まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

ロボットがこんな動きを?ジャッキー・チェンになる日も近い?

こんにちは!まるく堂です!!

 

こんな記事を見つけました…

このロボット、勝手にどこか行っちゃいそう…

www.ebaumsworld.com

f:id:marukudo:20171119081137j:plain

ボストン・ダイナミクス社という

アメリカのロボットを研究している企業があるのですが、

そこで「アトラス」という二足歩行ロボットが開発されています。

 

↓こちらの動画はその「アトラス」が公表された2013年当時の動画です。

多少はぎこちなさを残すものの、

それまでのロボットの動きを覆すような、スムーズな動きをしていますね。

 

そして2017年、アトラスはさらなる進化を遂げ、

現在では、こんな事ができるようになったのです!!! 

両足ジャンプからのバック宙って!!!

これ…

スゴスギです!!

しかもケーブルも無くなっているし、

放っておくと勝手にどこかに行っちゃいそうですね!!

 

ジャンプをする動作が本当に人間みたいに滑らかです。

跳んで向きを変えるロボットなんて

今まで見たことありませんよ!!

 

たった4年でここまで出来る様になるなら、

5年後、10年後なんかは、

映画のスタントマンができるレベルくらいになるかも知れません。

 

もしもそうなったら

ジャッキー・チェンの様な、命を張った危険なスタントも、

ロボットに取って代わる様になるかも…?

もし失敗してロボットがぶっ壊れてしまっても、

パーツを取り替えればすぐに治せますし…

スタントマン危うし!!

 

 

でも他にもたぶん、

軍用兵器なんかにも利用されちゃうんだろうなあ…

将来はこのロボット達が人間の代わりに他国を攻めることになるのでしょうか?

ターミネーターの世界がまた一段と近づいて来た感じです。

なんか…ロボットには殺されたくないなあ…

まあ、人間でもイヤですけど…

 

最近はAIでもなんでも、

テクノロジーが進歩するのが早すぎの様な気もしますね。

その進化の先に何があるのか?

人類にとって幸せな未来だといいのですが…

 

以上です… 

もっとなかよしRobi Jr.

もっとなかよしRobi Jr.

 

漫画「岸際のワルツ 椎名うみ作品集」を読んでみた。

目次(文字数:2100字前後)

読んだ漫画本を紹介してみる…

こんばんは!まるく堂です!

KADOKAWAで発行されている

雑誌「ダ・ヴィンチ」12月号を読んだのですが…

ダ・ヴィンチ 2017年12月号

ダ・ヴィンチ 2017年12月号

 

 

その中の「今月の絶対はずさない!プラチナ本」というコーナーにおいて

↓コチラの書籍が紹介されていました。 

崖際のワルツ 椎名うみ作品集 (アフタヌーンコミックス)

崖際のワルツ 椎名うみ作品集 (アフタヌーンコミックス)

崖際のワルツ 椎名うみ作品集 (アフタヌーンコミックス)

 

内容紹介
選考委員・萩尾望都氏が感嘆した、アフタヌーン新人賞「四季賞」受賞作。『ボインちゃん』教師と生徒。その埋めがたい溝をめぐる絶望と激高。『セーラー服を燃やして』華と律――ふたつの異なる才能が、舞台上で激突する。高校演劇青春活劇!!『崖際のワルツ』

この漫画は「椎名うみ」さんという方が描いたモノです。

「ボインちゃん」、「セーラー服を燃やして」、「岸際のワルツ」という、

3つの短編が収録されています。

 

↓あらすじはこんな感じです。

 

「ボインちゃん」

第二次成長期の最中にある小学生「まお」は、

自分の胸が大きくなっていくのをとても気にしていた。

その事に触れられたくない彼女は「さらし」を巻いて登校する。

誰にもバレてないと安心するまお。

しかし、彼女のクラスメイト、内藤の何気ない一言で注目を浴びてしまう…

 

「セーラー服を燃やして」

中学生になったまお。ある日、彼女の友人の内藤が突然不登校になってしまう。

家族や先生の心配をよそに、かたくなに登校を拒否する彼女。

何が彼女をそこまで追い込んでいるのだろうか?

 

「岸際のワルツ」

演劇部に入部した華。早速演技を披露するが自信の程とは裏腹に、壮絶な大根ぶりが露呈してしまう。しかし、華の演技に可能性を見出した少女、律は、華とペアを組むことにしたのだが…

 

感想など…

この短編集は、一言で感想を言うのがとても難しいです。

一見、友情をテーマに描いているようでいて、

でも実は人ってわかりあえないのかも?なんて不安も感じさせるような、

ちょっと読み手側にも精神の不均衡を招いてしまうような漫画です。

 

例えば「ボインちゃん」という漫画では、

成長期を迎え、自分の体に変化が表われることに悩みを抱えている「まお」と、

彼女を傷付けているとも知らずに空気が読めない言動を繰り返す「内藤」。

そんな、本来は友達になれそうもない二人ですが、

率直な意見を言う内藤に、まおは少しずつ友情を感じるんです。

ただ、お互いをわかりあったのか?と言うと、そうでもない感じで…

 

読んでいく内に何が正しいのか、

その判断基準を大きく揺さぶられてしまうような感じです。

正直、ちょっとモヤモヤが残るのですが、

でも思春期ってそんな感じじゃなかったっけ?

と、自分の時の事を思い出してしまいますね。

私は男ですが「成長期の体の悩み」的な事は自分にもありましたしね…

共感できる部分もあるなあ…と…

 

「セーラー服を燃やして」では、

「内藤」が理由も分からず登校拒否をしてしまい、

彼女の家族や、担任の先生が振り回され、その対応に追われます。

本来なら、少女を心配している家族側のとる行動が正しいと思うのですが、

この漫画を読んでると、

本当にそれで良かったのかどうかがわからなくなります。

 

特に先生は一生懸命に対応してるハズなのに、

なんだか、かなりコワいんですね…

空恐ろしいくらいに…

 

そして、書籍タイトルにもなっている「岸際のワルツ」。

これもかなりパンチが効いた作品です。

大根役者としか思えないような華と、演技のセンスを持つ律という、

チグハグなコンビながらも演技で他人を惹きつけるまでの過程がかなりスゴいです!

この違和感というか、衝撃的とも言える感覚を

ぜひ実際に読んで感じていただければと思います。

 

まとめ:賛否両論はあれど、けっこう斬新な漫画です!

この漫画を読んだ後だと、

他の、青春をテーマにした漫画って「出来レース」みたいなところがあるなあ…

なんて感じるようになってきます。

 

そう、思春期って今思えば、

なんだかよくわからないまま不満を抱えながら、

友人でさえも理解しているようで理解してなかったり、

正解もわからず、ただただ闇雲に突き進んできたような期間だったかもなあ…なんて…

 

もちろん楽しい想い出だって沢山あると思いますが、

体の成長のこととか、勉強の事とか、将来の事とか、

多感な時期に、いろんな悩みが一挙に押し寄せてきて、

それはもう本当に荒波の様です… 

 

この「岸際のワルツ 椎名うみ作品集」は、

むしろ、そんな「青春の闇の側面」をより現実的に描いている様にも思えました。

なので、決して脳天気にハッピーな漫画ではありませんし、

読後感もサッパリとは言いがたいのも確かです。

 

多分、キライな方はとことんキライになるタイプの漫画ですね。

と、賛否両論はあるかも知れませんが、

私は割とオススメしたいです。

もしも機会があれば、一度読んでみても損はしないです!!たぶん…

 

以上です…

 

「岸際のワルツ」は電子書籍版もありますのでKindleでどうぞ!!

はてなブログProを継続するべきかどうか悩む…

はてなブログPro、継続するべきか、辞めるべきか…?

f:id:marukudo:20171111120121j:plain

 

こんばんは!まるく堂です!

現在、はてなブログProを契約しているのですが、

こんなお知らせが届きました…

f:id:marukudo:20171107054201j:plain

そうかあ、もうそんな季節かあ…

私がはてなブログProに以降したのが二年前の今頃でした。

 

もちろん、はてなブログは無料でずっと使い続けることが出来るのですが、

特定の言葉にリンクがついてしまう「キーワードリンク」や、

はてなブログ独自の広告が出てきたりして、

少しでもブログ収入を得たいと思ったら、Proに移行した方が確実に良いんですよね。

 

ただ、お値段が微妙に高いのがネックです…

f:id:marukudo:20171107054806j:plain

一か月コースは1008円かかります。

ブログでの収入が1000円以上の方なら、Proに移行することで、

もっと収益が上がる可能性がありますが、最初の内は1000円でもかなりキツイので、

なかなかハードルが高いんですよね。

 

1年コースだと年会費8434円となり、月換算だと703円。

一ヶ月コースより約300円お得になります。

 

2年コースだと14400円で、月々だと600円となり最安価格!

一ヶ月コースよりもさらに月400円も安くなります。

 

私が以前選んだのは「二年コース」でした。

ただ、月額がかなり安くなるとは言え、決断するのは割と悩みましたね。

二年後もブログやってるのかな?

という気持ちが脳裏をよぎったからです。

 

途中でブログを辞めても返金されるワケではないので、

ちょっとギャンブルに近い感じでした。

 

おかげさまでなんとか二年間はやってきましたけど、

昨年から、更新頻度が極端に減ってしまいましたし、

ブログへの情熱も以前ほど持てなくなってる現状というのもございます。

 

でも結局また2年間契約してしまった…

とは言うモノの、散々悩んだ結果…

もう一度、2年契約してしまいました。

悩んだ割りにはあっさりと決めちゃいました…

 

月額600円になるのはいいんですけど、

一括で14400円だと、やはりキツイなあ…とは思ったのですが、

Proをやめてブログにキーワードリンクが付いてしまうのはイヤだったし、

2年間を考えればなんとか元は取れるだろう…という考えに至りました。

 

せっかく契約したからには、もう少し更新頻度を増やしていこうかな?

と、モチベーションも少し高まりました。

 

これからまた2年間、続けていきたいと思ってますので、

よろしくお願いいたします。

 

以上です…

 

アレクサ!オレの代わりにブログ記事書いてよ…

Amazon Echo (Newモデル)、ヘザーグレー (ファブリック)

Amazon Echo (Newモデル)、ヘザーグレー (ファブリック)

 

Amazonの新サービス「Amazon Music Unlimited」を試してみたよ!

目次(文字数:3250字前後)

 

究極の音楽聴き放題「Amazon Music Unlimited」始まる!!

こんばんは!まるく堂です!

Amazonが新サービスを開始しました!!

その名も…

「Amazon Music Unlimited」と言います!!

f:id:marukudo:20171108235406j:plain

こちらは月額980円で、ナント!

4000万曲以上もの曲が聴き放題になるサービスです!!

Amazonプライム会員ならさらに200円安く、月780円で利用できます。

 

と、ここで既に会員の方は

「え?Amazonプライム会員の特典に

”プライムミュージック”ってあるよね?

アレも聴き放題サービスじゃ無かったっけ?」

と思った方もいらっしゃるかも知れません。

 

確かにプライムミュージックも音楽聴き放題サービスではありますが、

聴ける曲数が「100万曲以上」となっているんですよね…

なので、4000万曲以上を誇る

「Amazon Music Unlimited」の方が

40倍も曲数が多いという事になります。

 

実際に試してみた!!

幸いな事に、「Amazon Music Unlimited」では、

他のサービス同様、30日間の無料体験ができるんです!!

と言うわけで、私も試してみることにしました!! 

 

↑AmazonのMusic Unlimitedのサイトに飛ぶと、

「30日間無料体験を始める」という項目があるので、

それをクリックしてみましょう。

数回クリックするだけで、無料体験ができちゃいます!

 

インターフェース画面

f:id:marukudo:20171109000018j:plain

上の画像はPCで開いた画面です。

曲を再生すると、画面の上部に曲名が表示されます。

 

中央あたりにはMusic Unlimitedで聴けるおすすめ楽曲がスライド式に紹介されています。

画像ではペルソナ5というゲーム音楽が紹介されていますね。

 

左のサイドバーは、主に自分が再生した曲や、

プレイリストから曲を聴きたい場合に利用します。

プレイリストは自分で曲をリスト化して使ってもいいですし…

 

f:id:marukudo:20171109000851j:plain

↑こんな感じで、Amazonが独自で用意したモノを聴くこともできます。

かなり豊富なプレイリストが用意されているので、

その時の気分によって聴くことも可能です。

私の場合は…やたらビートルズがオススメされてますけど…

 

最新のアルバムも聴ける!

f:id:marukudo:20171109001018j:plain

アルバムなんかも、割と新しいモノが多いですね。

ブレードランナー2049のサントラとか、最近じゃないですか?

氷川きよしさんの歌うドラゴンボールの主題歌も、ついこの間発売されたばかりの様な気が…

 

新しい曲がすぐに聴けるこの感覚は、

プライム・ミュージックにはなかったかも…?

やはり曲数が40倍も違うと、スゴいですね!

 

ただし…一曲も存在しないモノもある…

ここで一つ注意なのですが…

4000万曲と言っても、全てのミュージシャンの曲を網羅してるワケではないと言う事です。

それはミュージシャンが所属する事務所との兼ね合いもあるのかも知れませんが…

 

例えば、最近引退を発表した安室奈美恵さんの曲は、

他のミュージシャンとのコラボ曲以外は、本人が歌ってるモノは

対象に含まれていません。

Mr.Children、宇多田ヒカル、ゆず、BUMP OF CHICKEN、といった

大御所と呼ばれる様な方々の楽曲も同様で、

中にはオルゴール曲くらいしかないものも存在します。

ネットに極端に厳しいジャニーズ関係の曲は全滅です。

 

ただ、

西野カナさんとか、Superfly、サカナクション、GLAY、スピッツ、AKB48等、

あくまでも個人的な感覚ですが、

思いつくミュージシャンの六割くらいは対象作品になってると思います。

 

多くの作品が対象になってるので、

プライムミュージックで感じてた様な不満はかなり解消されていますね!

どんな人の曲が対象になってるかを探すワクワク感は、

圧倒的にMusic Unlimitedの方が上です!!

 

Amazon Echoプランだと月額380円に!!

↓コチラはMusic Unlimitedの料金プランです。

f:id:marukudo:20171109003611j:plain

この中で、思わず目を引くのが「Echoプラン」

群を抜いて安くなってます。

月額380円ですよ!!!

通常プランの半額以下です…

 

このEchoとは、今度Amazonが発売するAIスピーカーの事です。 

Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)

Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)

 

音声だけでリモート操作できるスマートスピーカーです。「アレクサ」と話しかけるだけで、音楽の再生、天気やニュースの読み上げ、アラームのセットなど簡単に音声操作
たとえ音楽が流れていても、雑音の中でも、離れたところからでも、7つのマイクでしっかりと音声を聞き取ります
Echoの頭脳となるAlexaはクラウドベースの音声サービスです。話せば話すほど語彙が増えて、話し方や好みを学びます
パワフルな360°全方向スピーカーで、クリアなボーカル、ダイナミックな低音を再現。上質なオーディオをお楽しみいただけます
音声操作にて音楽再生いただけます。Amazon Musicなら楽曲名、アーティスト名など指定して再生や、Alexaに選曲をおまかせもできます
PhillipsやQrio等からの照明、スイッチ、ロックなどのスマートホームのデバイスをコントロールできます

「アレクサ、音楽をかけて」と話しかけるだけで、スピーカーから曲が流れる様です。

なんか、スゴく近未来的な感じがします。

これで380円は安すぎな気がします。

確実にEchoの販促も狙ってる感じですね。

 

解約方法も知っておきましょう!!

Amazonに限らず、無料体験、特にクレジットカードを登録するタイプのモノは、

無料体験終了後に自動的に更新されて、何もしないとそのままお金が引き落とされる可能性もございます。

 

なので、それがイヤな場合は、

無料体験が終わり近くになったらキャンセルする事をオススメします!!

 

まずはAmazonサイトで、「アカウント&リスト」という項目をクリックすると、

下記の画面が現れます。

f:id:marukudo:20171109004637j:plain

この画面の「Amazon Musicの設定」をクリックしましょう。

 

f:id:marukudo:20171109005040j:plain

↑すると「会員登録をキャンセルする」という項目が出ますので、

これをクリックしましょう。

これでキャンセルは終了です。

Music Unlimited契約後に解約する場合も同様です。

 

まとめ:ECHOかFireがあれば夢が広がるね!!

今回、個人的に利用した感想は、

プライムミュージックより

知ってる曲が多くて楽しい!!!

という事でした。

 

プライムミュージックはどちらかというと洋楽の方が充実してて、

邦楽はかなり少なめの印象がありました。

ですが、Music Unlimitedの方は月額を払うだけあって、

聴いたことがある曲がかなり多くて、

プレイリストを作るだけでもかなり楽しかったです。

 

Fireタブレットやスマホがあれば、曲をダウンロードできて

持ち運びできるのも嬉しいメリットです。

車で曲を聴きたい方には最適だと思います。

 

また、Echoがあれば、お家があっという間に

ジュークボックスになっちゃいますね!!

これもすごく楽しそうです。

 

お店を経営してる人とかは、

有線のBGM代わりにEchoで聴かせるのもオシャレかも?
あ、コレはJASR〇Cが来ちゃうかな?
(↑使う場合は自己責任でお願いします。)

 

Echoに関しては、

プライム会員の方は4000円OFFになる様なので、

この機会に購入してもいいのではないでしょうか?

 

以上です…

Echoで音楽を聴き、防水仕様のKindle Oasisでお風呂で読書!もう極楽気分!!

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー

 

映画「斉木楠雄のΨ難」を観てきました!!(ネタバレなし)

目次(文字数:4300字前後)

久々に映画館で観てきたよ~!!

こんばんは!まるく堂です!

11/5現在公開中の映画、

「斉木楠雄のΨ難」(さいきくすおのさいなん)を観てきました!!

saikikusuo-movie.jp

普段は邦画はあまり映画館では観ない方なのですが、

この作品はアニメを観て面白かったので、実写はどんなモノなのかな?

と、興味が沸き観てきました。   

 

「斉木楠雄のΨ難」とは?

この作品は 麻生周一さん原作で、

2012年から週刊少年ジャンプで連載されている人気ギャグ漫画です。

 

あらすじ

主人公である「斉木楠雄(さいき くすお)」は、テレパシーやサイコキネシスと言った、あらゆる超能力を身につけている高校生。

その気になれば大金持ちや、世界征服さえも可能なくらいの力の持ち主だが、

人の心を読み取れるので恋愛の駆け引きも出来ないし、努力しなくても何でもできるので達成感も何もない。

そんな彼の望みは「平穏な生活」ただ一つ。

できるだけ人を遠ざけたい楠雄だが、なぜか彼の周りにはいつもおかしな友人達がつきまとってきて…

という感じです。

 

実写映画化について

この作品は2016年にアニメ化され好評を博し、

その勢いに乗って、山崎賢人さん主演で実写映画化されました。

2017年11月現在、絶賛公開中です!!。

予告編

基本的な流れはアニメや漫画とだいたい同じですが、

今回の映画では主人公、楠雄が通う学校の「文化祭」が舞台となっており、

漫画内の様々なエピソードを集約させた感じになってます。

 

キャラクターへの感想

アニメを見ていたので、やはりそれぞれのキャラクターの再現度が

かなり気になりましたので、その感想を述べていきたいと思います!!

 

斉木楠雄(さいき くすお)/山﨑賢人

斉木楠雄_さいき くすお_山﨑賢人の画像

主人公であり、あらゆる超能力を身につけた高校生、

それが斉木楠雄です。

映画では山﨑賢人さんが演じています。

かなりキャラクターに近いビジュアルで、見た感じは割と満足です。

 

楠雄は普段は寡黙でかなりクール。

山﨑賢人さんも、そのあたりは落ち着いて演じられていたように思います。

また、ヒロインである照橋心美が妄想する楠雄は、クールとはかけ離れた行動を見せるのですが、そこもまたギャップを感じる位に演じられていて、

面白くてつい笑ってしまいました。

 

ただ一方で…

楠雄に関しては、心の中でのツッコミが大半を占めるのですが、

山﨑賢人さんは滑舌が若干悪いので、

ツッコむ度に少しこちらの気持ちが冷めてしまう…

というのはありました。

 

照橋心美(てるはし ここみ)/橋本環奈

照橋心美_てるはしここみ_橋本環奈の画像

照橋心美は自他共に認める完璧美少女で、

彼女を見る全ての男性は「おっふ!」という謎の言葉を発してしまいます。

しかし、内面はかなり腹黒というギャップが彼女の特徴です。

ただ一人「おっふ」してくれない楠雄に対し興味を持ち始めていきます。

 

照橋心美と言うキャラクターは、
本来は「男女問わずすべての人間に好かれている」という設定ですが、
映画だと男子だけに好かれてる感じになっています。

また、その表と裏の激しさも清々しいくらいで、逆に嫌悪感もないのですが、

映画だと、少しイヤミなキャラクターに見えてるのが少し残念です。

原作を知らないと、本当にイヤな人物に見えてると思います。

 

それでも橋本環奈さんは、今回かなり頑張ってましたね!

特に顔芸!!

あの美少女がこんな顔を…?という、自分をかなぐり捨てた演技で見事に笑いを誘ってます。

 

正直、主役を喰ってますね。

彼女を観るだけでも、この映画の価値はある気がします。

 

燃堂力(ねんどう りき)/新井浩文

燃堂力_ねんどうりき_新井浩文の画像

燃堂力は楠雄の超能力をもってしても何を考えているのかわからないという、謎の人物です。

実際には本当に何も考えて無く本能で動くタイプの様です。

演じるのは新井浩文さん。

 

ただ、新井さんに関してはビジュアルは完璧だったのですが、

燃堂のキャラクターを演じきっていたか?と言われると若干不満が残る演技でした。

ちょっとキャラと違うというか、燃堂になりきっていないというか…

 

燃堂はかなり大柄なキャラクターなのですが、山﨑賢人さんと並んでも、

同じくらいかむしろ小さく見えたりしたり、と体格的な事もありましたし…

 

個人的には鈴木亮平さんあたりに演じてもらった方が良かった気もしました。

彼なら、キャラにマッチしてそうだし、もう少し忠実に燃堂を演じられたのではないかな?

なんて…

 

海藤瞬(かいとう しゅん)/吉沢亮

海藤瞬_かいとうしゅん_吉沢亮の画像

アニメ・原作では「海藤瞬(かいどう しゅん)」と、濁点が入るのですが、

映画では燃堂と差別化を図るためか、「海藤(かいとう)」と読ませています。

個人的には「何で?」って思いましたけど…

 

海藤は、中二病と呼ばれる自分だけの妄想を広げていて、

その言動や行動もその設定に即してるのですが、もちろん他人からは理解されません。

コードネームは「漆黒の翼」。

「ダークリユニオン」という(架空の)集団に追われている(設定の)様で、

常に周りの気配を気にしながら歩いてます。

 

海藤は私もかなり好きなキャラクターです。

演じる吉沢さんは「仮面ライダーフォーゼ」に出演されてた時も、

演技が上手だったので、安心して観ていられました。

彼はホント、カッコイイですね…!

 

ただ海藤は、いざ脅されたり、予想外の局面に出くわすと、

めちゃめちゃ気弱になるという設定があるのですが、

映画中では、ほぼ気の強い一面しか出てないのが少し残念でした。

 

アニメや原作のドッジボールの「女の子投げ」のシーンは

私、名場面だと思ってるのですが、

映画では目立たない程度に使われてるだけだったし…

 

灰呂杵志(はいろ きねし)/笠原秀幸

灰呂杵志_はいろきねし_笠原秀幸の画像

灰呂は超熱血漢のクラス委員長です。

時にはウザすぎるくらいなのですが、みんなからの信頼も厚い様です。

 

演じるのは笠原秀幸さん。

演技は非常に頑張っていたし、灰呂恒例の「お尻出し」も見事に決まってました。

ただ、個人的には灰呂のイメージとちょっと合わない様に思いましたね。

灰呂はもっと爽やか系のハンサムだと思ってたので…

(笠原さんがそうじゃないってワケではないですが…)

 

蝶野雨緑(ちょうの うりょく)/ムロツヨシ

蝶野雨緑_ちょうのうりょく_ムロツヨシの画像

蝶野雨緑は売れないマジシャンです。

アニメでは楠雄の超能力をマジックだと思い込み、

楠雄に弟子入りを志願し「師匠」と呼ぶ様な間柄なのですが、

映画ではそれほど楠雄と関わってない感じですね。

 

演じるムロツヨシさんは私が好きな俳優さんの一人です。

どんなドラマや映画でも必ず彼の個性がでますよね。

なので、今回の映画も蝶野雨緑というよりはムロツヨシという

キャラクターが前面に出てた感じもしました。

それが良いことか悪いことかはおいといて、彼自身、楽しく演じてた様に思います。

 

ただ一つだけ、「アメージーング!」のセリフは、

もっと声高らかに叫んでくれた方が良かったな…と…

 

窪谷須亜蓮(くぼやす あれん)/賀来賢人

窪谷須亜蓮_くぼやす あれん_賀来賢人の画像

窪谷須は楠雄の高校にやってきた転校生です。

見た目は真面目っぽいですが、実は元暴走族です。

転校をきっかけに真面目になろうと心に誓っているのですが、

肩がぶつかる等、ふとした事で「元ヤン」の血が騒ぎ出し、

危うく本性を出しそうになってしまう…というキャラクターです。

楠雄は超能力者なので、それも既にお見通しなのですが…

 

今回、橋本環奈さんに勝るとも劣らない演技を見せていたのが、この賀来賢人さんでしたね。

本性を出しそうになるも押さえ込む感じの演技が、

狂気を感じつつもそこが逆に面白い、という体当たりの演技を見せてました。

本来の窪谷須には無いような行動も目立ちましたが、それはそれで賀来さんの個性ということで成功していたように思います。

 

賀来賢人さんは名女優、賀来千香子の甥にあたる事を最近初めて知りました。

 

斉木國春(さいき くにはる)&斉木久留美(さいき くるみ)/田辺誠一、内田有紀

斉木國春_さいきくにはる_斉木久留美_さいきくるみ_田辺誠一_内田有紀の画像

主人公である楠雄の両親で、

どちらもかなりの天然キャラです。

田辺さんも内田さんも、ほんわかしていて、

かなりキャラクターと雰囲気が近くて良かったです。

 

今回の映画ではあまり出番がなかったのが残念です。

本当は楠雄のお父さんの斉木國春は、かなりのゲス人間なのですが(それでも笑える程度ですが…)、

そうした場面はカットされてるようで、映画だけ観ると良いお父さんって感じでしたね。

 

全体的な感想

「文化祭」がテーマと言う事で、それほど重大な事件が起こるわけでもなく、

割と淡々と話が進んでいく感じです。

原作やアニメで、面白かった部分を集結させていたので、

ギャグとしては笑えるシーンも多くて、個人的には満足でした。

 

漫画原作の映画だと、「コスプレ感」が強く出てしまいますが、

そこはまあ…仕方ないですね。

それを踏まえた上で、それぞれのキャラクターに似せてきたので、

個人的には良かったと思ってます。

 

ただ、キャラクターのセリフや行動等で微妙に原作と違うのが少々気になりました。

例えば灰呂は楠雄の事を常に「斉木君」と君付けして呼んでるのに、映画では呼び捨てにしてたり…だとか、

通常、楠雄は無言で心の中でばかり話しているのですが、普通にしゃべってたり…だとか…

細々とした差異がいろいろなのは映画化あるあるなのですが、それもちょっと気になりました。

全体的には普通に楽しめましたけど。

 

 

映画を観た後に、他の人の評価はどんなモノかな?と思いコチラのサイトを見ましたが…

eiga.com

5点中、平均3.3点とまずまずな感じですね。

 

まとめ:橋本環奈と賀来賢人を見るために映画館行ってもいいと思う…

今回の映画で光っていたのは、橋本環奈さんと賀来賢人さんですね。

どちらも今回は顔芸メインではあるのですが、自分をかなぐり捨てて体当たりの演技を見せてるのが、個人的には妙に感動しました。

美男美女があんな演技をするのは、けっこう勇気がいる事だと思いますし、

二人とも大きく株を上げたと思います。(あくまでも私の中でですが…)

 

ストーリー自体は特にどうでもいいと言えばどうでもいいですが、

その中で散りばめられるギャグに笑えるかどうかで、この映画の評価が決まると思います。

 

個人的には割とオススメできますよ!

75点くらいはあげられます!!!

 

以上です…

 

映画を気に入ったら、Kindleでまとめ読みをどうぞ!!!