読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

読み放題サービス「Kindle Unlimited」は書籍界の黒船となりえるのか?


スポンサーリンク

目次(文字数:3850文字前後)

ついにアマゾン「Kindle Unlimited」が日本にも?

f:id:marukudo:20160630075756j:plain

海外アマゾンでは既に実施されている電子書籍読み放題サービス、

「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」ですが、

どうやら日本でも8月をめどにサービスを開始するのではないか?

と、ウワサされているようです。

 

海外では月額9ドル99セントなのですが、

その金額で好きな本を好きなだけ読める、というコンセプトは

非常に魅力的で読書好きの方にはたまらないと思います。

 

本好きでこそ無いものの、私もサービスが始まったら一度は試してみたいです!

たぶん無料トライアルもあると思いますし…

 

Amazonは既にプライム会員限定ではありますが

「ビデオ見放題」「音楽聴き放題」のサービスを行っています。

今回、月額こそ別途ですが「書籍読み放題」が加わり、

人間のインドア系娯楽の大部分を「〇〇放題」しちゃった事になりますね…

消費者側としては嬉しい限りです!!

 

ただ、チラホラと疑問が浮かんだ事も事実なので、

自分が感じた事を、少し並べてみたいと思います…

 

消費者としてのメリットは?

日本ではどんな作品が対象になるのか?

やはり一番気になるのはココですよね!!

普通に考えると、最近発売されたばかりの書籍は考えにくいと思います。

ここが読み放題になっちゃうと、出版社の売上が激減しちゃいますし…

 

今現在は日本の出版社と目下調整中といったところだと思います。

個人的には早くても発売後3か月~6か月くらいの間隔は空いちゃうと思いますが、

こればかりはサービスが始まらないとなんとも言えないですね…

 

Amazonさんとしても一冊でも多く対象を増やしたいと思うので、

個人作家さんの書籍もどんどん追加されるかも知れませんね。

 

海外ではどんな作品が対象になっているのか?

では、海外の方ではどんな書籍が対象になっているのでしょうか?

 

海外の「Kindle Unlimited」対象作品は

↓コチラのサイトで見る事ができます。

「Kindle Unlimited」対象作品

 

ちょっと気になった作品を挙げてみると…

バタフライ・ガーデン

f:id:marukudo:20160630061701j:plain

↑テキトーに選んでみましたが、何がスゴいかというと

この本、6月1日に発売されたばかりなんです!!

つい最近ですよ!!

 

ちゃんと紙書籍にもなってるので、確実に出版社の本です。

(追記:よく見たら個人作家さんぽいです…紙書籍も独自で受注販売の形でしてるようです…)

こんなに早く読めるのなら、サービスに加入してもいいかな?

なんて思っちゃいますよね!!

 

日本でもこのくらいのスピードを期待したいところですが…

 

ハリー・ポッターと賢者の石

f:id:marukudo:20160630061943j:plain

え…マジですか!?

「ハリポタ」が読めちゃうのはスゴスギでしょう!!

全てのシリーズが読めちゃうかどうかはわかりませんが、

もしも日本でもそうだったら、迷わず加入しちゃうな…これ…

まあ、全部持ってるんですけどね…

 

ウェイワード・パインズ

f:id:marukudo:20160630070330j:plain 

M・ナイト・シャマラン監督が手掛けた事でも話題の

海外ドラマ「ウェイワード・パインズ」の原作も読めるんですね!!

 

シャマラン監督…

映画「シックス・センス」で大ブレイクしたのも、もう17年も前かあ…

 

実はこのドラマ、

Amazonプライム会員はシーズン1が無料で見れちゃいます。

今現在、私は3話まで見てますけどなかなか面白いです!!

機会がありましたら今度、ブログで紹介しますね!

 

月額はいくらになるのか?

ここもサービスに加入するかどうかの大きなポイントですね!!

海外では月額9ドル99セント(約1000円)なので

日本でも1000円くらいになるのでは?と思います。

 

ただ、今までAmazonはプライム会員でも

海外では1万円近いのに、日本だけは年会費3900円と破格の安さになってることから

もしかしたら、迷わず加入したくなるくらい

思い切ったサプライズ価格になる可能性もありますけど…

どうなんでしょうね?

 

個人作家としてのメリットは?

私はKDPで何冊か出版してるので、個人作家としてのメリットはあるのか?

という面でも考えてしまいます…

例えば、こんな事を考えました…

 

著書が読者の目に触れる機会は多くなるのか?

これは確実かなと思います。

まだ推測の域を出ませんが、サービスが始まったら、

個人作家さんの作品ももちろん対象になると思うんです。

 

読み放題だと気兼ねなくいろんな本を試せるので、検索の度合いもかなり多くなり、

結果的に個人作家さんの作品でも日の目を見る機会が多くなりそうです!!

 

ロイヤリティ(印税)は増加するのか?

これまでも「Kindleオーナーライブラリー」という

プライム会員なら「月イチ無料」で電子書籍がレンタルできるサービスがありまして、

2、3年前は会員の方が私の書籍をレンタルしたら、それだけでロイヤリティが発生してましたが…

kdp.amazon.co.jp

↑コチラから引用しますと…

読者がお客様の本で初めて読んだページ数が、Kindle Unlimited (KU、フランスでは Abonnement Kindle) および Kindle オーナー ライブラリー (KOL) からのロイヤリティの支払い対象になります。読者はお客様の本を何回でも読むことができますが、読者が初めて読んだページ数のみが支払いの対象になります。

という事なので、

今現在は、読むページ数に応じてロイヤリティが発生するようになったみたいです… 

最近、レンタルされる機会がなかったので確認できないのですが

そういう仕様になったんですね…

 

ただ、もしも「Kindle Unlimited」が開始されれば

読者さんが読んでくれる確率は上がると思いますけど。

 

結局流し読み程度でちゃんと読まれない?

ここはちょっと心配な部分ではありますね…

実際に購入された方でも、

買っただけで全く読んでない!!

という方もいらっしゃいますからね…

もちろん買って頂いたことは感謝感謝なのですが…

 

KDPの売上報告画面では読んだページ数までもわかっちゃうんです…

こんな寂しい機能いらないわい!!!と思ったりしますけど、

たまに、

こんなに読んでくれたのか!!

とわかることもあるので、何とも言えないんですけど…

 

「読み放題」では、ちょっとでもつまらない部分があると、

「もういいや!」となって、それ以上読んでくれなくなる恐れもございます。

 

金額を気にしなくても良いということは、

その書籍に対する関心度も希薄なんですよね。

要は実力の問題ではありますが…

 

あの詐欺対策はちゃんとしてるのか?

海外の「Kindle Unlimited」では、こんな事件がありました…

gigazine.net

「Kindle Unlimited」では一人の読者につき、読んだページ分までの

ロイヤリティを受け取ることができる様ですが、

内容の無い、ページ数だけは1万ページ以上もある粗悪本を大量に作り、

ある方法で最後のページまでジャンプすることでロイヤリティを受け取るという

詐欺的行為が横行していたようです…

 

そのせいか、Kindle書籍は1冊3000ページまでの制限がついてしまった様です。

普通の作品ならば充分な量ですが、それでもそんな詐欺のせいで

制限がついてしまうのは何とも悔しい感じがします…

 

個人作家さんの作品でも、

異様な程ページが読まれて、いわれのない「とばっちり」で

アカウント停止なんてことにならないように

ちゃんと対策はして欲しいですよね!!!

 

まとめ:やはりどんな書籍が読めるのか?が大事だよね!!

実は日本では「読み放題」サービスは、

既に多くの業者で開始されています…

 

Yahooブックストアは月額400円からですし…(約25,000冊)

書籍 - マンガ | 無料コミックや試し読みも豊富! - Yahoo!ブックストア|電子書籍サイト

 

auの「ブックパス」は月額562円です(約40,000冊)

ブックパス – auの電子書籍ストア –

 

こう考えると「Kindle Unlimited」はかなり後発の部類なのです。

しかも月額1,000円前後となると、

コンテンツの質や量で

どれだけ他社と差別化が図れるのか?

という部分が大きなポイントとなってきそうです。

 

ただ、これまで「ビデオ見放題」にしても「音楽聴き放題」にしても

他社では太刀打ちできないくらいのレベルでサービスを開始しているので、

「読み放題」でもいきなりの「王手」をかけてくる可能性も高そうです…

 

日本のサービスは戦々恐々としてるのかも…?

 

一方で、個人作家さんにとってもメリットは生まれそうではあるので

そこも期待したいです!

8月が楽しみになりました!!

 

以上です…

 

Amazonプライムの「ビデオ見放題」「音楽聴き放題」をトコトンまで楽しむなら、「Fire」シリーズ一択ですね!!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

 

私も使って1か月になりますが、Paperwhiteをあまり使わなくなってしまいました…

それくらい便利ですね!!

あとは使えるアプリをもっと増やしてくれれば完璧なんですけどね… 

 

↓実際に試してみたので、こちらの記事もどうぞ!!

marukudo.hatenablog.com