxをお持ちの方はもちろんの事、PCにも対応してますし月額850円~1100円で対象ゲーム100本以上が遊び放題になります。

ゲームも「ドラゴンクエスト11」や「龍が如く」シリーズ、「Fallout」シリーズといったAAAタイトルのものから、「Slay the Spire」とインディーズタイトルまで豊富なラインナップが揃っています。

 

最近ではクラウドゲーミングにも対応しており、  AndroidやiPhone、iPad、Macでも遊べる様です。

japanese.engadget.com

「Last Stop」を比較的安くプレイするにはこの「Xbox Game Pass」もオススメです!

一ヶ月間だけ契約してもクリアは余裕ですし、その後は違うゲームも楽しめます。

 その際は最安で一月850円で済みます。

 

PS4、PS5版で遊ぶ場合は2970円です。

store.playstation.com

Steam版は2700円

store.steampowered.com

Switch版は2700円です。

store-jp.nintendo.com

 

類似したゲームを紹介

Virginia

「Last Stop」を製作した「Variable State」が2016年に公開し、話題を呼んだのがこの「Virginia」(ヴァージニア)です。

ゲームは、卒業したばかりのFBI特別捜査官Anne Tarverの目を通して、バージニア州の田舎で起きた少年失踪事件の真実が描かれていきます。

store.steampowered.com

 

デトロイト ビカム ヒューマン

【PS4】Detroit: Become Human Value Selection

【PS4】Detroit: Become Human Value Selection

  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
Amazon

2038年、デトロイト。人工知能やロボット工学が高度に発展を遂げた、アンドロイド産業の都。 人間と同等の外見、知性を兼ね備え、様々な労働や作業を人間に代わって担うようになったアンドロイドは、社会にとって不可欠な存在となり、人類はかつてない豊かさを手にいれた。 しかし、その一方で、職を奪われた人々による反アンドロイド感情が高まるなど、社会には新たな軋轢と緊張が生まれはじめる。 そんな中、奇妙な個体が発見される。「変異体」と名付けられたそのアンドロイドたちは、あたかも自らの意志を持つかのように行動しはじめたのだった。

こちらも選択肢や分岐がかなりあり、ストーリーも奥深いものになっています。

 

まとめ:「Last Stop」ストーリーが秀逸で面白いです!ぜひプレイを!

今回は「Last Stop」と言うゲームを紹介いたしました。

いろいろと気になる点はあるものの、続きが気になるストーリー、考えさせられるエンディング等、プレイして良かったと思えるゲームでした。

前作「Virginia」もちょっと気になってきました。グラフィックなんかは「Last Stop」の方が良さそうですが、ストーリーの評価が高そうです。

 

「Last Stop」、もしもご興味が沸きましたらぜひぜひプレイしてみてください!

 

以上です…