読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるく堂の電子書籍やろうぜ!

電子書籍関連や小説のネタになりそうなニュース等、少しでも個人作家さんのお役に立ちたいブログです。

ハリー・ポッター第8作目の舞台に出演する役者さん達…

ハリー・ポッター 映画・ドラマ

スポンサーリンク

待望のハリポタ8作目が動き出す…が…!?

こんな記事を見つけました…

「ハリー・ポッターと呪われた子供」のキャスティングに私が怒り狂ってる理由…

metro.co.uk

 

ハリー・ポッターと言えば額にイナズマ型の傷を持つ少年「ハリー・ポッター」と、

彼の命を狙う邪悪な魔法使い「ヴォルデモート」との

長年にわたる死闘を描いた、一大魔法絵巻です…

 

原作者のJ.K.ローリングさんが約10年の歳月をかけて完成させ、

物語は第7巻で完結を迎えたハズではありましたが…

彼女が19年後の世界を舞台としたシリーズ8作目に

着手していたことが発表されました…

 

その8作目ですが…映画ではなく「劇場」公演となるらしく

そしてつい先日、キャストが発表されました…

それがコチラの方々です…

f:id:marukudo:20151221193832j:plain

pottermoreより

 

左から順に

ハリー・ポッター役 ジャミー・パーカーさん

ハーマイオニー・ウィーズリー役 ノーマ・ドゥメズウェニさん

ロン・ウィーズリー役 ポール・スロンリーさん

です…

 

ハーマイオニーの名前がグレンジャーではなく

ウィーズリーなのは、第7巻でロンと結婚してるからですね…

 

3人とも、これまで数々の舞台をこなして来た

いわばベテラン中のベテランです…

ではあるんですけど…

上記記事の筆者さんは、かなりお怒りのご様子です…

 

一体どういう理由があるのか…?

それはこういうことだそうです…

ロンが赤毛じゃない…

f:id:marukudo:20151222041927j:plain

ハリー・ポッターの一番の親友ロンの家族は

全員が見事なほどの赤毛という設定がございます…

 

しかし舞台版…役者のポールさんは

おせじにも赤毛という感じには見えません…

 

f:id:marukudo:20151222042038j:plain

映画版では、全員赤毛の役者さんが起用されたんですよね…

ここまでのこだわりを見せていたのに

舞台版ではあまり重要視されてないみたいですね…

 

逆に、ハリー役のジャミーさんの方が

まだ赤毛っぽい…かも?

f:id:marukudo:20151222044801j:plain

 

まあ、まだわかりませんけど…

もしかしたら赤毛のウィッグとかかぶるのかなあ…?

 

ハーマイオニーのイメージが違い過ぎる…

f:id:marukudo:20151222043614j:plain

今回、3人の中で特に印象的なのは

ハーマイオニー役 ノーマ・ドゥメズウェニさんですね…

彼女は現在46歳、アフリカのスワジランドという国のご出身です…

 

舞台の他にもテレビドラマにも出演されているそうです…

ハーマイオニーと言えば、映画版ではエマ・ワトソンさんが

演じましたよね!!

f:id:marukudo:20151222043910j:plain

やはり彼女のイメージが強すぎるので

少し違和感があるのは否めません…

 

ただ…実はハーマイオニーの容姿の特徴は

原作ではあまり詳細に語られてはいないんですよね…

なので、ノーマさんのようなアフリカ系の顔立ちだったのかも知れませんし…

 

まとめ…コレはコレでいいのかも知れないって思えてきた…

以前、映画化する際には原作者のJ.K.ローリングさんは

キャスティングに関しては全てイギリス出身の俳優さん達を

起用するようにお願いしたんだそうです…

 

一方の舞台版では、ハーマイオニー役のノーマさんのように

アフリカ出身の方を起用したりと、その方針が変更された感じですね…

 

確かに、イギリス俳優の方々しかハリー・ポッターの登場人物が

演じられないとなると…それはそれで窮屈なのかも知れません…

日本だとあまり感じることはないですが、

海外ではたくさんの人種の方が住んでますからね…

 

原作の終了からも時間が経っていますし、ローリングさんの心境も変わり

もう少しいろんな役者さん達が演じやすくなるように、

門戸を開いたのかも知れません…

 

で、肝心の舞台ですが

2016年の5月の終わり頃に、ロンドンのパレスシアターという所で

4回のプレビュー公演を行った後、6月から一般の方々に向けて

開催されるみたいです…

 

できることなら見に行って見たいなあ…

全編英語だらけでわけわかんなくなりそうだけど…

 

一体どんな話になってるのか…気になります…

タイトル通り、ハリー達よりはその子供達の方に

焦点が当たってるとは思いますが…

DVD出るのなら欲しいなあ…

 

以上です…

 

本日見つけた無料キャンペーン中のKindle書籍です…(終了してる場合もございます) 

「ブレイキング・バッド」「ハウス・オブ・カード 野望の階段」パーフェクトガイド エンタメステーション別冊 (CotoBon)

「ブレイキング・バッド」「ハウス・オブ・カード 野望の階段」パーフェクトガイド エンタメステーション別冊 (CotoBon)

  • 作者: エムオン・エンタテインメント
  • 出版社/メーカー: エムオン・エンタテインメント
  • 発売日: 2014/12/18
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る