まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

Audibleで「コンビニ人間」を聴いてみた…

目次(文字数:2700字前後)

 

「コンビニ人間」は人の心をえぐる衝撃の問題作です!

こんばんは!まるく堂です!

 

最近、Audibleにハマっていて、

ちょっとしたスキマ時間や作業中等に聴いています。

 

今回、聴き終わったのは、2016年に芥川賞を受賞した

村田 沙耶香(むらた さやか)さんの「コンビニ人間」です!

コンビニ人間

コンビニ人間

 

前回、紹介させていただいた「火花」と言い、

なんとなく芥川賞作品を中心に聴いてますけど、たまたまです…

 

この「コンビニ人間」もかなりスゴい作品でしたので、

紹介したいと思います!

 

朗読は大久保佳代子さん!!

今回、朗読を担当したのはお笑いコンビ「オアシズ」の一人で、

ピンでもかなりテレビの露出が多い、大久保佳代子さんです!

f:id:marukudo:20180123170514j:plain

「朗読:大久保佳代子」という言葉を見たときには、

あまりそんなイメージがなかったので、

どんな朗読になるのか想像がつきませんでした。

 

でも、いざ聴いてみると、

全体的には落ち着いていて淡々と語りかける感じです。

ただ、大久保さんの声自体は、少しくぐもる事が若干あって、

声質的に若干聞き取りづらい時もありました…

 

でも慣れてくると、そこまで気にならなくなりましたし、

大久保さんの持つ「毒」のあるイメージと、

「コンビニ人間」との作風がかなりマッチしていて、

最後まで一気に楽しむことができました!

 

あらすじ

36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。

Audibleより引用

 

主人公は18年間同じコンビニでアルバイトを続けている

36歳になる「古倉恵子」。

彼女は幼少時から「普通ではない」人間でした。

 

例えば小学校の時には、

小鳥が死んでいて他の子たちは悲しくて泣いているのに、

恵子だけはその亡きがらを手に取り、

「お母さん、この鳥食べよう。お父さんが焼き鳥好きだから」

と、ギョッとする発言で周りから白い目で見られたり…

 

中学校の時には男子がケンカをしていて「誰か止めて」と言われた際は、

その男子たちを持っていたスコップで殴ると言う異常な手段で、

ケンカを止めたりしていました。

 

恵子としては、自分なりに普通(と思う)行動をしただけなのです。

そして、周りの恵子に対する冷ややかな反応を見て

「これはいけないことなのだ」と、かろうじてわかるのですが、

それがなぜ悪い事なのか、という判断が自分では付かないのです。

 

なので、それ以降、恵子は自分を押し殺し

周りが望んでいるであろう「普通の姿」でふるまい、

「普通の人間」であろうとするのです。

 

コンビニの仕事は恵子にとって、天職とも呼べるものでした。

店員としてのふるまいや、仕事に関してのほとんどが

マニュアル化されているため、その通りにふるまえば「普通の店員(人間)」として、

認められるからです。

 

しかし、結婚して子供を持つ同級生達は

いつまでも独身でアルバイトを続けている恵子に対し、

怪訝に思う様になってきます。

当の恵子はなぜ友人がそう思うのかもわからずに…

 

ある日、コンビニに一人の男性アルバイト「白羽(しらは)さん」が

新人としてやってきて、恵子の運命が大きく変わることになるのです…

 

という感じです。

 

「コンビニ人間」注目ポイント!

文体はかなりストレートな感じ

又吉直樹さんの「火花」では、これでもか!って言うくらいに

かなりオシャレな(?)比喩表現を多用してましたけど、

村田 沙耶香さんの文体は、事実を淡々と語っているような、

割とストレートな感じです。

 

同じ芥川賞作品でも、全く文体が違うんだなあ…

と、当たり前ではあるのですが、そう感じました。

 

ただ、描写はとてもわかりやすく、無駄な言葉が一切無い感じで、

やはり上手だなあ…と感じます。

 

コンビニ描写がもの凄く細かくてスゴい!

作者の村田さん自身が、受賞当時もコンビニでアルバイトをしていたと言う事もあって、

コンビニの仕事内容やら、細かい部分のリアリティある描写がホントにスゴい!!

これは実際に働いてないと描けない表現かも知れません。

 

「恵子」と「白羽」と言う強烈なキャラクターがスゴスギ!!

「コンビニ人間」で特に注目して欲しいのは、

主人公「恵子」と準主役の「白羽さん」というキャラクターに尽きると思います。

 

恵子のキャラ設定も先ほど述べた通り、変わり者ではあるのですが、

後々出てくる「白羽さん」…

この人もかなりブットンだキャラクターです。

 

年齢は35歳くらいで、

「わからないことがあったら何でも聞いて下さい」という恵子に、

「大丈夫です」と返すものの、実際は商品並べもグチャグチャで、

他のバイト店員からも疎まれるようになります。

 

その事で、店長に叱られても陰で「底辺の雇われ店長が!」と、

悪態を付いたりして…

まあ…ハッキリ言えば…

クズです!!クズ過ぎます!

 

彼はある理由でバイトをクビになるのですが、

偶然、恵子と再会し物語は大きく動きます。

 

ただし、恵子も恵子で一筋縄ではいかないキャラクターなので、

二人が起こす「負の化学反応」にぜひ注目していただきたいですね!

 

 

まとめ:ストーリー展開は…心理的にエグいです…

主人公の恵子は「人が望む普通の人間」であろうとし、何とか生きてきたんです。

それまではそのままで良かったのに、年齢を重ねる内に周囲がそのままでいることを許さなくなってしまう…

 

この小説を読んでいると、

普通であると言う事が、実は異常な事なのかも知れない…

と、この世界を疑いたくなってきます。

 

一般常識で考えると、「恵子」も「白羽さん」も、

かなりクレイジーな部類の方々ではあると思うのですが、

本当は、彼らの言ってる事にも真実が潜んでいて、

一概に彼らを否定するのも違う気もしています。

 

ラストシーンでは恵子はある一つの結論を下すのですが、

それがもたらすものは希望なのか絶望なのか…?

ぜひ最後までお読み頂けたらと思います!

 

以上です…

「コンビニ人間」はKindleでもお読みいただけます!!

 

コンビニ人間 (文春e-book)

コンビニ人間 (文春e-book)

 

今月発売予定のPS VITA用ソフト「マンガ・カ・ケール」は個人作家にとって最高の「素材ツール」になり得るのではないか?

目次(文字数:3900字前後)

 

今月発売のソフトに超絶期待してるボク…

こんにちは!まるく堂です!

 

今、密かに注目してるソフトがあるのですが、

それが今月、PS Vitaで発売予定の「マンガ・カ・ケール」です。

www.manga-kakeru.com

「ゲーム」と言うよりは「ツール」と言った方がいいのかも知れませんが、

これは、今まで絵が上手に描けなかった人でも

あらかじめ用意された素材をペタペタ貼っていく事で

誰でも簡単にマンガが描けるようになる!!

と言う、絵の下手な私の様な人にとってはかなり画期的なソフトで、

非常に期待しているタイトルです。

 

実際にどんな感じなのか、動画を見た方が早いと思いますので

ご覧下さい!!

いかがでしょうか?

実はこのソフト、youtubeではかなり以前から紹介されていて、

当初は2014年に発売予定だったそうです。

どんな事情があったのかはわかりませんが、開発が遅れに遅れ

実に4年越しでの発売決定となった様です。

(↑でも今月ってあと10日くらいしかないけど、発売…しますよね?」)

 

「マンガ・カ・ケール」の特徴

このソフトには注目すべき、数多くの特徴があるのですが、

その中から、私、まるく堂が「これは!」と思った部分を、

紹介したいと思います!

 

キャラクターが3Dなので構図が自由!

f:id:marukudo:20180121062853j:plain

「マンガ・カ・ケール」では、あらかじめキャラクターが用意されています。

キャラクターは自分の意志で回転させたり拡大したり、

アングルから構図から自由に配置できるんですね!

PS Vitaなのでタッチによる直感的な操作もできる(ハズ)です!!

 

なので「描く」というよりは「置く」感覚なのです!

マンガを描くのも、かなり敷居が低くなりますね!

 

表情など細かい部分も変更可能!

f:id:marukudo:20180121062912j:plain

マンガに求められるキャラクターの微妙な感情の動きも、

かなり細かい部分まで変更を加えられ、表現できる様です。

 

構図に困った時はテンプレもあるよ!

f:id:marukudo:20180121062932j:plain

マンガが簡単に描けるのはいいけれど、

一コマ一コマをどんなアングルにすればいいのかわからない…

そんな時も、様々なシチュエーションに対応したテンプレート(ひな形)が、

100種類以上用意されているので、迷うことも少なくなりますね!

 

実はカラーもOK!

f:id:marukudo:20180121062947j:plain

マンガと言うと、モノトーンしかできないのかな?と想像してしまいますが、

実はカラーもOKみたいです!

どこまで細かくカラー設定できるのかは不明ですが、

髪の色とか、服装くらいは変更させて欲しいですが、果たして…?

 

豊富な素材!

下の画像は2014年当時のものなのですが…

製品版に特に変更が加えられていなければ、

かなり多くの素材が全て3Dとして用意されているみたいなので、

これまでイラスト素材を探し回ってきた様な個人作家さんには、

かなりありがたいのではないでしょうか?

 

作ったマンガが商用OK!コレ、個人作家さんにはかなり重要!!

↓こちらのFAQ(よくある質問)の中に、嬉しい一言がございます!

www.manga-kakeru.com

作ったマンガで同人誌を出版しても良いですか?

 

問題ありません。
また、出版の際に申告も不要です。
有料・無料問わず、マンガ・カ・ケールで作成したマンガやイラストを、同人誌として発行することは問題ありません。
創作活動にぜひお役立てください。
※販売元である㈱グランゼーラは、マンガ・カ・ケールで作成されたあらゆる作品について、 権利を主張することはありません。
※他社様の商品などが写っている写真、または権利物そのものの画像を取り込んで作成した作品については、その権利物の規定に準拠します。

(上記サイトより引用)

 

そう!

作ったマンガは「商用利用もOK」なんですね!

これはデカい!!

 

もしもこのツールを使って、作品が大ヒットしたとしても、

急にこのメーカーさんから権利を主張される事もないので、

堂々と自分が著作権者であることを公表できるのです!!

(↑ただし、他人様が権利を持つ著作物をマンガに入れてはダメですよ!)

 

電子書籍とかブログ等でも応用できるのでは?

この「マンガ・カ・ケール」で、特に私が注目したいのは、

個人作家さんの製作した電子書籍の

表紙絵とか挿絵等にも使えるのではないか?

という事ですね!!

素材のパターンも豊富そうだし、カラーもOKみたいだし、

個人作家さんの世界観にも、ある程度は対応できるのではないかと…

 

作ったデータはJPEG形式で画像解像度1920x1088ピクセルと言う事なので、

もしも作品がヒットして紙書籍として印刷することになっても、

たぶん普通の単行本サイズくらいなら大丈夫ではないかな?と思います。

 

ただし、不安な点もあるにはある…

と、個人的にはかなり期待できるツールの「マンガ・カ・ケール」ですが、

まだ、判明されていない点もございます。

 

コマのサイズって縦長は無理なのかな?

不安点の一つは…

サイズって1920x1088ピクセル固定なのかな?

と言う事ですね。

 

サイトを見た感じだと、一コマのフレームの形が

横長の長方形オンリーなので、

電子書籍の表紙絵に使うにしても、比率が合わないかも知れない…

という懸念はあるんです。

挿絵に使うなら縮小して、その下に文章を流したりできるので良いのですが、

できれば表紙絵にも使えるくらいサイズに自由度が欲しいですね。

 

オリジナルキャラクターは使えるのか?

いくらキャラクターが用意されているとしても、

自分が考えたオリジナルキャラクターを使いたい!

という熱い思いを持ってる方も多いと思います。

 

そこに対応できるのかどうかも今はわかりません。

Nintendo Switchとか3DSで使われてる「Mii」みたいな、

自由な感じでアバターを作れる様なシステムが搭載してあれば、

ひょっとしたら…という思いはありますが、

答えは、製品版を待つしかないですね…

 

絵のタッチは変えられないのか?

既に3Dキャラクターが用意されているのは、大変ありがたい事ではあるのですが、

逆に言えば、

誰が使っても同じ絵のタッチ

なんだと思います。

そこに若干の味気無さを感じる事があるかも知れません。

 

まあ、絵の下手な私にとっては充分ありがたい事ですし、

「そんなに文句があるなら自分で描けよ!」

とか言われたら何も言えませんけど…

 

もともとはPC用ソフトの影響を受けて製作されたらしい…

「マンガ・カ・ケール」はもともとPC版で発売されている

「コミPro!」というソフトに影響を受けて製作されたらしいです。

www.comipo.com

コチラも商用利用OKみたいですし、

Amazonでもダウンロード版、パッケージ版を取り扱っていました!

コミPo! [ダウンロード]

コミPo! [ダウンロード]

 
コミPo!

コミPo!

 

お値段的には、

ダウンロード版:6,891円

パッケージ版:9,978円

と、決して安くはないですね。

 

価格の点では

「マンガ・カ・ケール」は、税込600円!

と、格段に安く感じますね。

この価格差をどう受け取るか…ですね!

 

コミPro!サイトには無料体験版が用意されているので、

ご興味のある方は試してみても良いと思います!

(↑ただし無料体験版は商用利用はできませんのでご注意を!!)

 

まとめ:発売が楽しみ!600円もお手頃価格!

と言うわけで、「マンガ・カ・ケール」を紹介いたしました!

正直な話、youtubeの紹介動画の再生回数を見ても

あまり注目されてないな…orz

という感じはしてるんです…

 

なんか…

私だけ騒いでるのか?

みたいな…

 

まあ、実際に発売されてみないとなんとも言えませんけど、

個人作家さんにも絶対にメリットのあるツールだと思うんですよね~!

 

個人的にはブログ記事にも使ってみたいです。

これまでは記事のテーマに合った画像を無料素材サイトから探してましたけど、

なかなかイメージに合致する画像を探すのも一苦労なんですよね…

 

なので、素材も豊富な「マンガ・カ・ケール」なら、

より短時間で、より自分のテーマに沿うイラストを作れるハズですし、

読者さんにとっても、かなりわかりやすくなるのではないかな?

と、超期待しています。

 

発売はまだですけど、

売れてくれるといいなあ…

 

でも…

なぜPS Vitaで発売?

という疑問はございます…

いくらPS Vita版を買えばPS4でも無料で出来るとは言え…

 

個人的には、

iPad等のタブレットPCで

出した方が良かったのでは!?

なんて思います…

 

こんなにポテンシャルのあるツールなのですから

無料版として広告バナー入れたりとか、

そちらで発売した方が絶対に需要があったと思います…

 

開発期間が長すぎて、ちょっと時世を読み間違えたのかなあ…?

今だとNintendo Switchの方がまだ可能性がある気もしますし、

移植できるなら、すぐに取りかかって欲しいですけど…

 

でも600円はかなり安いと思いますし、

願わくは「マンガ・カ・ケール」の登場で、

PS Vita奇跡の復活!!

なんて事になってくれたらいいですね!!

 

購入した際にはあらためて報告したいと思います!

 

以上です…

オランダの作家たちが著作権侵害に警鐘を鳴らすショートフィルムを製作!

こんばんは!まるく堂です!

 

こんな記事を見つけました…

オランダの作家たちが著作権侵害を意識させるショートフィルムを製作!

goodereader.com

電子書籍が誕生してからと言うもの、

特に書店に行かなくてもワンクリックで購入できたり、

たくさんの本を一つの端末で所持できたり、と、

非常に便利な世の中になりましたよね!

 

しかし、それと同時に発生している問題が、

違法コピー問題です!!

f:id:marukudo:20180118172621j:plain

 

巷では「デジタル万引き」とも言われていますよね。

 

無断でコピーされたモノは、作者さんには一切お金が入ってきません。

また、少しでも知識があれば簡単にコピーができる様なので、

違法という意識も無く、何気なく海賊版を読んでる人も多数いるようです。

人が一生懸命書いたモノに対し、対価を払わないと言う事がずっと続いていけば、

近い将来、創作文化と言うのモノは廃れてくる恐れもございます。

 

そこで、このままではいけない!と、

オランダの有名作家さん達が立ち上がり、

一つのショートフィルムを製作したのです!!

 

動画は1分弱と、本当に短いのですが、

「違法コピーをする」とはどういうことか?

が、端的に表現されております。

 

それでは実際に動画をご覧頂きましょう!

著作権侵害とはこういう事なんだぜ!という動画…

いかがでしょうか?

 

この動画に出演されている

Arthur Japinさん、Alma Mathijsenさん、Francine Oomenさん、Ernest van der Kwastさんは、

オランダでは大変有名な作家さんなのだそうです。

(私は存じませんでしたが…)

 

勝手に他人のアイスクリームを持って行ったり、

人が読んでた新聞を取り上げたり…

挙げ句の果てには…

f:id:marukudo:20180118170644j:plain

持って行きすぎだろ!!!

ってくらい、食べ物やらワンちゃんやらワインボトルを

黙って人から奪っていく始末…

 

でも確かに、

なかなか目には見えづらい「デジタル万引き」ですが、

実際にやってることは、この動画の様に

人のモノを無断で盗んでいる。

という事と一緒なんですよね。

 

まとめ:この動画はドッキリで撮られたのか、そういう設定だったのか…?

動画に関してですが、

有名作家さんたちにモノを取られた方達は、

何も知らずに取られたのか、それともこの動画用の役者さんだったのか、

非常に気になるところですね。

 

でも、もしもドッキリとして仕掛けていたなら、

作家さん達は、動画撮影のために「著作権侵害」を訴えながら、

「窃盗」をしている事になっちゃいますね…

まあ、全て「了承済み」と考えた方がいいですね。

 

それでも「違法コピー」をわかりやすく説明した、

なかなか面白いショートフィルムだったと思います。

 

以上です… 

Audibleで又吉直樹さんの「火花」を聴いてみた!

こんばんは!まるく堂です!!

 

最近、Audibleの無料体験を始めました!!

www.audible.co.jp

 

f:id:marukudo:20180117201219j:plain

最近、ちょっとしたすき間時間や空いた時間を、

何かに利用できないかな?と思いついたのが、

このAudibleです。


実は、以前も無料体験をやっていて、

特に更新しないままにしていたのですが…

サイトを確認すると、もう一度無料体験ができるようになっていたので、

再度試してみることにしました。

 

それで、今回聴いてみたのが…

芥川賞にも輝いた、

又吉直樹さんの「火花」です!!

www.audible.co.jp

300万部を突破し、第153回芥川賞受賞、同賞受賞作として単行本発行部数歴代1位を獲得した話題作、 又吉直樹氏の『火花』が遂にオーディオブック化! 原作に込められたリアルな息遣いを、俳優・堤真一の名演でお届けします。 売れない芸人徳永は、師として仰ぐべき先輩神谷に出会った。 笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。 笑いとは何か、人間が生きるとは何なのか。 人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ、「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。 俳優・堤真一の朗読で、じっくりとお楽しみください。

この作品が話題になった時、あまり興味がわかなくて、

そのまま読むタイミングを逃していたのですが、

今回、Audibleの対象作品になっていたので聴いてみる事にしました。

 

朗読は俳優「堤真一」さん!!

f:id:marukudo:20180117193307j:plain

今回「火花」を朗読したのは俳優の堤真一さんです!!

最初は、

え…?プロの声優じゃないの?

と思い、少々不安だったのですが、それも杞憂でした。

 

「火花」には登場人物が何人か出てきますが、

もともとの堤さんの声もシブくてとても聴きやすく、

声色も上手に使い分けられていて、

ついつい引き込まれてしまう程に安心して聴けました。

 

時間は4時間25分、

堤さんの素晴らしい朗読もさることながら、

又吉さんの綴る情景描写や言葉選びにモノスゴいセンスを感じました。

決して難しい言葉を選んでるワケではないのに、

この情景をそんな風に表現するの?

と感心しきりでした!さすが芥川賞に選ばれるだけあるなあ…と…

 

内容としては詳細は省きますが…

主人公である徳永と、先輩芸人である神谷を通し、

「お笑い芸人」の喜びや苦悩がひしひしと伝わってきました。

個人的には、

芸人ってこんなに苦しみを抱えてるの?

と、そのリアルに胸が苦しくなるくらいに切なくなっちゃいましたね…

 

希望の見える話ではあるのですが、決して明るい話ではないので、

聞き続けるのが、しんどい部分もありましたね。

 

特に先輩芸人の神谷ですね。

いかにも芸人!って感じの芸人なのですが、

最後…アレでいいの?

と、ちょっと度肝を抜かされました…

 

わ…

笑えないんだけど…

 

それでも、「火花」自体は

一度は読んでみる、または聴いてみる価値があると思います。

 

まとめ:スキマ時間を埋めるならAudibleがオススメです!!

今回はAudlibleの「火花」を紹介いたしました!!

月額は1500円と、少々高めに感じますが、

ハードカバーの書籍1冊分と考えると、納得できる価格だと思います。

 

Audibleはスマホでダウンロードして聴くこともできるので、

例え、電波のない所を運転してても聴くことができます。

そこはかなり便利ですね!

来月からは更新していきたいと思います!

 

今度は2016年に芥川賞を獲得した「コンビニ人間」を聴いてみようかな!

www.audible.co.jp

この作品の朗読は大久保佳代子さんなので、

どんな風に、この作品を語るのか楽しみです!!

 

以上です…

 

「火花」はKindleでも読むことができます!!

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー