読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

4月27日、Kindle Oasis発売!


スポンサーリンク

Kindle史上「最薄・最軽量」の新モデル誕生!!

 

Amazonのサイトを見ていたらこんな広告を発見しました!!!

www.amazon.co.jp

ナント!4月27日にKindleの新モデル

「Kindle Oasis」が発売されるとの事です!!

これはビックリですね…

出るなら絶対にVoyage II だと思ってたので…

 

一体どんな形となっているのでしょうか?

それではサンプル画像をご覧下さい!!

f:id:marukudo:20160416060114j:plain

ほほ~!なるほどなるほど…

今回はカバーがセットで付いてくるんですね!!

それではスペックはどんな感じですかね…?

 

スペック 

 

内蔵ライト:LED 10個使用(明るさの均一性が向上)

ページ送り:タッチスクリーン ページめくりボタン付き

容量   :4GB

解像度  :300ppi

バッテリー:最長数か月(バッテリー内蔵カバー装着時)、

接続   :Wi-FiまたはWi-Fi + 無料3G

重量   :Wi-Fi(131g)、Wi-Fi + 無料3G (133g)カバー、107g

サイズ  :143 x 122 x 3.4(8.5)mm

ディスプレイサイズ:6インチ

充電時間 :PCからUSB経由での充電で約3時間

価格   :35,980円 

 

こんな感じですね…

 

最薄・最軽量!

 

今回発売される「Kindle Oasis」はシリーズの中でも

最も薄く、最も軽いモデルです…

f:id:marukudo:20160416061801j:plain

それまではVoyageの7.6mmが最薄でしたから

約半分まで薄くさせたことになります…

ただし、右側の部分はやや膨らんだ形(8.5mm)となっているので

全体としては不均一ですが、これは人間工学に基づいたデザインだそうです…

f:id:marukudo:20160416061811j:plain

確かに少し厚みがあった方が持ちやすいかも知れませんね…!

 

重さもこれまで最軽量のVoyage(180g)を50gも軽くした

131g!!これは軽いです!!

ことごとくVoyage越えしてくるあたりはさすがですね!!

 

充電もできるカバーが付属

 

今回のシリーズでは、カバーにも電池が内蔵されていて

外出先でも端末への充電が可能となっています…

カバー装着状態では数ヶ月間充電いらず!!

これはスゴスギです!!

 

これまでのKindleでも数週間くらいはもってたので

その数倍ほども長持ちするみたいです…

装着もマグネット式なので簡単ですね!

 

ちなみに色は…

f:id:marukudo:20160416061649j:plain

ブラック、メルロー、 ウォルナット(スウェード)

3色から選べます…

 

ページめくりボタンが片側に集中

f:id:marukudo:20160416061731j:plain

ページめくりボタンと言えば

Kindle Voyageが最初でしたが、両サイドに一つずつ付いてたんですよね…

今回のKindle Oasisでは赤枠で示してますように

片側にボタンが二つ集中しています!!

つまり、片手でページ送り、ページ戻しが

操作できる仕様なんですね…!これは便利かも!?

 

そこで一つ疑問…

左利きの人はどうするの??????

って話ですが、ご安心を!!

Oasisには加速センサーも内蔵されてるので

クルっとひっくり返すと表示も自動で

上下反転する様です!!

 

私も寝っ転がって読書することもあるので

この仕様はありがたいです!!

 

よく見るとKindleシリーズには必ずあったハズの

下部の「Kindle」ロゴが無くなってますもんね!!

これは

「You、上下気にせずに好きに使っちゃいなよ!!」

という意思の表れなのでしょう…

 

少々気になる点…

 

と言うわけで簡単ではありますが、

Kindle Oasisを紹介させていただきました!!

これまでのVoyageを超えた、過去最高のスペックであることは

間違いないと思います…

 

ただ…ちょっと気になる点も少々ございました…

 

お値段が高い!

 

そう…素晴らしいスペックを兼ね揃えてはいますけど…

お値段35,980円をどう受け取るか…ですね!!

Voyageが発売された当時の2万円越えでも

相当高いように思ったのですが

今回は更に1.5倍ほどの上乗せなので

 

「電子書籍での読書」というモノに対して何を求めるのか?という

その人の考え方によって価値が決まりそうな商品だということです…

約3万6000円分で紙の本を買った方がイイという方は

もちろん買わないと思いますし…

 

ただ、快適な読書体験であることは間違いないです!絶対!

 

容量を増やして欲しかった!

 

Kindleシリーズでは容量が4GBが定番となっています…

これは主に小説を読む方には充分な容量です…

が!!!

私の様に漫画を中心に読む人にとっては

かなり物足りない容量となってしまいます…

 

なのでもう少し増やして欲しかったというのが

本音ですね…

 

Fireシリーズでは最近16GBバージョンが出てるので

そのくらいにしてもらえたら最高なんですけどね…

もしくはmicroSDカード仕様にして

購入者が自由に拡張できる形にしてもらいたいです…

これはiphoneとかipadにも言えることですけど…

 

カバーが地味…? 

 

高級感はございます!!それは確かです!!

ただ、もう少し色のバリエーションとか増やして欲しかったかな…と…

 

どちらかというと男性が好む落ち着いたデザイン、色ばかりなので

女性が好きそうな、もう少しはじけたものもあっても良かったと思います…

というのもカバーが付属するということは

いやが上にもそれを使っていくしか無いわけです…

 

さらにはカバー自体に充電機能がついてるので

もしも同機能を付けたカバーが他に発売されたとしても

それは必然的にお値段も高くなると思うんですよね…

 

本体の方はスキン等は発売されそうな気もしますが

そもそもそんなコンセプトではないのかも知れません…

 

Voyageの立ち位置は…?

 

個人的に、次が出るとすれば

絶対にVoyageの新モデルだと思ってたので

「Oasis」という別モデルが発売されることに

少々面食らってます…

 

機能的には大幅にモデルチェンジした「Voyage II」と言うことでも

良かった気もするんですけどね…

やはり売上的にあまり良くなかったんですかね…?

 

そして今回OasisがKindleシリーズの最上位モデルとして

君臨することでVoyageの立ち位置が妙に中途半端にも

思えてきます…

上からも下からも責められる中間管理職みたいな…

 

でも機能面でもまだまだ素晴らしいモノがありますし

負けるな!!Voyage!!!

Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

 

私は…

いつまでも忘れないからああああああ!!!

(↑何でサヨナラモードなんだよ…)

 

まとめ…スペック面では最強!!電子書籍復活の切り札となるか!?

 

最近は電子書籍の人気も一段落して、紙書籍が復活しつつある、

といった記事も見ることがあります…

果たして電子書籍とは一時的な色モノだったのか、それとも本物なのか?

 

Kindle Oasisがその答えのカギを握っていると言っても

過言ではありません!!!

 

あ、すいません…

やっぱ過言でした…

う~ん、お値段もお値段ですし、

一つ一つの機能はかなり優れているのですが

画期的かと言われると「う~ん」と悩むところではあります…

 

なので爆発的なヒットはちょっと難しいかなあ?と…

Amazonさんもそこは狙っていないでしょうし…

 

今回の販売対象は「電子書籍に興味のある富裕層」だと思います…

お金持ちのご年輩の方は紙書籍で読んでる方がまだ大半だと思うので

そうした方々に切り込む目的があるのかも知れません…

 

Voyage越えの高価路線、果たして成功するのでしょうか?

 

以上です…

 

本日見つけた無料キャンペーン中のKindle書籍です…(終了してる場合もございます) 

東京防災

東京防災

 

今だからこそ読んでおいた方がいいのかも知れません…