まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

自分の電子書籍が1冊でも多く売れるためにできること…


スポンサーリンク

今回は久々に電子書籍の話題です…

 

これまで…何冊か電子書籍を出版させていただきました…

f:id:marukudo:20150928043609j:plain

電子書籍のイイところを述べて下さい!って言われたら

出版までの敷居がメチャメチャ低く、誰でもできますし

一度執筆するとコンテンツによっては

未来永劫ロイヤリティ(印税)を稼いでくれるところ

ですね…

もちろんAmazon他メーカーさんがツブれない限りは…ってことですけど

当分は大丈夫なハズ…です…

(注:最初の手続きが少し面倒ですが、難関はそこだけですね…)

 

縦書きでルビが振ってあるような

見栄えの良いモノを作ろうと思ったら、それなりに知識は必要ですが

それすらも最近の「一太郎」シリーズを購入していただくとかなりお手軽ですし… 

一太郎2015 通常版

一太郎2015 通常版

 

 

体裁にこだわらず、横書きでも良ければ

世界で一番メジャーなワープロソフト「Word」で

文書をPDFに変換したファイルと、表紙用の画像さえあれば

それだけで電子書籍は完成しちゃいます…

(注:Wordファイルでも可ですがルビ等に問題あるようです…)

 

marukudo.hatenablog.com

 

じゃあ…どれだけ売れるの…?

一番興味があるのはソコですよね…?

というわけで…

今回は恥を忍んで

私、まるく堂の実情をぶっちゃけたいと思います…

 

先に言っておきますが…

もしも皆さんの「印税生活の夢」をブッ壊してしまったら

申し訳ありません…

 

これまで16冊ほど出版させていただきまして…

ここ最近の販売数は毎月トータルで40冊前後です…

なので1書籍につき月2.5冊ほどの販売数ですね…

自分で書いててヘコみますけど…orz

 

実際は月0冊の書籍もあるので

(特に昨年出版したeBay関係の情報商材はほぼ全て0冊です…)

もっと少ない書籍数での販売になりますね…

 

ロイヤリティとしては

値段によって印税が違ってきます…

100円前後の書籍→35%で1冊約35円

250円の書籍→70%で175円

で、月平均2000円程度です…

 

内訳としては今年出版したeBay関係の書籍がほとんどですね…

どこかのコミュニティで話題になるのか時折、日に10冊ほど売れることがあります…

次の日に0冊というのもデフォですけど…

次に検討してるのが「MSXクイズ」という超マニアックな書籍ですね…

 

最近は新しいのを出版してないので落ち着いてますが

新刊を出版したあたりは月4000~5000円ほどに

なる時もあります…

 

500円の書籍も昨年販売してましたけど

eBay関係の本は情報の新鮮さが命なので

今年はほぼ0冊ですね…

 

素人なんで…大体こんな感じです…

 

1冊でも多く売るためにできること… 

誰だって1冊でも多く売りたいですよね…

上記の通り…ショボい売上しか経験してませんけど…

それでもこれまで自分がしてきたことや、これは有効ではないか?

ということをちょっと紹介したいと思います…

 

ブログ、ツイッターの立ち上げ、宣伝…

二年ほど前だときんどうさん

無料キャンペーンをする際に告知をお願いすると

紹介されたりして、かなりの配布数を見込めて

宣伝には効果的だったのですが、現在はしてないようです…

 

なので作家さん個人で広告費をかけてどこかで宣伝してもらうか

宣伝媒体を自分で作る必要があると思います…

ここの宣伝力が強いか弱いかで売上にも大きく影響してきます…

 

一番安価なのはブログやツイッター他SNSを

立ち上げて宣伝することですね…

これらを伸ばして行くことも

それはそれで大変ではありますが…

 

出版を定期的に…

単純に1冊でも多く売りたい場合は

1冊でも多く出版した方が有利です…

 

運も実力も兼ね揃えてる方は

1冊でスマッシュヒット!なんて事もあり得ますが…

多くの個人作家さんの手法としては

「薄利多売」が一般的だと思います…

 

なので定期的にあまり時間を空けずに

出版していくことも大事なんですよね…

 

無料キャンペーンを定期的に…

KDPセレクトというAmazonのサービスに登録しておくと

90日に一回、5日間の無料キャンペーン設定が出来るようになります…

これが結構な宣伝効果を生んで

キャンペーン終了後に売上が通常より増えることがあります…

 

そんなに定期的にキャンペーンやってたら

誰も買わなくなるだろ…とか思いがちですが…

 

意外とそうでもなくて、他の作品の売上も増えたりしてるので

あまり出し惜しみせずに

こちらも定期的に行っていくことをオススメします…

 

価格設定を高めに…

100円の書籍を執筆し続けて

収入が雀の涙なのはどこのどいつだ~い?

私だよ!!!

(↑にしおかすみこを知らない方スミマセン…)

 

ハイ…というわけで…

出版する際に

「うーん、自分の書籍なんてなあ…そんなに価値があるかどうか…

100円くらいでいいや!」

って自信のなさから、そう考える方もいると思います…

 

これは作品にもよりますが

250円を最低限のラインにした方がいいです!

というのも、このラインを下回ると

ロイヤリティーが35%しか取れなくなります…

100円だと35円ってことです…

 

250円を超えることでロイヤリティ70%を設定できます…

(KDPセレクトに登録することが前提となります…)

1冊で175円ですよ…35円の5倍です…

100円の本5冊分ってことです…

 

昨年、私は500円のeBay関連の本を販売しましたけど

その時はロイヤリティーが350円で、100円本10冊分…

1冊売れるだけでかなりの破壊力です…

 

というわけで…

最初は100円で売って、実際に販売できた!という達成感を味わうのも

イイかと思います…モチベーションも上がりますしね…

 

しかし、より多くの収入を得るためにも

後々は価格の値上げを考えていった方がいいです…

その分、書籍の完成度を上げる必要はありますけどね…

 

☆1レビューをもらわない…

って、これは作家さん自身がどうにかして

どうにかなるものでもないですけど…

どんなに良い物を作っても、付く時は付いちゃいます…

 

ほとんどの個人作家さんの作品は☆1を喰らうだけで

事実上の販売停止ですからね…

生き証人の私がいうのですから間違いないです…

 

なので…これはぶっちゃけ運頼みですね…

毎日、起きてから寝るまで

どうにか☆1レビューが付かないように

神様にお祈りしてもいいですし…

 

四国八十八箇所を行脚して

無事故、無違反、無☆1レビューを

祈願してもいいかと思います…

(↑そんな時間があるならとっとと執筆しろよ…)

 

まあ、負けずに頑張ることが大事ってことです…

 

究極の宣伝法…

こんな記事を見つけたんですけど…

rocketnews24.com

ご近所の家にビラ配り!!! 

 

意外とこういうアナログな手段の方が

効果的かも知れません…

 

しかし87歳でなんという行動力…

これから先、私もその辺まで生きてたら

印税ってトータルいくらくらいもらえるんですかね…?

チリも積もれば…を期待したいですけど…

 

まとめ…印税にロマンを求められるかどうかで続けられる…

正直に言いますと…

電子書籍での売上って…少ないですね…

少なくとも私はそれで生活ができるほど潤ってません…

ホント、お小遣い程度のモンです…

 

もちろん、これは私個人に限っての事であり

他の個人作家さんの中にはずっと稼いでいる方もいらっしゃいますよ!!

 

やり方によっては、もう生活できるくらいに収入を得られている方も…

www.bloglifer.net

 

これぞまさに「夢の印税生活」ですね…

うらやまし過ぎる…orz

 

ここまで行けるようになりたい~!!!

なのでむしろ、リンク先の方を参考にした方がいいかも知れません…

ただ、

私の様な素人でも続けるだけで月2000円ほどは稼げるよ…

という事も覚えて頂ければと思います…

 

正直なところ…

個人的にはブログで執筆する方が

電子書籍よりもまだ稼げたりしてます…

また、eBayで商品を1つ販売するだけで

月のロイヤリティを上回る利益を得ることもできるので

そちらに専念したほうが遙かにお得ではあるのですが…

 

でも「印税」って言葉に

夢とロマンが超つまってないですか!!!??

 

自分の執筆した作品が自分の手を離れても

今後もずっと稼ぎ続けてくれるって

絶対に幸せなことですよ!!

 

いつかそんな日が来るのを夢見て

これからも執筆していきたいと思います…

 

そして、もしもまだ電子書籍を出版されたことのない方が

いらっしゃいましたら、ぜひぜひチャレンジしてみて下さい!!

アナタのその手が生み出すモノは

今後の将来を大きく変えるほどの作品なのかも知れませんヨ!!

 

以上です… 

お金持ちになるための電子書籍10冊

お金持ちになるための電子書籍10冊