読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

間違いメッセージの悲劇…

海外 小説のネタに…

スポンサーリンク

目次(文字数:2000字前後)

間違った相手へ送ってしまう事はよくあるよね?

f:id:marukudo:20160805064532j:plain

こんな記事を見つけました…

間違った相手への面白メッセージ

www.oddee.com

昔から「間違い電話」等、メッセージを送る相手を間違える事はよくありますし、

今だとSNSで間違って送ってしまう、なんてのもある様です。

 

私もiPhoneのメッセージで、友人から「ハ?」と思うような文面を受け取った事もあります。

 

今回は、上記記事から「スマホで自爆してしまった人達」を

いくつか紹介したいと思います。

 

それではまいります。

 

しまった…!?

f:id:marukudo:20160805053717j:plain

「やあ!ハニー!オレの妻は今外出中さ、ちょっと会って楽しまないか?」

「何ですって?」

「キミもそうしたいだろ?」

「こちらはあなたの妻ですけど」

「しまった…」

 

スマホでのメッセージは、相手に切り替わってると勝手に思ってそのまま自爆しちゃうケースも多い様です。

特に浮気してる時なんかは細心の注意が必要ですね。

 

妊娠

f:id:marukudo:20160805053729j:plain

「私達の "妊娠した(pregnant)"お嬢さん!調子はどう?」

「ママ!何でその事を知ってるの?」

「打ち間違えたわ、”大切な(precious)”だった。

え…ちょっと待って…」

「な、何でも無いわ!私は元気よ!」

 

「pregnant」と「precious」、確かに似てると言われれば似てるかも?

思わず打ち間違えた言葉が、思わぬ真実を露わにしてしまいました…

この後の家族会議はどうなったのでしょうか?

 

父親

f:id:marukudo:20160805053738j:plain

「ヘイ!ハニー!もう”あのクソ野郎共" を乗っけて行ったのか?」

「送る人、間違ってるよ、お父さん」

「おお、すまんすまん、このメッセージはお前のお母さんに向けたモノだったんだ」

「ちょっと待って!!!”クソ野郎共"?

それって私とお姉さんの事?」

「……ああ……」

「……」

 

実の父親に、影でこんな事を言われてたらショックですね。

それで通じると言うことは…

実は母親もそう思っていたのでしょうか?

 

これはグレる…

 

母親

f:id:marukudo:20160805053747j:plain

「ねえ、これからもう一度会って楽しいことしましょうよ!私のベイビー!」

「ママ!!何て人なの!!”私のベイビー”って誰の事よ!!」

「ああああ…何でも無いの、気にしないで、忘れて!」

「さあアナタ、私を食べてみたい?それとも先に私がアナタを食べちゃおうかな?」

「ちょ…まだあなたの娘とつながってるんですけど!!!」

 

家族の、特に母親の色恋沙汰はちょっと見たくないかも…?

これが浮気だったらなおさらです。

娘さんの心中は穏やかではないですね… 

 

別れ

f:id:marukudo:20160805053708j:plain

「なあ、こんな事上手く行くわけないよ。オレはキミと別れるよ」

「私はアナタの妻よ。私は別れないわよ!あなたの家に住んでるんだし。

本当に離婚したいのなら、ちゃんと会って話し合いましょう」

「あ、ごめん。これは他の人に向けたメッセージなんだ」

「そういうことね、オッケー…

って、ちょっと待って!!!」

 

これもどうやら浮気っぽいですね。

ただ、男性の方は後悔しているのか相手に別れを告げますが…

まさかの自爆!!

スマホはこのミスが非常に多いですね…

 

会えない…

f:id:marukudo:20160805053655j:plain

「やあ、ハニー!ごめん、家の用事で今日はちょっと会えないんだ」

「大丈夫よ!気にしないで」

「ありがとうハニー!また後で連絡するよ、愛してる」

「私もよ」

「やあ!ジェニー、7時にそこへ行くよ」

「ジェニーって誰?」

 

これも相手を切り換えない自爆パターンですね!

文面を読む限りは、彼女さんもすごく良い人そうなのに…

 

タバコ

f:id:marukudo:20160805053647j:plain

「あなたの好きなタバコの銘柄は何?あなたのために用意してあげる」

「マールボロレッドスペシャルのボックスだ」

「またまた、私をからかってるんでしょ?」

「お前は今まで生きてきた15年の中で、最も深刻なトラブルに陥ってるぞ」

 

彼氏だと思ってた相手が、実はお父さんだったというオチです。

15歳でタバコを吸うくらいの年齢の彼氏なのか…

それともまだ禁止されている年齢なのか…

ちょっと判断に困りますが、タバコを買える年齢ではないし、

どちらにしろ、こってり絞られそうですね。

 

まとめ:スマホでのメッセージは送る相手をチェックしましょう!

打つ相手を間違えたばかりに、悲劇を迎えた方々が多いですね!

SNSは非常に手軽に繋がりやすい分、間違った相手にメッセージを送り安いのは事実だと思います。

 

特に、後ろめたい事をされてる方は注意しましょう。

ほら…

今アナタがSNSで送ったメッセージ…

相手、間違えてますよ!!

 

以上です…

 

本日見つけた無料キャンペーン中のKindle書籍です…(終了してる場合もございます)

【無料版】世界一やさしいLINE&フェイスブック 合本版

【無料版】世界一やさしいLINE&フェイスブック 合本版