まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

究極の配達時間…


スポンサーリンク

こんばんは!まるく堂です!

 

こんな記事を見つけました…


Amazon Can Deliver a Book in an Hour in Manhattan ⋆ The Digital Reader

Amazonはマンハッタンにて1時間以内の書籍の配達を可能にした…)

 

電子書籍と紙書籍の

最大の違いは何かと言ったら

読めるまでの時間の速さにあると思います…

 

電子書籍は一度ポチって

ダウンロードを完了すれば

すぐに読めます…

データもテキストデータならなおさらで

ものの数秒で読めちゃいます…

 

一方で紙書籍はそうはいきません…

書店に行くにしても、配達を頼むにしても

それなりの時間がかかりますよね…

 

そのどうしようもない絶対的な格差を

Amazonさんは究極にまで縮めようとしています…

 

記事によりますと

Amazonでは

マンハッタンのある一部地域、

それもプライム会員に限定されますが

超スピードで書籍を配達してくれる

サービスを展開してるようです…

その配達時間…

ナント!1時間以内!!!!!

 

スゴくないですか…?

 

Amazonでは

マンハッタンの倉庫を拡大したようで

そこから直接、バイクメッセンジャーを使って

お届けするようです…

 

ピザかよ!!!

ってくらいの凄まじさですね…

 

東京の方だと割と発送って早いと思いますが

それでも早くて当日止まりですよね…たぶん…

 

まあ、私のような田舎に住んでるものとしては

1時間配達なんて夢のまた夢ですけど…

 

ただ、この超スピード配達サービスに

取り組んでるのって、Amazonだけじゃないようで

Googleとか向こうの書籍の老舗の

バーンズ&ノーブルとかも参戦してるようです…

 

こんな超スピード競争に巻き込まれた日にゃ

従業員さん、どうなっちゃうの…?

って感じですけど…

 

そういえばちょっと前に

Amazonのこんなニュースありましたよね…


Amazonが実現を目指す「空飛ぶ宅配ロボ」|Idea Web Tools | 自動車とテクノロジーのニュースブログ

 

これも配送時間の短縮のための

布石なんですよね…たぶん…

いかに効率よく配達できるかを考えれば

行きつく先はそういうことなんでしょう… 

 

そのうち、Amazonさんなら

物質転送装置とか発明しそうです…

 

超スピードサービス…

日本でもいずれはやるのかなあ…?

やるにしてもかなり限定的になりますよね…

倉庫の近くに住んでる人とか…

 

Wikipediaによりますと

日本でのAmazonの倉庫は10数か所あるようです…

Amazon.co.jp - Wikipedia

 

なので、その近辺に住んでる方々は

近い将来、実現するかも知れません…

 

ポチッたら1時間以内に空から

エッチなBlu-rayを乗せたロボットが

やってくるなんて

胸アツじゃないですか!!!!!!

(↑ものすごい事なんだけど何かしょーもない…)

 

以上です…

 

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)

 

↓面白アイテムや珍品グッズ

Kindle本を「超」紹介!!

 MARUKUDO SHOP 

f:id:marukudo:20140413234447j:plain