まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

KDP出版までの難関、「W-8BEN」の申請


スポンサーリンク

前回からの流れのおさらいですが、

1・アメリカの内国歳入庁(IRS)という所へ「SS-4」という書類を提出する。

2・内国歳入庁(IRS)から、EINEmployer Identification Number)と呼ばれる「雇用者番号」を取得する。

3・EIN(雇用者番号)を取得後、AmazonUS)へ、「W-8BEN」という書類を提出する。

 

前回は、IRS(アメリカ内国歳入庁)へ「SS-4」という書類を提出するところまでを書きました。

今回はEIN(雇用者番号)を取得後、AmazonUS)へ、「W-8BEN」という書類の提出について書きたいと思います。

 

私はまだ提出してないです…が、勉強の意味でも調べたことを書いていきます。

W-8BENもAmazonのサイトで記入例のページがあるのですが、そのまま鵜呑みにして提出すると受け取り拒否の報告もあるみたいですね。記入例はどうも会社や組織を対象にしてる感じで、個人の場合は当てはまらない場合もあるようです。

日本でのサービスは始まったばかりだからなのか、少し不親切のようにも思えます。

 

 それではW-8BENを書いていきましょう。EIN(雇用者番号)を取得していることが必要です。取得方法は前回の記事をご覧下さい。

f:id:marukudo:20130224005834j:plain

名前や住所はご自分のものを書いて下さい。

2の部分はAmazonの記入例と違う部分です。記入例は法人用の設定と思われますが、何の説明もないのでそのまま書いちゃう個人の方もたくさんいると思います。

 

f:id:marukudo:20130224005729j:plain

 ここまできたらあともうちょっとです。

f:id:marukudo:20130224005752j:plain

これで最後です。

 

送り先は

 

Amazon Services International, Inc. 

Attn: Vendor Maintenance 

PO Box 80683 

Seattle, WA 98108-0683 

です。

また作成した署名済みのW-8BENの原本の右上に、KDPの出版者コードを記入してから送ってください。

 

(2013/8/28追記

W-8BENがオンライン上で送信できるようになりました。ご自身のアカウントより質問に答える形で設定していきます。

くわしくはコチラの記事をお読み下さい)

 

 

これをAmazon(US)に送ればとりあえず30%の源泉徴収を引かれずにすみますね。

しかし、Amazonさんの記入例、もはや罠のように思えます。

私は上記のスタイルで出してみようと思います。もしも間違いなどあった場合、修正していきます。

お疲れ様でした。  

次回は印税と振込手数料について書いていければいいな…と…

 

↓私、まるく堂が書いた渾身の一作です…

ソフトはAozoraEpub3を使用、縦書きです。

これからKDPで出版を始める皆様方の参考になると思います。

ぜひ、御一読下さい…

 

本日見つけた無料キャンペーン中のKindle書籍です…(終了してる場合もございます) 

東京防災

東京防災