まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

パシフィック・リムすげええ!!


スポンサーリンク

Добрый вечер!!まるく堂です!!

(↑もはや何と読むのかも…)

 

新しいKindleのニュースが入ってきましたが…

今は「パシフィック・リム」

感動を伝える方が先です!!!

 

公開日は7月11日なので、ご覧になった方は

多いと思いますが、私はつい先日みたので

まだ感動が醒めやらぬ状態です…

 

ストーリーは突然現れた「怪獣」に

人類が作ったロボットで立ち向かう…

という小学生でも思いつきそうな感じですが、

これをド迫力CGのロボットアクションに

仕立て上げたのが本作です…

 

ロボットは「イェーガー」と呼ばれ、

人間の脳とシンクロすることで

強さを発揮します…以前は一人乗りでしたが

脳にあまりにも負担がかかるために

2人乗りになり、負担を共有する仕様になりました…

 

主人公はチャーリー・ハナム演じる「ローリー」。

彼は兄のヤンシーと共に

イェーガーの「ジプシー・デンジャー」に乗り込み

負け無しと言われるほどの最強コンビでした、

が、ある怪獣との戦いでジプシーは大苦戦

なんとか勝ったものの、機体はボロボロ

兄も殺されてしまい、トラウマを背負い

パイロットを引退してしまいます…

 

数年後、上司の説得によりカムバックしたローリー。

新たなパートナーは菊池凛子演ずる「森マコ」。

彼らはイェーガーに乗り込み怪獣達に立ち向かうのです…

 

って書くとあっという間ですが、

その間にも人間関係のいざこざありーの、

マコのトラウマありーの、

なかなかの人間ドラマも描かれます。

 

イェーガーもまたカッコイイですね!

とくに中国製イェーガーなんか

腕3本あります…

 

また、シンクロでロボットと聞くと

エヴァンゲリオン」を思い出しますが…

旧テレビシリーズを何度も見た私からすると

オマージュとも受け取れるシーンが随所に

散りばめられてた気がします…

 よほどの日本好きですね、この監督さん…

 

主役のチャーリー・ハナム

新しいハリウッドスターですね!

最近若手が進出してきてる気がします…

 

そして我らが「森マコ」

菊池凛子!

彼女は日本よりもアメリカで受けそうな

オリエンタルな顔立ちですが、

どこか幼さも見える雰囲気が良いんですよね…

で今回、この映画で益々好きになりました…

 

いやあ、もう一回見たい!

今回は3Dで見ましたが、

迫力が違いますね…

 

吹き替えだったのですが、

声優さんもプロばかりで

違和感なく楽しめました

ケンドーコバヤシは芸人さんですが、

あの声は声優向きかもしれません…

最後のクレジットで始めて

彼だったと気づきました…

 

もしまだ見てない方がいらっしゃったら

ぜひ一度映画館に足を運んでみて下さい! 

 

↓面白アイテムや珍品グッズ

Kindle本を「超」紹介!!

MARUKUDO SHOP